2024年1月31日、春日部の新店「ラーメン 一太豚(イタトン)」へ。

IMG_6055

2024年1月28日大安&一粒万倍日にオープン。春日部出身の店主さんが、地元の名店「つけ麺ブラウン」で4年ほど修行、店長まで務められた後独立して始めた二郎系のお店。

IMG_6053

屋号の「イタトン」ですが、「キングオブコント2012」で準優勝した「さらば青春の光」が多用し高得点を獲得、話題となったフレーズ「イタトン」(痛いのイタいのトンでけ~)を思い出すのは私だけ!?ちなみに、「キングオブコント2012」で優勝したコンビは、「バイきんぐ」でした。店名とまったく関係なかったら、すみませんm(__)m

IMG_6133

店の場所は春日部駅東口徒歩約12分。学校どおり沿い。朝日バス東三丁目バス停の目の前。駐車場は道路渡った斜向かいの駅とは反対側の場所に4台分のスペース用意。

IMG_6006

IMG_6014

IMG_5999

夜の部開始のちょっと前到着で一番海苔~w 店頭開店祝花は、中華そば十目一八食堂、こちら春日部市学校通り前カレー屋、武蔵野うどん澤村、他から。

IMG_6002

IMG_6015

IMG_6016

定刻1分前早開けオープン、ありがたいです~!入店するとまず券売機で食券購入です。カウンタ上の花は澤田家から。

IMG_6026

主なメニューは、ラーメン830円、あっさりタンメン800円、まぜそば900円、他。ラーメン・まぜそば中盛・大盛+50円、タンメン中盛・大盛+80円。

IMG_6020

麺量は、小盛150g、中盛250g・大盛300g+同料金、300g~700g+100円。まぜそばは慣れるまで休止とのこと。

IMG_6023

無料トッピングは、ラーメンが野菜、ニンニク、アブラ、たまねぎ、タンメンが野菜、しょうが、たまねぎ、ゆず七味、まぜそばがニンニク、アブラ、たまねぎ、ゆず七味、魚粉、フライ(フライドガーリック・フライドオニオン)。がデフォで入り。マシまで。マシマシは+100円。コールのタイミングは提供直前。

IMG_6061

店内は、厨房を囲むL字型カウンター7席(5・2)、4人卓x1、中待ちベンチ7席。中に既に店主さんの知人らしき先客1名居らして、実は2番着でした。後客5。

IMG_6058

厨房に店主さんと女性の2名体制。箱ティッシュはカウンター上に数個配置。セルフで使える荷物かごの用意あり。

IMG_6063

BGMはJ-POP、晴る、怪獣の花唄、more than words、タイムパラドックス、他♪箸は割り箸。卓上調味料は胡椒、一味唐辛子、ラーメンのタレ、酢。

IMG_6036

そして待つことしばし「ラーメン(小盛)(無料トッピングアブラ・たまねぎ)」完成で~す♪

IMG_6066

双喜紋と蒼龍のクラシカルなラーメン丼で着丼。ちなみに中盛・大盛は一回り大きな器が用意されます。

IMG_6091

具は野菜(もやし、キャベツ少々)、無料トッピのアブラ、たまねぎ。豚が居ないと思ったら野菜の下でした。その豚が超絶柔らかくてトロける旨さ。

IMG_6083

IMG_6129

スープは乳化の進んだ豚骨醤油味。豚ゲンコツ、背脂、頭骨から摂った豚ポタスープ。まったりとしたコクのある豚の旨み炸裂の重厚で濃密な味わい。丹念にしっかりと炊きだした感のある分厚い深みのあるスープでとても美味しい!

IMG_6121

大きなゆで釜で泳がすようにゆでられ平ざるで湯切りされた麺は、平打ちストレート太麺。しっかりとゆで上げられ、ゴワ感はなくもっちりむっちりコシと食べ応えあり。出汁の濃いスープと好タッグ。

IMG_6103

おいしく完食!あっさりタンメンや準備中のまぜそばも気になります。ごちそうさまでした!

ラーメン 一太豚 (34/’24)

関連ランキング:ラーメン | 春日部駅

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック