2021年9月1日、新宿の新店「麺や 麦ゑ紋(むぎえもん)」へ。

IMG_9686

2021年8月31日オープン。はやし田(新宿池袋・横浜・武蔵小杉・赤羽・多摩センター・国立・町田・松戸)、鳳仙花(新宿・綱島・横浜)、くろ渦、ふじ松(戸塚)、時は麺なり鈴蘭花山、888等を展開するINGSのニューブランド。

IMG_9650

系列店で恒例のオープンから3日間ワンコインセールを今回も8/31~9/2の期間で実施。

IMG_9617

の場所はJR新宿駅西口徒歩約7分。小滝橋通り沿い。龍の家の隣。

IMG_9613

古武士→リンダ軒と入れ替わった跡地で、INGSが手掛けるリンダ軒からリニューアル。

IMG_9614

17:50頃到着で外待ち11に接続。この日はスープ調整のため17時過ぎから一時閉店、18時再開で行列はシャッター待ちでした。

IMG_9621

定刻にオープン。入店するとまず券売機で食券購入です。

IMG_9623

主なメニューは手揉みらーめん800円、合い盛りつけめん900円、極平麺150円、他。

IMG_9628

この日はらーめん・つけ麺はワンコイン。なお、トッピングは定価で可能。

IMG_9625

極平麺はつけ麺専用で、凪のいったんもめんの様な極太平打ち麺。別皿での提供。極平麺はらーめんでも注文可能にだと嬉しいのにと思ったり。

IMG_9644

店内は厨房を半円形に囲むカウンター8席、2人卓x4、4人卓x2。カウンターは1席ずつ仕切りあり。消毒液は券売機横と各席に配置。
IMG_9629

スタッフは厨房・ホールに男女合わせて5。
IMG_9636

BGMは和洋ポップス混合、西野カナが懐かしい。箸は割り箸。卓上調味料は胡椒。
IMG_9639

そして待つことしばし、「合い盛りつけめん」完成で〜す♪

IMG_9657

最初につけ汁、1分後に麺の順番で着丼。つけ麺のつけ汁は冷めるのが早いので、個人的には出来れば、麺を用意してからつけ汁に着手して欲しいかなぁ。

IMG_9667

具はすべてつけ汁の中で、豚腕肉のチャーシュー、青菜、きざみねぎ、瀬戸内海産の焼き海苔。

IMG_9653

つけ汁はさらさらの清湯醤油味。節系がしっかりと効いた魚介が前面に出た仕立て。あっさりと見せかけて香味油が分厚くむしろオイリー。強めの醤油ダレと油に濃い出汁で、清湯ながら麺に負けないつけ汁を構成。
IMG_9672

麺は菅野製麺所製で、小麦ブラン麺とつる平麺の2種合い盛り。小麦ブラン麺は小麦は小麦灰分の高い国産小麦使用の全粒粉とふすま配合中細麺。つる平麺は北海道産小麦と信州石臼引き粉、沖縄県産塩「島ま〜す」使用の太平打ち麺。

IMG_9664

小麦ブラン麺は香りとコシの強さ、つる平麺はなめらかでつるっともちもち食感がそれぞれ特徴。どちらの麺もかなり良くてとっても美味しい!

IMG_9675

ただつけ汁は後半少し飽きる感じで、途中味変用の辛味か酢が欲しくなります。ってか、つけ汁はどんどん進化しそうな予感です。

IMG_9678

〆のスープ割りコールでスタッフさんが割りスープのポットを持って席まで来てスープを入れてくれるスタイル。濃かったら言ってくださいとのこと。不特定多数の人がポットを触らない様にという配慮からかと。惜しいのがポットの割りスープがぬるい点。営業中断から再開後まもなくなので、熱々の割りスープを期待しちゃいましたがあれっ!?出来れば改善希望です。

IMG_9681

おいしく完食!「手揉みらーめん」も気になります。ごちそうさま!

麺や 麦ゑ紋 (281/’21)

関連ランキング:ラーメン | 西武新宿駅新宿西口駅大久保駅

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック