2015年2月21日、要町の新店「麺也 瑞鶴 Zuikaku 池袋本店」へ。
DSCF9036

2015年2月18日プレオープン、2月19日オープン。濃厚豚骨魚介つけ麺・中華そば・まぜそばのお店。本日はここからスタートw

DSCF8959店の場所は、横浜家系ラーメン 濱ノ家→麺のきもちと入れ替わった跡地。 

店頭には、開店祝の花を配り終えて残ったスタンド^^; 

ラーメン店では、中華そば 葵@蕨から。 

公式ブログで、からの花があるのを見て、プライオリティを上げました。 

定刻ちょうどに到着。ってかまだ開いてないぅ(><) 

待ってると、追加で小さめの花が届いて、その受取りで待ってるのに気づいて、開けてくれた感じ。 

結局2分遅れで開店。 

入店すると、まず券売機で食券購入です。 
DSCF8965

DSCF8954主なメニューは、 
中華そば(魚介系豚骨らーめん/魚介系らーめん あっさり)850円、 
濃厚魚介つけそば(超濃厚魚介豚骨)850円、 
特製まぜそば(魚介系ペースト)850円、
(数量限定)瑞鶴地獄ラーメン1000円、
チャレンジ瑞鶴地獄ラーメン2000円(完食で無料)、 
自家製焼餃子5個400円、 
他。 

外のボードメニューでは餃子390円になってますが、やはりブログによると、券売機の400円が正解。 


DSCF8958券売機・ボードメニューでは「中華そば」が先頭ですが、店頭立て看板では「つけそば」がイチオシ。 

「瑞鶴地獄ラーメン」が気になりつつも、「たぶん、東京で一番のドロ系」という前フリもあって、オーダーは「濃厚魚介つけそば」に。 

冷盛り・熱盛りを聞かれたので、冷盛りで。 

ってか、いきなり券売機故障発生! 

とりあえず、現金会計することに。 

店主さんらしき方が券売機と格闘してる間、サポートスタッフらしき方が調理を担当するという、これがドラマの始まり(^_^;) 



DSCF8971店内は、厨房を囲むへの字型カウンター8席。 

券売機や什器・調度品もそのまんまで、前店のそっくり居抜きな感じ。 

当然一番海苔~w 

ほどなく後客、ってかしらけんさん!w 

示し合わせてないのに、週末の新店巡りでは高確率で遭遇(^^♪ 

さらに後客2。 

DSCF8973スタッフは、店主さんらしき方ともう1名の男性2名。 

BGMは、ポップス。 

箸は洗い箸でエコ対応。 


DSCF8967卓上調味料は、GABANのブラックペッパー、House七味唐辛子、ラー油。醤油、酢。 

そして待つことしばし、「濃厚魚介つけそば」完成でーす♪ 
DSCF8980

DSCF8985提供時、つけ汁の器からは一応湯気が出ています^^; 

DSCF8993麺はタピオカ入りの中太ストレート。 

麺量は並で200gだそうです。 

キッチリ冷水で〆られていて、コシが強くモチモチ食感。 

麺皿の上には、メンマ、チャーシュー一切れ^^; 

DSCF8995つけ汁の具は、カイワレ、鶏皮揚げ、コロコロチャーシュー、ねぎ。 

DSCF9006つけ汁は、ドロドロの白湯ポタージュタイプ。 

かなり濃厚で、確かにブリックス値は高そう。 

ですが、「東京で一番のドロ系」というのは、ちょっと言い過ぎな気が(^_^;) 

味は、濃厚豚骨魚介ですが、魚介抑え目で豚骨が大半を占めています。 

やや塩っ気が足りない気もしますが、クリーミーで自然な旨みがあり、美味しい! 




DSCF8999ですが、麺を数回つけ汁に浸けると、つけ汁がすっかり冷めてしまい、ほぼ常温というか冷たいつけ汁に。 

まず、液体の粘度が高過ぎると沸点が下がり、高温に過熱するのが難しくなります。 

また、注文ごとに雪平鍋でスープストックを加熱してつけ汁を仕上げる丁寧な調理行程ですが、券売機故障があってバタバタした影響を食らった感じ。 

冷めるの早いなぁと思いながら食べてると、いきなり塩っぱく味変。 

タレが底に沈んでいて、しっかり撹拌されてなかった模様(・_・;) 

DSCF9034スープ割りコールすると、こってりかあっさりを聞かれます。 
あっさりと回答。 

スープ割りは、つけ汁の器を渡して、スープを足して貰う方式。 

ポットに割りスープを用意しておく店が多いですが、こちらでは割りスープも雪平鍋で加熱して提供。 

割りスープ「あっさり」注文で、あっさりラーメンのスープ、「こってり」注文で濃厚ラーメンのスープが足されるようです。 


熱々のスープが足されることで、一気につけ汁の風味が立ち、気付かなかった柚子も香ってます。スープ割りが美味しいだけに、バタバタな状況で提供されたつけ麺が惜しい感じひとしお。 

こちらはしらけんさん注文の「中華そば」。 
DSCF9011

DSCF9020つけ麺の器も黒でしたが、麺皿とも異なる、やはり黒い器で登場。 

具は、海苔、チャーシュー、メンマ、きざみネギ。鶏皮揚が美味しいのですが、つけ麺だけに入る具みたいです。 
DSCF9013  

DSCF9028スープは、かすかにとろみのある豚骨魚介醤油味。 

魚介ややが強めで華やかな味わい。 

結構好きな味ですが、やはりスープは温めかなぁ!? 

DSCF9026麺は、中細縮れタイプ。 

つけ麺の中太麺と比べると、かなり太さが違います。 

ツルシコでなかなかいい感じ。 

完食。ベースは結構いいので、落ち着いた頃に来て「瑞鶴地獄ラーメン」を試してみたいです。ごちそうさま! 

麺也 瑞鶴 Zuikaku 池袋本店 (58/’15)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック