2022年7月11日ラーメンの日、西馬込の新店「麺屋つむぎ」へ。

IMG_4173

2022年7月4日大安&一粒万倍日にオープン。閉店した下丸子の「博多らぁめん 力丸」(旧店名「とんでんかん」)の店主さんが、新たに始めた従来の豚骨ラーとはまったく異なる淡麗清湯ラーメンのお店。

IMG_4214

店の場所は西馬込駅a1出口約1.1km。ピーマン亭の跡地。距離だけなら大したことはありませんが、駅からの行きも帰りも強烈なアップダウンがあって、結構タフなウォーキングになります。

IMG_4216

入店するとまず券売機で食券購入です。主なメニューは中華そば700円、白醤油中華そば700円、ねぎ豚丼物250円、他、

IMG_4179

店内は厨房を囲むL字型カウンター12席(9・3)。パーティションは無し。消毒液は券売機横の給水コーナーに配置。18:10頃到着で先客無し、後客3。

IMG_4213

スタッフは店主さんとサポートの男性の2名体制。麺上げされてた方が多分店主さんですが、ダンスの様な湯切りがめっちゃかっこよく、テボから麺を空中に投げ上げて受け取るパフォーマンスを披露。あの技はなんて名前でしょう。

IMG_4185

BGMはJ-POP。箸は割り箸と洗い箸のW装備。卓上調味料はGABANブラックペッパー、ラー油、酢。

IMG_4180

そして待つことしばし「中華そば」完成で〜す♪

IMG_4188

蒼い細かい縦縞が特徴的な桂林丼で着丼。海苔が手前に向けて斜めなのは、運ぶ途中に倒れたわけではなく、元々その様な盛り付けから。

IMG_4197

具は豚チャーシュー、低温調理の鶏チャーシュー、メンマ、カイワレ、海苔、小口切りねぎ。

IMG_4195

スープはさらさらの清湯醤油味。大山鶏とたっぶりの香味野菜、タレは小豆島の醤油。野菜由来かちょっと甘めの柔らかくて優しく包み込まれる様な味わい。食材のどれかが主張するわけではない一体感のある角の取れたまあるい味。キレッキレのではありませんがしみしみな琴線に触れる味ですごく美味しい!

IMG_4205

麺はストレート中細タイプ。ハリとコシのあるサクサクとした食感。固めのゆで加減があっさりスープにカチッとシンクロ。麺もスープもしみじみ旨いです。

IMG_4199

おいしく完食!「白醤油中華そば」も気になります。ごちそうさまでした!

麺屋つむぎ (241/'22)

関連ランキング:ラーメン | 西馬込駅

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック