2015年8月7日、本日グランドオープンの新店「天雷軒 神田店」へ。
DSCF6339

8月4日・6日に無料のプレオープンを実施したようですが、12:00~14:00だったので行けず。本オープン日に訪問!

DSCF6282店の場所は、7月17日で閉店した神田大勝軒の跡地。 

というか、神田大勝軒のリニューアルの様です。 

店生いろいろ~(^^♪

DSCF6332天雷軒といえば、元々は、LUNA SEA真矢さんプロデュース、麺劇場 玄瑛@博多監修のお店でした。 

東日本橋店・中野店・神保町店などありましたが、現在残っているのは神谷町店と九段下店でしょうか? 

DSCF6334店頭には開店祝花。 

プロデューサー真矢さんからの開店祝い花も、もちろんありました! 

入店すると、まず券売機で食券購入です。 
DSCF6285

DSCF6287主なメニューは、 
琥珀醤油拉麺600円、 
味噌拉麺770円、 
台湾まぜそば600円、 
お茶漬け用ごはん120円、 
他。 

デフォが今どき一杯500円とは激安! 

この日は、初日ってことで、ワンコインの「琥珀醤油拉麺」のみの提供。 

DSCF6289味噌拉麺・台湾まぜそば・他の情報は、teitter公式ブログ参照とのこと。 

DSCF6295店内は、奥が厨房で、手前が客席スペース。 

席は、対面カウンター12席、4人卓x2。 

18:10頃到着で、先客6後客4。 

スタッフは厨房に男性2、ホール担当女性1。 

画像は、卓上「メインメニュー」。 

DSCF6297「ミンメニュー」裏は、ドリンク・つまみメニュー。 

卓上ヨコ型メニュー立てには、お茶漬けご飯・台湾まぜそばの食べ方。台湾まぜそばは、追い飯無料。 
DSCF6290

DSCF6302BGMはJ-Pop。 

箸は割り箸。 

卓上調味料は胡椒。 

そして待つことしばし、「琥珀醤油拉麺」完成でーす♪ 
DSCF6310

DSCF6314白いシンプルな鳴門丼で登場。 

具は、糸唐辛子、笹切りネギ、チャーシュー。上からパラリと切り胡麻。 
DSCF6307

DSCF6325スープは、さらさらの清湯醤油味。 

玄瑛の流れを汲む和風の魚介出汁+複雑な香味油の共演。 

他の天雷軒各店で以前食べた時よりも、出汁も香味油もやや薄めな感じ。 

香味油もちょっと胡麻油っぽいかな!? 

ただ薄く感じたのは、外の気温が猛烈に高く汗をかいていたせいかもしれません。 

いやほんとワンコインでこの味なら文句のつけようがないっしょ!美味しいっす! 

DSCF6322麺は中細縮れタイプ。 

柔らかなゆで加減は、あっさりとしたスープに良く合ってると思います。 

完食!「味噌」がどんな風に仕上げてくるのか、ちょっと気になります。ごちそうさま! 

天雷軒 神田店 (278/’15)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック