2021年12月22日、大山の新店「支那ソバ おさだ」へ。

IMG_7553

2021年12月20日オープン。店主さんは目黒の名店「支那ソバ かづ屋」出身。かづ屋さんのブログで、開業までの様子が詳細に紹介されてました。麺や 谷口@ひばりヶ丘→らぁ麺 うの屋@江古田の後こちらへ。

IMG_7557

店の場所は大山駅北口徒歩約2分。「蕎麦居酒屋 そば蔵」の跡地。カラーコーンが置いてあるのはビル外壁工事中のため。北口からだと線路渡らなくちゃないですが、南口からはぐるっと大回りで遠回りなため、北口からが推奨。

IMG_7592

店頭開店祝花は、支那ソバかづ屋から、支那ソバこむろ、麺家はやしまる、江原町しなてつと、かづ屋本家とかづ屋出身店ファミリーからの開店祝花。

IMG_7555

入店するとまず券売機で食券購入です。主なメニューはワンタンメン950円、担々メン950円、支那そば800円、つけソバ850円、 ルーロー飯300円、他。訪問時つけソバは準備中。

IMG_7559

店内は厨房前に真っ直ぐなカウンター5席。4人卓x2。カウンターは1席ごとにアクリル板の仕切りあり。消毒液は券売機横に自動噴霧器配備。

IMG_7558

13:10頃到着で先客6,、後客12で一時中待ち、外待ち発生。スタッフはメッチャ愛想と動きの良いホールのおじさんと、スタッフさんが優秀なので調理に集中出来る店主さんの2オペ体制。

IMG_7564

店内にもかづ屋出身自家製麺くろ松@高崎からの花。厨房の隣奥の部屋は製麺室。BGMはJ-POP。箸は割り箸。卓上調味料・薬味は揚げネギ、GABANブラック&ホワイトペッパー、酢、ラー油。

IMG_7563

そして待つことしばし、「ワンタンメン」完成で~す♪

IMG_7571

オーソドックスな白い反高台丼で着丼。

IMG_7578

具はチャーシュー、メンマ、ワンタン、海苔、きざみねぎ。

IMG_7575

すーぷはさらさらの清湯醤油味。おお!まさにかづ屋のDNAを感じる、あっさりながら旨み溢れるず~っと飲んでいたくなる味わい。目をつぶると目黒の本店にワープしたかの様な、師匠と寸分違わぬクオリティですごく美味しい!

IMG_7585

麺は自家製麺のストレート中太タイプ。もちろん麺もワンタンもひらざるでの巧みな麺上げ・ワンタン上げ。ツルッとした滑らかさとシコシコとコシ。麺もウマい。

IMG_7582

ワンタンは肉餡がたっぷり入ったビッグサイズのものが5個入り。皮も餡もちょっぴり固めですが、食べごたえがあって味もバッチリ。かづ屋系・たんたん系はワンタンが旨くて外せなくて、食べるとやっぱり注文してよかった!満足ってハッピーになります!

IMG_7588

おいしく完食!メニューの中では系列でも「つけそば」が未食で、どんな感じか気になります。ごちそうさま!

支那ソバ おさだ (410/’21)

関連ランキング:ラーメン | 大山駅板橋区役所前駅

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック