2023年4月12日、大安&一粒万杯日という吉日、本日オープンの新店「Homemade Ramen 麦苗 COREDO室町店」へ。
IMG_5977 大森「Homemade Ramen 麦苗」の「青麦」に次ぐ3号店。

IMG_5988
「Homemade Ramen 麦苗」について。2016年4月23日オープン。完全無化調・自家製麺のお店。ミシェランガイド東京2022で掲載でビブグルマン5年連続選出。2020年10月19日2号店「Homemade Ramen 青麦」オープン。そして今回3号店オープン。IMG_5976[4]店の場所はメトロ三越前駅A6出口・JR新日本橋駅直結コレド室町2 B1F B12エリア。以前「むぎとオリーブ」だった跡地。コレド室町は1・2・3と3つあるので要注意。
IMG_6096初日のこの日は朝7:30から記帳台が出たそうですが、午後には記帳制解除、待ちなしで入店出来たとか。
IMG_5986IMG_5980券売機は無くメニューを見て注文、伝票方式、食後レジにて後会計制。主なメニューは、醤油らあめん・塩らあめん1210円、醤油つけめん・塩つけめん1320円、上トッピング330円、特上トッピング770円、他。つけめん近日公開予定。IMG_5990店内は、厨房前に真っ直ぐなカウンター2席(3席分ありますが1席はコップ置き場になっていて未使用)、壁に向かったカウンター8席、テーブル席が2人卓換算で10卓。
IMG_5998壁面には本店・青麦同様写真家の二瓶宗樹さんの作品を展示。19:00頃到着で先客14、空いてました。後客いっぱい退店時外待ち10以上。IMG_6011スタッフは店主さん含め、厨房・ホールに男女合わせて5名。コレド室町店オープンのため麦苗本店と青麦は休業中。
IMG_6007BGMはコレド室町の館内BGMですが、ほとんど聞こえず。箸は割り箸。卓上調味料は無し。IMG_5997そして待つことしばし、「塩らあめん」完成で〜す♪
IMG_6016注文から23分後の提供で、途中忘れられてるのかと心配に。多くの方が連食するか和え玉注文、都度割込みで先に対応するため、結果回転遅め。白い受け皿にレンゲ付き、深い彫りのある芸術的な器で着丼。IMG_6044具はチャーシュー、鶏チャーシュー、メンマ、紫玉ねぎ、海苔。
IMG_6029スープはさらさらの完全無化調清湯塩味。商業施設内のためかなり設備が限られている中で、最大限手を尽くし麦苗・青麦の芯の部分はそのままに、新たに麦苗室町でしか食べれない味を創造したとのこと。ごくあっさりとした優しく柔らかい出汁ながら、旨みが次々ととめどなくグイグイ湧いてくる感じ。どこにも引っかかりなくすっと入ってくる感覚。飲み干さずにはいられない一杯ですごく美味しい!
IMG_6069麺は自家製麺のストレート中細タイプ。風味良くしなやかでなめらかで艶やかでコシのある食感。麺も完璧で一切隙がありません。
IMG_6056おいしく完食!時間をずらせば本店さながらの極上な一杯がさほど待たずにいただけるので、麦苗室町おすすめてす。ごちそうさまでした!Homemade Ramen 麦苗 COREDO室町店 (117/’23)

関連ランキング:ラーメン | 三越前駅新日本橋駅日本橋駅

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック