2023年5月12日、清瀬の新店「煮干しそば 麺屋 春風」へ。
IMG_0778

2023年5月10日大安&一粒万倍日という吉日x2の日にオーブン。店主さんは北千住の名店「麺屋 音」出身。

IMG_0782

店の場所は清瀬駅南口徒歩約4分。南口ふれあいど~りから脇道に入った路地裏。「食呑楽 きまぐれ」の跡地。夜は店頭か暗く開店の花が無いとお店の存在に気づかないかも

IMG_0774

その店頭開店祝花は、麵屋音店主、麵屋音社員一同、三河屋製麵、他から。

IMG_0771

入店するとまず券売機で食券購入です。主なメニューは、淡麗煮干そば(醤油・潮)900円、昆布水つけそば900円、和え玉300円、ラーメン屋のカレーライス350円、チャーシュー丼400円、他。訪店時、昆布水つけそばとラーメン屋のカレーライスは準備中。

IMG_0672

店内は、厨房を囲むL字型カウンター7席(4人卓x1)。19:40頃到着で先客1、後客1。スタッフは厨房に店主さん、ワンオペ体制。まさに春風の様な爽やかな笑顔が印象的。

IMG_0679

券売機横に紙エプロン用意。カウンター下に荷物フック装備。

IMG_0685

BGMは無し。箸は洗い箸で資源環境に配慮。卓上調味料は無し。

IMG_0684

そして待つことしばし、「淡麗煮干しそば(醤油)」完成で〜す♪

IMG_0710

白い光沢のあるサイドのラインがシソリッドな切立丼が、レンゲと共に黒い受皿に乗って着丼。

IMG_0735

具はチャーシュー、幅広短冊メンマ、アーリーレッド、三つ葉、

IMG_0715

スープはさらさらの清湯醤油味。熱々での提供。表面に多めの香味油が浮いていて、人によっては少しオイリーに感じるかも。香味油が蓋をして終盤まで熱々をキープ。煮干しあごの様な特徴的では少しフックのある味わい。それが嫌味ではなく惹きの強いうま味に昇華。ニボニボしいとは違いますが、線と輪郭と陰影のハッキリとしたクリアーでシャープな煮干出汁でとても美味しい!

IMG_0754

麺は祝花より多分三河屋製麺のストレート中細タイプ。しっかりとゆで上げられた柔らかめのゆで加減。それがスープと麺の一体感を醸成。麺固好きが多いですが食べればわかるこの旨さ。一啜りごとに旨いが広がります。

IMG_0737

おいしく完食!潮バージョンやつけそばも気になります。ごちそうさまでした!

煮干しそば 麺屋 春風 (156/’23)

関連ランキング:ラーメン | 清瀬駅

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック