2022年11月11日、神保町の新店「中華そば 満鶏軒RED 神保町店」へ。

IMG_5496

2022年11月1日大安&一粒万杯日にオープン。「麺魚 神保町店」からのリニューアル。

IMG_5423

店の場所は神保町駅A3出口徒歩約1分。靖国通り沿い。さいたま屋→角中中華そば店→麺屋たけまる→うなどん丼→おそば屋りっちゃん→牛かすうどんりっちゃん→麺魚と入れ替わった跡地。

IMG_5431

入店するとまず券売機で食券購入です。主なメニューは、鴨中華そば塩950円、鴨中華そば醤油980円、鴨中華つけそば970円、半炒飯セット+500円、半生姜焼き炒飯800円、半チャーシュー炒飯700円、半角煮生姜焼き炒飯850円、生姜焼き350円、ネギチャーシュー丼300円、他。

IMG_5434

「満鶏軒RED」は辛い鴨中華そばを提供するわけでは無く、炒飯を始めご飯類を充実させたメニュー構成が特徴。神保町らしく半ちゃんセットをラインナップ。また、炒飯単品オーダー可能。
IMG_5426

奥に細長い店内は、突き当たりが厨房で手前が客席スペース。席は、壁に向かったカウンター8席、反対側の壁に向かったカウンター3席。

IMG_5446

パーティションは無し。消毒液は外の入口脇に配置。19:30頃到着で先客1、後客無し。スタッフは厨房に男性2。

IMG_5441

BGMは和太鼓の調べ。箸は洗い箸で資源環境に配慮。

IMG_5438

卓上調味料はペッパーミル入り粒黒胡椒。わさび、生姜、柚子胡椒は申告して出してもらう方式。

IMG_5442

そして待つことしばし、「鴨中華そば醤油」完成で〜す♪

IMG_5448

「満鶏軒」ではいつも塩にしていたので今回は初の醤油で。「麺魚」らしい和食器然とした多用丼で着丼。

IMG_5465

わさび、生姜、柚子胡椒も、お願いしてみました。

IMG_5469

具は真空低温調理の鴨肉を燻した鴨チャーシュー、西船橋産小松菜、焼きねぎ、駒切りねぎ、柚子皮。

IMG_5460

スープはさらさらの清湯醤油味。鴨と水だけで摂った鶏水ならぬ鴨水スープ。ちょっと甘めで軽くオイリー、そしてとめどもない鴨感。鴨ラーメンは案外古くからいろいろありますが、「満鶏軒」の「鴨中華そば」は、鴨出汁の出方がどことも似ていないオリジナルテイスト。鴨の癖を旨みに昇華させたダイナミックな構成。
鴨出汁が分厚く鴨まみれ、鴨三昧で鴨リッチ。鴨エキスをとことん抽出した躍動感溢れるスープでとても美味しい!

IMG_5486

麺は平打ちでほんのかすかにウェーブのついた中太タイプ。確かカネジン食品製。つるしこで啜りやすく鴨出汁スープがしっかりと付いて来てくれます。

IMG_5472

おいしく完食!次回は「鴨中華つけそば」で。ごちそうさまでした!

中華そば 満鶏軒RED 神保町店 (376/'22)

関連ランキング:ラーメン | 神保町駅九段下駅竹橋駅

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック