麦づら」都賀、2023年10月17日大安&天赦日のW吉日にオープン。店主さんは「饗くろ㐂」、「まるは」出身。

IMG_8023

2023年11月17日「塩」提供開始。2023年11月18日、「醤油」をいただきました(塩は一口味見)。2024年2月11日、「塩」をいただきました。2024年2月14日、「つけそば」提供開始。2024年2月24日、「つけそば」をいただきました。「醤油」のレポは公開済みですが、「塩」の記事書きかけ中に「つけそば」が始まったため、3度目の訪店を決定。「塩」と「つけ」はまとめてレポすることに🍜🍝

余談?ですが、ちば興銀の「ちばトク」で「麦づら」の掲載ページを見せると、味玉1個サービスして貰えるみたいです。

IMG_9502

2024年2月11日、「人類みな家族 東京本店」→「大勝軒おはこ 本八幡分店」の後、3軒目を決めてませんでしたが、ふと思い立った「麦づら」へ。

IMG_8100

13:40頃到着で先客4、後客4。厨房には店主さんと奥様。BGMはラップ、箸は洗い箸で資源環境に配慮。卓上調味料は無し。

IMG_8035

そして待つことしばし「塩」完成で~す♪

IMG_8037

「醤油」の逆釣鐘型の器とは異なる形状の、ろくろ目を活かした様な渋い器で着丼。

IMG_8068

具は豚と鴨のチャーシュー2種、ドライトマト、カイワレ、角切りねぎ。

IMG_8054

スープはさらさらの無化調清湯塩味。醤油が鴨と大山鶏の出汁なのに対して、塩は豚と乾物、野菜のスープ。饗くろ㐂さながらの塩スープは、動物性メインながら汐と潮のミネラルが感じられる身体にすっと沁み入る味わい。あっさりながら出汁の分厚さと旨みに気づけば圧倒されます。淡麗でありつつグレイスフルでリッチなスープ、そんな広がりのある味ですごく美味しい!

IMG_8088

内麦を使用した自家製麺はストレート中細タイプ。端麗塩スープで麺の良さもひときわ際立ちます。

IMG_8085

2024年2月23日、開店時間の早い「麺屋22 ふぅふぅ」の後に訪店。

IMG_9558

主なメニューは、醤油900円、塩900円、つけそば1000円、味玉+150円、雲呑+250円、特製+400円、大盛150円、豚飯350円、葱鶏飯300円、他。

IMG_9507

11:40頃到着で先客5後客5。奥にはシャッター組と思われるTRY審査員尾瀬くんがいました。

IMG_9509
「つけそば」

IMG_9522

具は麺皿にこんもりと盛り付けられた麺に立てかけるように、鴨ロースチャーシュー、縦切りしてとろっとろに煮たねぎ、メンマ。つけ汁に鶏団子、たっぷりの笹切りねぎ。

IMG_9540

つけ汁は醤油が立った鴨油と地鶏の鶏油が香ばしいさらさらの清湯醤油味。麺は自家製のストレート中細タイプ。麺が流行りの昆布水や出汁に浸いてきて、スープ割りは麺が浸った汁でというのではなく、オーソドックスな麺がドライタイプ。スープ割りはもちろん可能。

IMG_9537

IMG_9527

麺が飛びぬけて旨くてつけ汁も鴨の旨みほとばしる突き抜けた美味しさ!鴨チャーシューや鶏団子もとめどもなく旨くて、並盛だと麺が足りません。満を持しての提供だけに他の追随を許さぬ素晴らしい完成度。3度目の訪店も来て本当に良かったとしみじみ思える一杯ですごく美味しい!

IMG_9548

無くなるのを惜しみながらスープ割りまで完食汁完。近ければリピしたいお店で、既食メニューでもまた来たいです。ごちそうさまでした!

IMG_9552

麦づら (50,63/’24)

関連ランキング:ラーメン | 都賀駅桜木駅

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック