麺好い(めんこい)ブログ

ラーメンをはじめとして麺類全般が大好きな普通の会社員が綴る、究極の一杯を探し求めるための食べ歩き記録です。

タグ:お土産

俺の生きる道@柏で富士丸ラブな一杯を待ってる間に、気になったお土産「俺道ラーメン」をゲット。

IMG_0353

お持ち帰りの「俺道ラーメン」は店頭に列びが出来ていても、スタッフに声をかけて列ばずに購入可能。お土産ラーメンは冷凍で1食850円。券売機に1食~4食のボタンがあります。

IMG_0361

店内でラーメンを待ってる間に追加でお土産の食券を購入してスタッフさんに渡しましたが、暑い日でしたのでいったん袋に入れて退店まで再び冷凍庫に入れておいてくれました。少しでも溶けないようにとの心配りが嬉しいです。

IMG_0376

今回購入したのは2食、1食でも大きくずしりと重量級。

IMG_1455

セットの内容はすべて冷凍で、スープ、麺、味付けアブラ、そして作り方。

IMG_1460

作り方のフライヤー。表の画像は出来上がりイメージ。商品内容の記載は麺290g。おすすめトッピングは刻みニンニク、もやし、キャベツ、唐辛子。

IMG_1466

裏は美味しい召し上がり方。スープは熱湯の沸騰で10分湯煎。麺のゆで時間は5分~7分。

IMG_1474

麺計量、結果は318g。冷凍で水分が凍って付いてるのと袋が2g程度としても、麺マシサービスw

IMG_1477

ついでに冷凍スープは655g。

IMG_1484

味付けアブラは68g。

IMG_1480

そして、俺の生きる道の冷凍お土産ラーメン「俺道ラーメン」完成で~す♪

IMG_1487

2食分の麺・スープを3杯に分けて麺・スープ少なめ(2杯x1/3≒0.6杯相当)にしたのが上記画像。味付けアブラ(少なめ)はいったん別皿で用意。

IMG_1498

チャーシューはスープの中に入ってます。下画像は1食分、巨大な肉塊が圧巻。

IMG_1500

トッピングで用意したのはオススメに従いもやし、キャベツ。ニンニク、一味も用意しましたが、撮影忘れ。

IMG_1505

スープは微乳化の豚ダシ醤油味。お店のスープをそのまま冷凍なので当たり前ですがお店そのままの味。パワーとブタエキスみなぎるスープがウマいです!

IMG_1520

自家製麺の麺は極太縮れタイプ。ゆで時間5~7分とのことでしたが、結局11分ゆでてちょうどいい感じに。ワシワシからモチモチになって、麺ウマいです。

IMG_1508

味付けアブラがメチャ旨くて少しづつ浸けて食べてましたが結局上から全部トッピング。カロリーマシマシ、ハイパーカロリアスですが、旨くてやめられません(^q^)

IMG_1521

おいしく完食!「夢を語れ 埼玉」が10月越谷市にオープン予定で、そちらも楽しみ。ごちそうさま!

俺の生きる道 柏店 (293/’20)

フルリニューアル後初となる念願の「とみ田」を店舗で心ゆくまで堪能した後、こちらも楽しみにしていたお土産をゲット。

DSCF0274

店内食は完全予約制ですが、お土産は営業時間中いつでも購入可能。とみ田は通販サイトがありますが、本店で販売するお土産はすべて本店のみで買える本店限定仕様。定番メニューは券売機で食券購入。限定メニューはスタッフまで。

DSCF0275

お土産メニューは、お土産つけめん(生麺)並1000円、大1100円、特1250円、お土産らぁめん(生麺)並1000円、大1150円、贈答用つけめん(冷凍箱3食)3100円、他。この日の限定はTOKYO-Xチャーシュー100g1000円、自宅で角煮トロめし450円。

IMG_0422

定番のお土産つけめん・お土産らぁめんは生麺と冷凍スープにラップで包んだきざみねぎが付きます。上画像はお土産つけめん(生麺)大、下画像はお土産らぁめん(生麺)並。

IMG_0428

つけめん(大)の麺計量、生麺冷蔵袋入りの状態で368g。

IMG_0442

らぁめん(並)の麺量、生麺冷蔵袋入り168g。

IMG_0445

「つけめんTOKYO-X純粋豚骨の作り方」、麺のゆで時間は約13分~15分。

IMG_0438

「らぁめんTOKYO-X純粋豚骨の作り方」、麺のゆで時間は約1分~2分。

IMG_0431

「つけめんTOKYO-X純粋豚骨」

IMG_0452

具はつけ汁の中にチャーシューとメンマ。ねぎは別途用意。

IMG_0457

とろっとろクリーミーなソース状のつけ汁はまんま本店そのもの。「純粋豚骨」ってネーミングがハマりすぎててこの逸品のためにあるワードかと。もっちもっちの太麺を練乳のようなつけ汁、豚骨フォンデュにディップしていただくとこのうえなく至福、最高に美味しい!

IMG_0459

「らぁめんTOKYO-X純粋豚骨」

IMG_0466

具はつけめんと同一。

IMG_0469

らぁめんはつけめんより濃度は低くまろやかで飲みやすく、豚骨スムージーと呼びたい味わい。これは飲み干さずにはいられません、メチャ美味しい!

IMG_0478

麺はストレート極細タイプ。固めが合いそうですが、柔らかめでも実にウマ~でした。

IMG_0471

おいしく完食。このお土産はまた買いたい!ごちそうさま!

中華蕎麦 とみ田 (285/’20)

8月21日に飯田商店、8/22にしあわせ中華食堂にこりを訪店した際に、本店醤油らぁ麺と沼津店担々麺のお土産をゲット。先日本店のチャーシュー付き醤油らぁ麺を頂きましたが、今回は沼津店の担々麺を実食。

IMG_9124

1枚め画像は昨年12月沼津店を訪れた際のもの。当時担々麺はまだ未発売でした。

DSCF9356

担々麺は赤字でロゴが入った化粧箱入り。醤油らぁ麺は金文字の箱入りでした。

DSCF9357

セット内容は麺x3、スープx3、胡麻だれx3、ラー油x3、山椒油x1。

DSCF9374

スープパックは沸騰状態で15分ほど湯煎。胡麻だれ・ラー油、山椒油はぬるま湯で湯煎して解凍。

DSCF9378

麺のゆで時間は冷凍のままなら2~3分、解凍済みの場合1分30秒。担々麺は先に胡麻だれを丼に入れてその後スープ、その後麺。スープに白ねぎ微塵切り15g投入すると美味しさ倍増。

DSCF9368

そして、冷凍お土産「飯田商店 沼津店 担々麺」完成で~す♪

DSCF9381

チンゲン菜とねぎは自前で用意。

DSCF9392

スープは胡麻がガッツリ濃厚な胡麻うま辛味。ベースのスープは醤油らぁ麺のスープと同じで、湯煎後封を開封すると香ばしい風味が部屋いっぱいに広がります。胡麻だれもラー油も自家製とのことで、胡麻の香りとうま味たっぷりなスープに風味豊かなラー油と山椒油が心地よくマッチ。素の味を邪魔したくなくてあえて肉味噌は作らず載せませんでしたが、不足感は全くありません。自宅でいただける担々麺の理想形かと、すごく美味しい!

DSCF9406

麺は飯田商店自家製のストレート太麺。醤油らぁ麺と歯面を変えて、太めの麺を合わせるこだわり。麺がまた旨くて担々スープと合わせて無くなるのが惜しいほど。

DSCF9397

おいしく完食!通販でも買えるけど、またお店に行って買いたいです。ごちそうさま!

8月21日に飯田商店、8/22にしあわせ中華食堂にこりを訪店しましたが、当然店頭販売の冷凍お土産もゲット。

IMG_9492

お土産の価格は本店の具付き醤油らぁ麺3900円、本店チャーシュー300g付きかけ醤油らぁ麺5500円、沼津店のかけ醤油らぁ麺2,550円沼津店のかけ担々麺3150円。各冷凍3食セット。価格は税込み。3900円のフライヤだけ撮影して、他のメニュー表撮影したつもりになって撮影忘れ(/_;)

IMG_9590

というわけで、チャーシュー300g付きかけ醤油らぁ麺と沼津店のかけ担々麺をゲット。お土産ラーメンだけで8650円w

DSCF8693 

今回は醤油らぁ麺を実食。美麗な化粧箱入り。

DSCF8697

店頭販売で購入からのお持ち帰り用に保冷剤も入れてくれてます。

DSCF8700

作り方には手書きのメッセージが添えられていました。

DSCF8703

セット内容は冷凍スープ3食分、冷凍麺3玉、冷凍チャーシュー。

DSCF8713

チャーシューは300gですが、でか!

DSCF8719

計量したら322gありました。スープの湯煎時間は沸騰で15分ですが、このチャーシューを芯まで解凍するにはもう少し長めに湯煎した方がベター。

DSCF8722

豚は霧島高原純粋黒豚。最初切れてるように見えましたが、線は凧糸で縛った跡で実際には切れてなくて、1/3に切るのに一苦労。

DSCF8728

そして、「飯田商店本店のかけ醤油らぁ麺+本店プレミアムチャーシュー」完成で~す♪

DSCF8740

ねぎは自前で用意。

DSCF8748

スープはさらさらの清湯醤油味。感動感涙超絶至高至宝の美味しさで言葉になりません。

DSCF8761

麺はストレート細麺。シルキーでしなやかでなめらかな食感は冷凍してゆでてもいささかも衰えず。

DSCF8771

チャーシューは赤身部分が実に旨いのですが、脂身は湯煎解凍がうまく行かなかったためか固くて食べるのにやや苦戦。1杯あたり100gですが量が多くて食べきるのに持て余し気味。多分スライサーで薄くカットすると銘柄豚本来の旨みが味わえそうです。

DSCF8774

おいしく完食!ってか、記事書いてるそばからまた食べたい!ごちそうさま!

らぁ麺 飯田商店 (253/’20)

2020年8月25日、ず~っと気になっていた246亭でスペシャルな一杯を堪能、やはり期待に違わぬハイレベルな逸品に感動して、思わず冷凍のお土産を追加発注。

IMG_9682

この時の冷凍お土産は「煮干しラーメン」。冷凍スープと冷凍麺のセットで具なしのかけラーメン仕様ですが、なんと1杯500円と良心的な破格のプライス。

IMG_9743 

商品受け渡し時に説明がありますが、麺のゆで時間は1分30秒。作り方の説明用紙等は特にありませんが、麺ゆでの時間さえわかれば、出来ちゃいますもんね。1杯分ずつゆでるのが美味しく作るコツと店主さんからのアドバイス。

IMG_9746

そしてお家で246亭の「煮干しラーメン」完成で~す♪

IMG_9753

具のチャーシュー、小松菜、ねぎは自前で用意。

IMG_9759

スープは軽く濁りのある煮干白湯醤油味。癖のない柔らかく優しい煮干出汁で、酸味やエグミは皆無。実に素直でまろやかな味わい深いニボスープですごく美味しい!

IMG_9771

麺はほぼストレート中細タイプ。ツルシコでチュルチュルっと啜れる、啜り心地が楽しい一麺。こくまろニボスープとの合わせ技で実に満足度の高い一杯に昇華。

IMG_9765

おいしく完食!リアルもお土産も旨くて感服の至り。ロケーション的においそれとは行けませんが、次回が楽しみ!ごちそうさま!

ラーメン 246亭 (258/’20)

西早稲田の渡なべさんでは、冷蔵のお持ち帰りらーめん・つけめんを店舗と通販で販売中。

IMG_1006

巌哲さんで冷凍のお土産を購入後、早じまいで1軒フラれてこちらへ。

IMG_1008

お持ち帰りラーメンのラインナップはらーめん・つけめん 各880円、メンマ180円、ちゃーしゅー300円、替玉(つけめんは大盛)150円。限定らーめんもお持ち帰り可能。通販購入については公式ブログが詳しいです。

IMG_1011

お持ち帰りの場合も券売機で食券購入です。お持ち帰り用のボタンは特に無く、店内食と共通の食券を購入して、お持ち帰りでと伝える方式。賞味期限はお買い上げより3日。

IMG_1014

お持ち帰り冷蔵らーめん。生麺、タレ/チャーシュー・メンマ、スープのセット。

IMG_1693

お持ち帰り冷蔵つけ麺。生麺、チャーシュー・メンマ/一味唐辛子、タレ/スープのセット。

IMG_1701

「渡なべ お土産らーめん つけめん 作り方」。作り方のリーフレットはらーめん・つけめん共通で1枚。麺のゆで時間はらーめん2分、つけめん7分。スープとタレが別々なのははなぶさ以来で極めて珍しく、タレ別はおうちでラーメン屋さんのリアル感がより高まります。

IMG_1688

「渡なべ お土産らーめん」

IMG_1724

具はチャーシュー、メンマ。ほうれん草、海苔、ねぎは別途用意。

IMG_1728

スープはとろっと濃厚な豚骨魚介醤油味。今となっては懐かしいあの味ですが、うっとりするほど香ばしく惚れ惚れするほどうま味沁み渡る味わい。

IMG_1738

オープン当初この味は衝撃的でしたが、今でも心揺さぶられる深みのあるインパクトのある味。すごく美味しい!

IMG_1731

「渡なべ お土産つけめん」

IMG_1710

らーめんの方はスライスチャーシューでしたが、つけめんの方は角切りチャーシュー。極太メンマは破壊力甚大。

IMG_1712

つけ汁の一味唐辛子がぴりりと実にいいアクセント。

IMG_1715

ちょい固めにゆでてみましたが、これが実にいい感じ。むっちむちの麺が旨くて、つけ汁との一体感が素晴らしくめちゃウマです!

IMG_1719

おいしく完食!郵送の場合「六防担担面」の汁なしも対応しているとのことで、そちらも気になります。ごちそうさま!

渡なべ (146/’20)

らぁめん 小池@上北沢の中華蕎麦 にし乃@本郷三丁目、キング製麺@王子の3姉妹店では、それぞれ生麺と冷凍スープセットのお土産を販売中。

IMG_0407

らぁめん 小池では、煮干しラーメン¥800と濃厚ラーメン¥800(それぞれ鶏団子入り冷凍スープ)。中華蕎麦 にし乃では、中華そば¥700(冷凍スープ)、キング製麺の豚骨魚介つけめん¥800(鶏団子入り冷凍スープ)。

続きを読む

鯛と言えばこちらの麺魚錦糸町本店神保町店と本店斜向かいの満鶏軒では、全メニュー出来たてのテイクアウトと自宅で調理する冷凍のお土産を販売中。

IMG_0513

あの絶品真鯛ラーメンが自宅で味わえるとは夢のよう!ってことで、塩生姜らー麺専門店MANNISH@亀戸の後、お土産ラーメンを求めて。

続きを読む