2024年2月20日、大宮の新店「風雲児 大宮店」へ。

IMG_8906

2024年2月19日一粒万倍日にオープン。「風雲児」の新宿本店東京ラーメン横丁店、吉祥寺店に次ぐ4号店。運営は、町田商店などを展開する東証一部上場企業㈱ギフトホールディングスが担当。

IMG_8981

店の場所は、大宮駅東口徒歩約1分。武蔵家 大宮店の隣。鶴亀屋総本店→QUICK STEAKと入れ替わった跡地。

IMG_8920

武蔵家行列時、風雲児の列びとの臨界点は赤いコーン。18:10頃到着で店内満席外待ち7に接続。先に食券買わずに列んで、呼ばれたら食券買って案内された席へ着席する流れ。

IMG_8911
順番が来て呼ばれて店内へ。券売機はタッチパネル式。英語、中国語、韓国語以外のタブが切られてなくてフラットなメニュー構成、見通しが良いです。

IMG_8974

主なメニューは、つけめん並盛950円、らーめん並盛900円、特製+200円、他。麺量はつけめん並盛200g、大盛300g+100円、特盛400g+150円。らーめんが並盛170g、大盛255g+100円。

IMG_8923
店内は厨房前に奥に真っ直ぐなカウンター15席(7・間・8)。後客10名以上、途切れない行列。スタッフは6名。配膳ミスがあっても迅速に対応、商品を回収してそのまま提供し直すことはせず、作り直すあたりはさすが。

IMG_8931

BGMはJ-POP、Pretender、Pale Blue、他。箸は洗い箸で資源環境に配慮。カウンター上にお冷のピッチャーとつけ麺用割りスープのボット。卓上調味料は七味唐辛子、GABANブラックペッパー。

IMG_8935
そして待つことしばし、「つけめん(並盛)」完成で〜す♪

IMG_8939
最初に麺、次につけ汁と望ましい順番で着丼。

IMG_8957
具はつけ汁の中にチャーシュー、メンマ、きざみねぎ、海苔、魚粉。つけ汁はどろっと濃厚な鶏白湯魚介醤油味。国産豚丸鷄、鶏ガラ、昆布、かつお節、うるめいわしなどを8時間炊いた出汁を、6時間かけて濾し1日粛清させた手間のかかったスープ。

IMG_8948
麺は創業以来変わらぬ大成食品製のストレート中太タイプ。艶やかでなめらかでコシのあるツルシコ食感。麺をつけ汁に浸して一気に啜ると最幸に美味しい!支持され続けるのには理由がありますが、大型店を多店舗支店展開してもそのクオリティはいささかも衰えないのは凄いです。

IMG_8956
〆のスープ割りはカウンター上のポットからですが、その割りスープが火傷注意ってくらい驚くほど激熱なのも凄っ!(誉め言葉)いろいろ期待を超えちゃってますが、マジ最後まで徹底してます。

IMG_8972
おいしく完食!同じ道沿いで約500m離れた狼煙大宮店とガチに競合しそうで、選択肢が増えるのはいいですね。ごちそうさまでした!
風雲児 大宮店 (57/'24)

関連ランキング:ラーメン | 大宮駅

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック