2020年1月29日、駒沢大学の新店「煎酒と麺 しもきはら」へ。

IMG_3468

2020年1月22日オープン。20年続いた居酒屋「駒沢ひらの亭」が、以前から提供していたラーメン・つけ麺をメインに据えて、ラーメン専門店にリニューアル。室町時代末期に考案されたという調味料「煎り酒」を使ったラーメンを提供と知って興味津々。

IMG_3472

店の場所は、駒沢大学駅駒沢公園口徒歩約8分。玉川通り沿い。駒沢大学駅前商店街の先。

IMG_3514

ラーメン専門店のため、夜の部食事のみでももちろんOK。

IMG_3486

券売機は無く伝票方式、食後レジにて後会計制。

IMG_3479

主なメニューは、煎酒ラーメン840円、煎酒つけ麺950円、しょうゆ640円、味噌800円、他。

IMG_3476

メニュー説明は、噺家柳家三之助が執筆。

IMG_3481

店内は、厨房を囲むL字型カウンター11席(5・6)、4人卓x3。なお、夜の部はテーブル席はロールカーテンで仕切って、カウンターのみでの営業。

IMG_3475

20:30頃到着で、先客7、後客1。

IMG_3484

厨房には先代の大旦那の二代目の若旦那、ホールに大女将の3名体制。

IMG_3492

BGMはシャンソン。箸は割り箸。卓上調味料は一味唐辛子、ラー油、酢、胡椒。

IMG_3489

そして待つことしばし、「煎酒ラーメン」完成で〜す♪

IMG_3496

風格のある白い八角丼で着丼。

IMG_3504

具はメンマに揃えて短冊状に切ったチャーシュー、細切りメンマ、味玉半個、海苔、海苔の端に練り梅、白髪ねぎ、きざみ青ねぎ。

IMG_3501

スープはさらさらの清湯煎り酒味。白醤油に近い味で、甘さはなくほのかな酸味が特茶的。出汁は豚鶏魚介。あっさりながらまろやかで後引くうま味があり、とても美味しい!

IMG_3512

麺は軽くウェーブの付いた中細縮れタイプ。ツルシコでするするイケる啜りやすさが信条。

IMG_3509

おいしく完食。周りがどうやら全員注文してた「煎酒つけ麺」が気になります。ごちそうさま!

煎酒と麺 しもきはら (36/'20)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック