2023年11月23日、飯田橋の新店「だしと麺 kiti(きち)」へ。

IMG_6797

2023年11月2日オープン。店主さんはラーメン業界で20年以上の経験を持ち、かつてTRYラーメン大賞での入賞経験を持つ実力派とのこと。「焼あご煮干ラーメン きち」、「中華そば 山下」の店主さんでしょうか!?間違えてたらすみません。「MENDOKORO TOMO Premium」の後」こちらへ。

IMG_6813

店の場所は、メトロ飯田橋駅A1出口徒歩約15秒、JR飯田橋駅東口徒歩約2分。吉野家HDグループ㈱シェアレストランのシステムを使用した、「信州ほるもん亭」のランチタイムに間借り営業。

IMG_6818

券売機はなく口頭注文先会計制。主なメニューは、ラーメン950円、味玉ラーメン1050円、チャーシュー麺1200円、全部のせ1250円、他。開店記念でライス1杯無料サービス。

IMG_6807

店内は1Fがカウンター4席、2Fがテーブル席で8席。2F席の場合ラーメンの上げ下げはセルフで。ただしこの日は2Fはクローズ、1Fのみでの営業とのこと。

IMG_6803

11:50頃到着で先客2、後客1。厨房には店主さん、ワンオペ体制。箱テッシュはカウンター下の棚。

IMG_6814

BGMはスピッツ縛り、SJ、美しい鰭、他♪箸は割り箸。卓上調味料はGABANブラックペッパー、フライドオニオン、食べるラー油。

IMG_6852

そして待つことしばし、「ラーメン」完成で~す♪

IMG_6823

シンプルな白い切立丼で着丼。

IMG_6837

具は注文ごとにバーナーで炙った豚バラチャーシュー、きざみ玉ねぎ、海苔。

IMG_6832

あれ!?何故かレンゲでスープの画像撮り忘れ(汗)スープはとろっと濃厚な鶏豚魚介醤油味。鶏豚骨白湯とあご煮干メインにエソ煮干、片口煮干等数種類の煮干をブレンド。カエシは濃い昆布出汁に千葉醤油の3種の醤油。動物煮干のガツンと濃いインパクト。パワフルでズシリと染みるコクまろな味わい。強烈なフックと牽引力がありとても美味しい!

IMG_6835

麺はストレート中太タイプ。低加水でややコシの強い食感。個人的にはかなり固めでもう少しゆで切った方が好みでした。

IMG_6844

おいしく完食!濃いめのスープはライスとの相性も抜群と思われ、お腹に余裕があれば、ラーメン・ライスがぜひおすすめです。ごちそうさまでした!
だしと麺 kiti (383/’23)

関連ランキング:ラーメン | 飯田橋駅後楽園駅水道橋駅

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック