2019年5月4日、センター南の「ウミガメ食堂」へ。

IMG_3154

2011年12月20日オープン。奇珍楼@石川町の三代目店主によるお店。有名人気店ですがこれまで未訪。GWで積年の宿題店を攻略にw

IMG_3157

店の場所はセンター南駅徒歩約5分。区役所通り沿い。レティシアの月の跡地。開店時間が11:15になっていて、11:05到着の図らずもシャッター一番海苔〜w

IMG_3232 
スタッフさんがすぐに気づいて外へ出てきて、「もうしばらくお待ち下さい」と胸熱の丁寧な案内。からの、11:08「大変お待たせ致しました、開店します」と、感涙モノの早開けm(__)m

IMG_3164

カウンター奥に案内されて着席。カウンター奥端は通路で人が通るとぶつかりそうなためか、満席時以外は使わない模様。

IMG_3166

券売機は無くメニューブックを見て注文、伝票方式、食後レジにて会計制。 

IMG_3172

主なメニューは、ラーメン750円、ワンタン麺850円、海鮮塩麺1250円、サンマー麺850円、鷄ソバ1100円、海老ソバ1100円、バンメン1000円、他。

IMG_3173

おすすめのドリンクは、フィジー語で「ウミガメ」を意味するフィジーの地ビール「VONU」。

IMG_3179

店内は、厨房を囲むL字型カウンター8席、6人卓x1、4人卓×4、2人卓×1、テラス席に4人卓×3。

IMG_3191

後客5。席は指定されますが、ソロは1席ずつ空けてのゆとりある配置に誘導。 

IMG_3162

店内奥にはガラス張りの製麺室。

IMG_3193

スタッフは6名でほとんど女性。

IMG_3187

BGMはロック。箸は洗い箸でエコ仕様。

IMG_3195

卓上調味料は、醤油、酢、S&Bブラックペッパー。

IMG_3184

そして待つことしばし、「ワンタン麺」完成で〜す♪ 

IMG_3205

たまたまかもですが、わたしの後客全員の注文が、「◯◯ワンタン麺(サンマーワンタン麺、チャーシューワンタン麺等…)」でした。

IMG_3215

具は縁の赤い真性焼豚、極太メンマ2本、ワンタン5個、超微塵切り長ねぎ。 

IMG_3212

スープはさらさらの清湯醤油味。あっさりとした豚清湯でカエシ控えめ、出汁の旨味で引っ張るタイプ。香味油も香ばしく沁み渡る様な旨味があって、すごく美味しい! 

IMG_3222

自家製麺はストレート極細タイプ。まるで春雨の様な細さですが、ザクザクした食感が新鮮で楽しく癖になります。 

IMG_3218

ワンタンは餡がみっしり、皮はピロピロ。デフォに100円プラスでこれだけのバリューアップならそりゃ注文しちゃいますよね〜。

IMG_3224

頃合いで、「お口直しにどうぞ」と温かいプアール茶の提供。もはやガチにお店の大ファンになりました!

IMG_3227

おいしく完食!次回は推し麺らしい「サンマー麺」狙いで。ごちそうさま!

ウミガメ食堂 (148/’19)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック