2022年1月2日、新宿の新店「麺屋 翔 みそ処」へ。

IMG_8237

2022年1月1日元旦オープン。「麺屋 翔」の「西新宿本店」、「みなと」に次ぐ3号店。本店の水曜日「味噌の日」限定で提供していた味噌らーめんを主軸に据えたニューブランドがスピンオフして路面店に。2022年1杯目はこちらで。

IMG_8209

麺屋 翔」について。2005年11月1日、「池袋ひかり町ラーメン名作座」に「麺屋翔」オープン(2006年2月28日閉店)。2007年4月10日西新宿に移転復活オープン。2011年2月27日放映、テレビ東京「愛の貧乏脱出大作戦」に出演。2016年4月18日「品川店」オープン(2020年3月26日閉店)。

IMG_8217

2018年10月2日「みなと」オープン。2020年4月20日「御徒町店」オープン(2021年10月31日閉店)。そして今回「みそ処」オープン。「翔」が新宿に3店となりましたが、「本店」=鶏、「みなと」=鯛、「みそ処」=味噌とすべて異なる味で勝負。

IMG_8198

の場所はJR新宿駅西口徒歩約9分。駅からの最短ルートは小滝橋通りから「なんでんかんでん」に向かって右の路地を進み、「麺通団」を左に見ながら直進。突き当りを左折して60m程進んだ左。自転車店→ビストロ「GRILL KONYA」と入れ替わった跡地。

IMG_8214

ちょっと早めの到着で一番海苔〜w 寒くてコンビニに買い物して戻ったらシャッター待ち1、後に接続。 店頭開店祝花・胡蝶蘭は、らぁ麺いしばし、麺処夏海、デビィ婦人、こうじグループ、菅野製麺所、他から。

IMG_8216

定刻6分前に早開け、寒いので助かります!入店すると、まず券売機で食券購入です。

IMG_8219

主なメニューは、みそらーめん1000円、みそつけ麺1000円、みそ担々麺1100円、担々肉丼400円、生姜チャーシュー丼350円、他。券売機は「御徒町店」から移設してきた機体の様です。

IMG_8340

店内は厨房を囲むL字型カウンター13席(7・6)。アクリル板は基本2席ごとに設置(角は1席区切り)。2席に一組(1人or2人)の割合でゆったり案内。消毒液は券売機横と各席に配置。

IMG_8221

後客いっぱい、退店時には外待ち15ほど。厨房には大橋さんかな、他にサポートの男性、接客の女性の3名体制。

IMG_8234

店主さんから先着300名限定という「お年賀」をいただきました。ありがとうございます!大切に使います!

IMG_8339

Free Wi-Fi完備、接続未確認ですが。

IMG_8224

LINE友達申請で、その場で使える味玉or中盛(半替え玉)無料クーポン発行中。申請しようかと思いましたが、オタオタしてる間に出来上がり^^;

IMG_8230

BGMはポップス。箸は割り箸。卓上調味料は無し。

IMG_8232

そして待つことしばし、「みそらーめん」完成で~す♪

IMG_8248

白いシンプルな逆釣鐘型の高台丼で着丼。

IMG_8257

具はチャーシュー、枕木型のメンマ、炒めもやし・玉ねぎ、ひき肉、小口切りねぎ、おろし生姜。

IMG_8253

スープは軽くとろみを感じる動物性の味噌味。表面を分厚く油が覆っていてラストまで熱々をキープ。そして上層の方を飲むとややオイリー。底から掬うようにしてスープをいただくと、味噌の芳香・風味・香りが驚くほど強烈・鮮烈。フレーバの強い味噌にフルボディでコクのある動物性のスープが激しくマッチ。純すみ系とはまったく異なりますが、初めてすみれを食べたときの衝撃に似た感動を覚えました。破壊的なパワーとインパクトですごく美味しい!

IMG_8267

麺は中太縮れタイプ。西山製麺製とのこと。濃厚味噌らーめんにはこの麺でしょうって感じの、加水高めなもっちもちぷりっぷりなコシつき麺。ウマいっす!1点重箱角を言えば、麺上げした麺を丼に入れて上からスープ投入。そこで整麺してない(たまたま?)ので、ダマではないですがまず麺をほぐす作業から始める必要があるのがちょっと食べにくい。ゆで加減はばっちりなので、ほとんど問題ではありませんが。

IMG_8260

それから、途中味変で一味が欲しくなりました。My一味は持ち込みになるのでNGですよね。辛い系は「味噌担々麺」があるのでそちらででしょうか。

おいしく完食!「みそ担々麺」・「みそつけ麺」、どちらも気になります。ごちそうさま!

麺屋 翔 みそ処 (1/’22)

関連ランキング:ラーメン | 西新宿駅新宿西口駅西武新宿駅

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック