2021年9月29日、用賀の新店「中華そば 瀧壺」へ。

IMG_1709

2021年9月22日大安にオープン。自家製麺で淡麗清湯スープのお店。旨そうなオーラを感じて。

IMG_1772

こちらの経営母体は野方ホープを展開する㈱創龍。ちなみに同じ用賀にあるつけ麺 中華そば 節(旧柳屋)も系列店。

IMG_1769

店の場所は東急田園都市線用賀駅東口徒歩約2分。和菓子 桜の杜伊勢屋→手打ちそば 双樹の跡地。

IMG_1717

入店するとまずタッチパネル式券売機で食券購入です。主なメニューは、鰹塩ラーメン中、鴨南醤油ラーメン中 各850円、他。

IMG_1719

最初に塩・醤油を選択→麺量を選択→トッピングを選択という画面フロー。

IMG_1720

店内は厨房を囲むL字型カウンター7席(3・4)。

IMG_1727

1席ごとにアクリル板の仕切りあり。消毒液は券売機横に配置。17:40頃到着で先客3、後客3。スタッフは男性2。

IMG_1718

売切次第終了ととなっていますが、この日は18:30LO予定だそうです。電話番号は公開されていますので、夜行かれる方は閉店時間は要確認。

IMG_1724

BGMはラジオ日本、巨人vs中日ナイター中継。超久々にダイヤル式のラジオを見ました。

IMG_1734

箸は割り箸。卓上調味料は胡椒、一味唐辛子。酢、おろしニンニク!柚子胡椒はスタッフに申告して出して貰う方式。

IMG_1733

そして待つことしばし「鰹塩ラーメン(中)」完成で〜す♪

IMG_1741

白いシンプルな切立丼が、割り箸、ウエットティッシュ、レンゲ置き&レンゲと共に銀のトレーに乗って着丼。

IMG_1751

具は煮豚と低温調理のチャーシュー2種、メンマ、小口切りねぎ。煮豚は提供注文が入ってから提供直前まで網焼き。ちなみに鴨南醤油ラーメンの方は、丸太状に切ったねぎを網焼き。

IMG_1748

スープはさらさらの清湯塩味。熱々での提供。鯛の頭、鯖節、宗田鰹節、本鰹節、真昆布で摂った出汁に鶏を合わせたというスープ。動物性は下支えで、節系強めな魚介の香りに満ち溢れた、和風で潮騒を感じる味わい。ポスターでは「全てが自慢、めちゃくちゃ美味しく出来ました」とありますが、あながち誇張とも言えない完成度。食材が鮮やかに見える鮮烈な味わいですごく美味しい!

IMG_1764

自家製麺という麺はストレート中細タイプ。風味の良さとなめらかな麺肌とコシの強い食感がいい感じにバランス。麺も上質でいいですね。

IMG_1756

おいしく完食!「鴨南醤油」も気になります。ごちそうさま!

中華そば 瀧壺 (316/'21)

関連ランキング:ラーメン | 用賀駅

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック