2021年12月16日、相模大野の新店「東京ぶたくらぶ」へ。

IMG_7033

2021年12月1日オープン。「えびくらぶ」からのリニューアル。53'sNoodle@湘南台→麺や 植原@桜が丘の後こちらへ。

IMG_7027

「えびくらぶ」は2019年3月1日オープン。大量の甘えびの頭と鶏魚介出汁による濃厚えびつけ麺のお店。えびつけ麺は店舗から無くなりましたが、通販サイトはまだあります。

IMG_7028

店の場所は相模大野駅北口徒歩約4分。駅からペデストリアンデッキで直結のボーノ相模大野のサウスモール1F。小田急線の線路沿いの道路に面した、普通の路面店といった形態。

IMG_7029

「えびくらぶ」の前は、創作麺料理たけろくすけ→鶏出汁中華そばや→鈴木ラーメン店 製麺・タレ工房と入れ替わった跡地。

IMG_7040

入店するとまず目の前にある消毒液で手指消毒から。

IMG_7044

注文は向かって左奥の券売機で食券購入です。

IMG_7050

主なメニューは豚小ラーメン(豚2枚麺150g)800円、醤油小ラーメン(豚2枚麺150g)800円、他。豚ラーメンは豚白湯スープの二郎系。醤油ラーメンは豚清湯スープの端麗系。

IMG_7046

豚ラーメン・醤油ラーメンそれぞれに、小(麺150g)豚2枚800円、小豚5枚1100円、麺220g豚2枚850円、麺220g豚5枚1150円のバリエーション有り。

IMG_7073

所見を購入したらペンでニンニク・野菜・アブラの量を書いて注文口に食券提出。席番号を指定されて席で待ってると、出来上がったら持って来て貰える仕組み。

IMG_7047

店内は注文口の奥が厨房で手前が客席スペース。席は厨房を遠巻きに囲むL字型カウンター9席(6・3)。ですが、実際に席番号が振られているのは5・2で、席数を減らしての営業。席間を取っているためかパーティションは無し。

IMG_7069

13:10過ぎで先客1後客1。スタッフは2名。BGMはJ-POP、髭男「Cry Baby」とか♪ 箸は割り箸。卓上調味料は一味唐辛子、カラメのタレ、酢、胡椒。

IMG_7049

そして待つことしばし、「豚ラーメン小・豚2枚(ニンニク・野菜・アブラすべて普通)」完成で~す♪

IMG_7055

白い背の高い鳴門丼で着丼。

IMG_7062

具は、デカいバラチャーシューのブタ2枚、もやし9:キャベツ1程の野菜、ニンニク。

IMG_7059

およよ、スープ撮り忘れ( ノД`) 気を取り直して、スープはどろっと乳化の進んだ濃厚タイプ。こってりで濃密な味わい。それは好みで歓迎ですが、デフォでかなりショッパ目。後半はかなりしょっぱくて結構苦戦。味薄めのオプション希望。

IMG_7065

麺は極太で緩やかにウェーブのついたタイプ。固め過ぎず適度なコシでたっぷりのブタや野菜と喰らうとこれが実に旨いです!

おいしく完食!豚清湯で端麗スープという「醤油ラーメン」も気になります。ごちそうさま!

東京ぶたくらぶ (401/’21)

関連ランキング:ラーメン | 相模大野駅

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック