2022年4月9日大安、本日オープンの新店「麺屋まるいち」へ。 IMG_6875 自家製麺No11プロデュース1号店。きっと列ぶので少し早めにアプローチ。

IMG_6805
店の場所はTX浅草駅A1出口徒歩約5分、東武浅草駅中央出口徒歩約11分。ひさご通り沿いで、言問通り・千束通り側の端。石臼挽き生蕎麦本陣の跡地。
IMG_6823
1時間10分前到着で先客8に接続。店舗前に詰めれば4人掛けのベンチ。以降建物に沿って言問通り沿いに折れて、建物の終端近くまで伸びたら、ガードレール側に列を作る列び方。IMG_6876店頭にはおびただしい数の開店祝花。麺屋神工、らー麺屋バリバリジョニー、中華蕎麦とみ田、中華ソバ伊吹、ラーメンきずな、他から。IMG_6829定刻にスタッフ全員揃ってご挨拶。店主さんのファイト一発!の掛け声と栄養ドリンク一気飲みでスタート。IMG_6820
ちなみに店舗オープンと同時に店頭設置の冷凍自販機「ど冷えもん」による冷凍ラーメンの販売もスタート。
IMG_6825
初日のラインナップは自家製麺No11のラーメン1000円、ラー麺屋バリバリジョニーのバリシオラーメン1000円、自家製麺No11x麺屋まるいちの汁なし麻婆Ver.2 1100円、そば処本陣・そば処かくやx麺屋まるいちの鶏つけそば830円。IMG_6827
入店前にまず店外店頭券売機で食券購入です。主なメニューは、汁なし麻婆900円、汁なしカレー900円、つけ麺900円、ミニ麻婆丼350円、ミニカレー丼350円、他。IMG_6813
汁なし・つけ麺は券売機で麺を①極太平打ちウェーブ麺②全粒粉配合ストレート麺から選択。①は汁なしにオススメ。②はつけ麺にオススメ。IMG_6832麺量はゆで前200g。汁なしは追い飯付き。初日はミニ丼・丼もの単品は休止。カレーつけ麺は近日公開予定。IMG_6842無料トッピングは、にんにく、あぶら(味付け背脂)、マヨ(汁なしのみ)。あぶらは別皿可能。コールのタイミングは食券回収時。麺少なめ対応可能ですが、味のバランス具崩れるため、残しても良いのでそのままがお勧めとのこと。IMG_6838店内は奥が厨房で手前が客席スペース。席は対面カウンター9席(4・5)、2人卓x1。自分が在店時テーブル席は不使用。パーティションは無し。消毒液は入口入ってすぐのカウンター上に配置。IMG_6835開店時30名近い列び。スタッフは店主さん含め厨房・ホールに男女合わせて5名。「営業中」ではなく「笑顔中」が営業中の合言葉。
IMG_6849
BGMは懐かしのJ-POPとポップスのミックス。J-POPは、あゆのSEASONS、ELTのTime goes byなど♪箸は割り箸。卓上調味料は、カエシ、一味唐辛子、黒胡椒、リンゴ酢。IMG_6845そして待つことしばし、「汁なし麻婆(にんにく少なめ、あぶら別皿、マヨ)」完成で~す♪IMG_6850店名ロゴ入りのサイドが黄色い反り高台丼で着丼。IMG_6859具はたっぷりのほぐしチャーシュー、麻婆豆腐、卵黄、なると、鷹の爪、きざみ青白ねぎ、あぶら、無料トッピのニンニク・マヨネーズ。麻婆豆腐はひき肉と細かいダイス状の豆腐で構成。IMG_6857あぶらは別皿でお願いしましたが、たっぷりのデフォ分がトッピングされてきて、マシ分がステンレス製の容器で提供。ちょいアブラ摂取過多(^_^;)IMG_6861①極太平打ちウェーブ麺を選んだ麺はまんま大迫力の剛麺。麻婆餡と具が絡んでリフトも重たい重量級。麻婆の痺れ・辛さは穏やかで麻婆豆腐の旨さを前面に出したチューニング。辛いのが苦手でも大丈夫なレベル。蝋燭屋などの専門店の麻婆麺や汁なし麻婆麺とは異なり、二郎系・富士丸系の汁なしがベースにあって、トッピングに麻婆豆腐が載った感覚。G系好きにも麻婆党にも刺さるハイパーポテンシャルな一杯ですごく美味しい!IMG_6868麺を食べ終えるとたっぷりの麻婆餡が残るので、追い飯無料は嬉しいサービス。追い飯はまん丸の可愛くてお腹にも優しいプチライス。〆の麻婆ライスはもちろん最強最高に美味!IMG_6871おいしく完食!この後持ち歩きが長時間になりそうだったので冷凍お土産は断念。次回カレーまぜそばかお土産買いか、両方かで来ようっと。ごちそうさまでした!麺屋まるいち (129/’22)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック