麺好い(めんこい)ブログ

ラーメンをはじめとして麺類全般が大好きな普通の会社員が綴る、究極の一杯を探し求めるための食べ歩き記録です。

2021年03月

2021年3月27日、歌舞伎町の新店「麺堂にしき 新宿歌舞伎町店」へ。

IMG_7895

2021年3月17日オープン。小川町・新御茶ノ水・淡路町の麺堂にしきの2号店。我武者羅@橋本→丸にたちばな@橋本→勇志郎製麺研究所@小田急相模原の後こちらへ。

続きを読む

2021年3月27日、橋本の新店「濃厚煮干しそば 丸にたちばな」へ。

IMG_7856

2021年1月14日オープン。らーめん専門店小川、しょうゆのおがわや、創作らーめん小川流、極上MISO BROWN等を展開する小川グループの新ブランド。ラーチャン専門店 我武者羅の後こちらへ。

続きを読む

2021年3月27日、橋本の新店「ラーチャン専門店 我武者羅」へ。

IMG_7753

2021年3月19日オープン。地元新潟を愛してやまない我武者羅店主蓮沼さんが、新潟のラーチャン文化をフィーチャーしてテーマに掲げたお店。我武者羅グループ初のFC店。

続きを読む

2021年3月2日、圏央道菖蒲PAの「ガンジャラーメン」へ。

IMG_6740

頑者プロデュースによるフードコート店。大型SAを多く手掛ける日の丸サンズ㈱が運営。Ramen FeeLで至福の時を過ごした後、帰路途中休憩で立ち寄ったPAでおやつに一杯w

続きを読む

2021年3月14日、北春日部の新店「ゴル麺。 春日部店」へ。

IMG_7319

2021年2月22日オープン。横浜に本店、ゴルさんが作るゴールデンラーメン「ゴル麺。」が、最近支店展開を加速してオープンラッシュ。その1軒でランチにゴるってみた。

続きを読む

2020年3月20日、田町の新店「らぁ麺 六花」へ。

IMG_7628

2021年3月14日オープン。INGSではありませんがはやし田の流れを汲むお店。らぁ麺凱哉@市川の姉妹店という情報も(未確認)。ラーメンで六花といえば個人的には函館塩ラーの六花@相模原ですが、さてどうでしょう。ニコニコまぜ麺&カレー@秋葉原の後こちらへ。

続きを読む

2021年3月20日、岩本町の新店「ニコニコまぜ麺&カレー」へ。

IMG_7554

2021年1月22日オープン。スリランカ出身の店主さんによるハラール対応のまぜそばとカレーのお店。神田の新店にフラれた後徒歩移動でリカバリ出来るこちらへ。

続きを読む

2021年3月21日、新越谷の新店「東京ラーメンショーセレクション極み麺「麺屋政宗」 越谷店」へ。

IMG_7735

2021年3月9日オープン。東京ラーメンショーで人気を博したショップが期間限定で出店するポップアップストアが『東京ラーメンショーセレクション 極み麺』。池袋楽園タウンではつくば勝龍→久留米本田商店と展開中。池袋に続いて新越谷でも大人気の企画がスタート。

続きを読む

2021年3月16日、渋谷の新店「マイラーメン グラスヌードルショップ」へ。

IMG_7448

2021年3月14日オープン。インスタントのヴィーガンヌードルを販売する会社が麺や七彩坂田店主監修によるリアル店舗をオープン。支那蕎麦 澤田匠104と新宿御苑前の後、白金高輪でフラレてこちらへ。


続きを読む

2021年3月16日大安、本日オープンの新店「支那蕎麦 澤田」へ。

IMG_7365

@反町のツイートによると、「自分が以前勤めていたお店の盟友の後輩が独立」「都内の超有名店で更に修行して(中略)オープン」とか。ってことは前の前の修行先のはくり山でしょうか!?何にしても期待値急上昇w

続きを読む

2021年3月13日、平塚の新店「ごっちメン」へ。

IMG_7148

2021年3月15日オープン予定でしたがまさかのオープン延期!?上大岡の巨匠G麺7啜磨専科ロ麺ズG麺7-01川の先の上に次ぐ6号店。試食会のお誘いをいただき、大磯海そば湘南しんばの後ありがたく参加させて戴きました。

続きを読む

店主と共に徹底的にこだわって名店の味をリアルに再現したチルド麺「銘店伝説」のアイランド食品では、さらにワングレード上の領域を目指した「銘店伝説 極魁 KIWAMI」をネット限定で販売中。

麺・スープはもちろん、具材や添付品、一杯の量にまでこだわってお店の味を忠実に再現。その「極魁」の4個セットが割引価格(税込み2592円→税込み2400円)・送料無料で販売中。ってことで注文してみました。

IMG_6563

「銘店伝説 極魁」のラインナップはぜんや、ホープ軒本舗、中華そば とみ田、博多だるま、新福菜館(2021年2月22日発売)の5種類。「4個セット」は先発の新福菜館以外の4種。通常のパッケージとは異なり、プラケースに生麺、濃縮スープ、具材等が入り作り方のフライヤーと共に透明ビニール袋に入るパッケージ形式。

IMG_6541

「ぜんや」埼玉(通常価格648円(税込))

IMG_6551

ぜんや、麺160gx1、モモチャーシュー15gx1、バラチャーシュー15gx1、メンマ20gx1、濃縮スープx1。

IMG_6545

ぜんや、麺のゆで時間は2分半~3分。スープの湯量330cc。

IMG_6553

創業・昭和13年「中華そば ホープ軒本舗」東京吉祥寺(通常価格648円(税込))

IMG_6566

ホープ軒本舗、生麺200gx1、チャーシュー24gx1、唐華2gx1、濃縮スープx1。

IMG_6571

ホープ軒本舗、麺のゆで時間2分~2分半、スープの湯量450cc。

IMG_6567

「中華そば とみ田」松戸(通常価格648円(税込))

IMG_6559

とみ田、麺250gx1、チャーシュー30gx1、メンマ20gx1、豚骨魚介スープx1、魚介醤油タレx1。

IMG_6548

とみ田、麺のゆで時間11分~12分、つけ汁の湯量60cc。

IMG_6561

「博多だるま」博多(通常価格648円(税込))

IMG_6978

博多だるま、麺90gx2(替玉付き)、チャーシュー25gx1、紅しょうが3gx1、乾燥きくらげ2gx1、濃縮スープx1、タレx1。

IMG_6974

博多だるま、乾燥きくらげは熱湯に3分湯煎、麺のゆで時間45秒~1分、スープの湯量260cc。

IMG_6557 

「ぜんや」「ぜんやラーメン」。具は付属の炙りチャーシュー2種(モモ・バラ)、メンマ。白ねぎ・青ねぎは別途用意(以下同)。

IMG_6575

店で使用しているのと同じ塩(中国福建省の高級自然海塩「福塩」を使用し再現性を追求。本店の豚清湯と昆布出汁の力強いスープが上品に再現されています。味わい深くてとても美味しい。ただ時間が経って温度が低下すると、店のスープとはちょっと違う味わいと感じに。

IMG_6587

麺は中太縮れタイプ。もっちもちの強いコシのある麺で、旨みたっぷりなスープを良く持ち上げてくれます。

IMG_6582

「ホープ軒本舗」「中華そば」

IMG_6590

お店で標準装備の「唐華」が付いてくるのは有りそうでなかった嬉しいパッケージング。

IMG_6591

豚骨と野菜の旨みが凝縮した乳化の進んだスープが実に良く再現されています。濃縮お湯割りスープとは思えない驚愕のハイクオリティ。美味しい!

IMG_6599

麺はストレート中太タイプ。ちょっとゆで過ぎちゃいましたが実にウマいです。

IMG_6593

「中華蕎麦 とみ田」「つけ麺」

IMG_6603

リニューアル前の豚骨魚介つけ麺を再現。ドロッとした濃厚豚骨魚介のつけ汁にストレート極太麺。

IMG_6606

具は材木型の極太メンマに切り株のような分厚いチャーシューが圧巻。

IMG_6607

再現度は極めて高くお店で食べた味と感動が蘇ります。

IMG_6609

「博多だるま」「ラーメン」






IMG_6995

本店の豚骨の奥深い味わいと香りを追求。背脂の量にもこだわり忠実に再現。

IMG_6997

博多で食べた時の豚骨のキレとコク、油のパンチとインパクトはもっとストロングで強烈だった気もしますが、雰囲気は十二分に出てます。

IMG_7001

麺は1分ゆでましたが、ぶっちゃけ30秒でも良いかも。超極細麺の食感、のどごしが実に良くて、こりゃウマい!

IMG_7003

おいしく完食!「銘店伝説」のさらに上を行く「極魁 銘店伝説」はやはり凄まじい破壊力でした。新発売の「新福菜館」もゲットしてみようかな。ごちそうさま!

銘店伝説 極魁 KIWAMI (62/’21)

2021年2月27日、浜田山の「支那そば たんたん亭」へ。

IMG_6383

1977年(昭和52年)創業。ラーメン史を語る上で丸長・永福町・東池袋・人形町各大勝軒・ラーメン二郎等々と並んで欠かせない多数の銘店を輩出した源流の一軒。近くの新店でスープ不出来による臨休で意気消沈の中、癒やしを求めてお初(恥)のこちらへ。

続きを読む

2021年3月2日、日向和田の新店「Ramen FeeL」へ。

IMG_6646

2021年2月28日オープン。飯田商店初の公認独立店。初日・2日目は9時で整理券終了という凄まじい人気っぷり。3日目5:40頃到着で待ち客15ほど。整理券は一人5枚まで。整理券1枚=1名ではなく1枚=1杯というシステム。連食の場合2枚貰います。結局12:20再集合の券をゲット。一旦撤収して時間前に再度お店へ。

続きを読む


麺屋YAMATO@三鷹台の後、高円寺で途中下車して豚骨味噌ラーメン じゃぐらで冷凍のお土産ラーメンを購入。

IMG_4524

じゃぐらのお持ち帰りは冷凍ラーメン5種類、他にテイクアウトのお弁当550円もあり。

IMG_4523

冷凍ラーメンは、ファイヤーじゃぐら900円、濃厚魚介豚骨味噌ラーメン880円、豚骨味噌ラーメン830円、M3(Meat・Milk・Miso)ラーメン950円、背脂生姜味噌ラーメン890円。

IMG_4527

店内食と冷凍のお土産は同一価格。冷凍のお土産も券売機で食券買う方式。購入時50円キャッシュバックセール実施中。

IMG_4531

「豚骨味噌ラーメン」

IMG_5383

具(チャーシュー、コーン)入りスープと麺のセット。

IMG_5386

「背脂生姜味噌ラーメン」

IMG_5389

具(チャーシュー、コーン)入りスープ、麺の、生姜バターのセット。ですが、訪問時たまたま在庫切れでその場でスープを真空パック。そのためかチャーシューは別に用意。

IMG_5394

「ファイヤーじゃぐら」

IMG_5378

具(ニラ)入りスープ、麺、特製ミートのセット。

IMG_5380

「豚骨味噌ラーメン」

IMG_5399

具はチャーシュー、コーン。ねぎ、ニラ、もやしは別途用意。

IMG_5401

スープはドロッと濃厚な豚骨味噌味。長時間炊いた豚骨スープに信州味噌など15種の素材を合わせた味噌ダレ。じゃぐらの看板メニュー。相当な高濃度ですがさらに上があってm濃度No1は「濃厚魚介豚骨味噌」。ズシリと味蕾を刺激するパワフル&ストロングなヘヴィー級味噌ラーメンですごく美味しい!
IMG_5411

麺はストレート中太タイプ。ゆで時間5分のところ6分ゆでてみましたが、丁度いいゆで加減。ツルシコでまさに店の味、ウマい!

IMG_5405

「背脂生姜味噌ラーメン」

IMG_5412

具はチャーシュー、なるとx2、コーン、生姜バター。ねぎ、もやし、ニラは別に用意。

IMG_5421

スープは粒大きめの背脂がたっぷり浮かぶ生姜味噌味。付属の生姜を溶かさなくてもガッツリ生姜。背脂のコクと甘さ、生姜のキレが効いて、これは美味しい!生姜バターを溶かすと生姜感とコクがレッドゾーンに突入。身体が芯からポカポカと暖まってきます。

IMG_5426

麺は冷凍ラーメンで共通。おそらく三河屋製麺製。

IMG_5422

「ファイヤージャグラ」

IMG_5430

具は特製ミート(肉味噌)、ニラ。もやし、ねぎを用意してさらにニラ追加。

IMG_5434

豚骨スープと豚白湯スープを合わせて9種類のスパイスと味噌ダレで仕上げたという一杯。スープを使って具材を追加して鍋仕立てにカスタマイズ、鍋の〆に麺を投入のファイヤーじゃぐら鍋がオススメとか。今回はラーメンで。

IMG_5451

かなり辛くて家族は一口でギブ。自分は程よい辛さで箸とレンゲが加速します。テラウマい!

IMG_5442

おいしく完食!濃厚魚介豚骨味噌ラーメン、M3ラーメンもゲットしようかな。ごちそうさま!

豚骨ラーメンじゃぐら (22/’21)

関連ランキング:ラーメン | 新高円寺駅高円寺駅東高円寺駅