2023年6月6日、幡ヶ谷の新店「澄みとんこつ 美晴(びせい)」へ。

IMG_4319

2023年3月22日オープン。豚骨清湯スープのお店。神保町で早終いに遭遇した後、そう言えばと未訪で遅くまでやってるこちらでリカバリ。

IMG_4325

お店は、笹塚にある「BARマリースコット」が手がけるラーメン業態店。店の場所は幡ヶ谷駅北口徒歩約3分。六号通り商店街内。ねじ式の並びで先。六号通り児童遊園地の前。あぶり家→;h→WEP.CREatiVEと入れ替わった跡地。もうちょっと先行った路地に移転前の「不如帰」があって、六号通りを何度も通いましたっけ。

IMG_4329

入店すると、まず券売機で食券購入です。主なメニューは、澄みとんこつ800円、澄みとんこつ醤油800円、焼きらーめん650円、(小)ねぎ玉チャーシュー丼300円、(小)明太高菜丼300円、他。夜の部の営業時間17:00-5:00(L.O4:30)で、おつまみとドリンクがとっても充実。

IMG_4331

「澄みとんこつ」は麺のゆで加減を特に聞かれませんが、やわめ、ふつう、かため、ばりかた、はりがね、粉落としから指定可能。

IMG_4338

IMG_4334

店内は厨房前に真っ直ぐなカウンター3席、2卓x3、4人卓x2。19:30頃到着で先客なし、後客1。スタッフは厨房とホールに男性各1の2名体制。

IMG_4359

IMG_4347

IMG_4341

IMG_4345

箸は割り箸。卓上調味料・薬味は胡麻、紅生姜、辛子高菜、おろしニンニク。

IMG_4354

そして待つことしばし、「澄みとんこつ(ばりかた)」完成で~す♪

IMG_4362

たまに見かけるちょっと和節の八角丼で着丼。

IMG_4405

具はチャーシュー、きくらげ、小口切り青ねぎ。

IMG_4381

スープはさらさらの清湯塩味。透明度の高いクリアーで澄んだスープは豚骨とは思えない清澄さ。そして、一都三県で豚骨清湯スープのお店は結構ありますが、大概清湯ながら豚骨感がはっきり分かる仕立て。一方こちらは豚骨らしさを抑えて癖のないマイルドであっさりとした構成。多彩な薬味出の味変も効果的でとても美味しい!

IMG_4429

麺は菅野製麺所製のストレート細麺。麺の旨さが際立っていて、豚骨清湯スープのおいしさがさらに引き出されています。

IMG_4414

おいしく完食!「博多豚骨らーめん」ならではの「焼きらーめん」がかなり気になります。ごちそうさまでした!

澄みとんこつ 美晴 (186/’23)

関連ランキング:ラーメン | 幡ケ谷駅初台駅笹塚駅

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック