2021年12月23日、世田谷の新店「らーめん 辰屋」へ。

IMG_7645

2021年12月17日プレオープン。12月19日グランドオープン。かつて松陰神社前にあった伝説のG系「らーめん 辰屋」(2002年7月3日〜2015年5月24日)が待望の復活 !鰹節と玉ねぎ入りの一杯が懐かしくて行ってみた!

の場所は世田谷駅 徒歩約2分。世田谷通り沿い。世田谷駅前交差点近く。世田谷駅前バス停からすぐ。仏壇「大光堂」の跡地。

IMG_7599

個人的には「たつや」=「上杉達也」で、道すがら「タッチ」のテーマソングが脳内リフレイン♪

IMG_7605

19:10頃到着で、ちょうど店内満席中待ちの先頭に。ほどなく席が空いてまず注文受付、先会計制。

IMG_7603

主なメニューは辰醤油らーめん990円、小880円、大1100円、他。暫くの間は辰醤油らーめんのみ販売。整い次第順次ノーマルらーめん、DS、つけ麺、新作、幻の・・・を追加とのこと。「DS」は「デラックス塩らーめん」かな!?無料トッピングやコールは無く、ニンニン、玉ねぎを抜く場合は注文時に申告します。

IMG_7601

奥に細長い店内は、向かって奥左端の一角が厨房。席は、厨房前の2席から手前に向かって逆L字型カウンター12席(10・2)。

IMG_7617

後客8で退店時半分ほどの入り。スタッフは調理を一人でこなす大将と、接客の女性2の3名体制。

IMG_7616

BGMはラジオ。店内BGMではなく厨房で聴く用で席ではほとんど聞こえず。箸は割り箸。卓上調味料は酢、一味唐辛子、S&Bコショー。箱テッシュはカウンター下。

IMG_7610

そして待つことしばし(着席から17分後)「辰醤油らーめん(小)」完成で〜す♪

IMG_7618

八卦文様がぐるりと縁取る昔ながらのラーメン 丼で着丼。満席時は大体半数弱が食べてて残りが待ってる状況。席数が多い割には調理スピードは普通で、結果座ってからの待ちが長めな印象。ただ寒い時期だけに、店内の席で座って待てるだけで十分助かります。

IMG_7633

具は豚、味玉半個、もやし、キャベツ、玉ねぎ、鰹節、ニンニク。もやし対比でキャベツ率が高く、野菜補給もバッチリ!

IMG_7630

スープは非乳化の豚出汁醤油味。油も控えめであっさりとしたフィール。さらに鰹節効果で、二郎系らしからぬ和風寄りにシフト。ミッシリと食べ応えのある豚でG系にテイクバックされて、ニンニクでパンチを注入。これが10年以上前から提供されてたってのが驚き。今でも色褪せず精彩を放つオリジナリティとパワーがあってすごく美味しい!

IMG_7643

麺は三河屋製麺製のストレート太麺。ごっつい剛麺ですがしっかりゆで上げられていて、しなやかで啜ることも可能。鰹節をまぶして一味を振っていただくと愉悦です。

IMG_7636

おいしく完食!噂でしか聞いたことがない「DS」が気になります。ごちそうさま!

らーめん辰屋 (411/'21)

関連ランキング:ラーメン | 世田谷駅上町駅松陰神社前駅

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック