2014年12月2日、東中野の新店「つけ麺 しろぼし」へ。DSCF2366
2014年12月1日オープン。店主さんは、元力士。なので屋号は、縁起のいい「しろぼし」w

FBページによると、「ちゃんこ鍋とつけ麺を融合させた、魚介豚骨系スープの醤油炊きつけ麺店」とか。とっても気になって訪問!

DSCF2368店の場所は、JR東中野駅東口2徒歩2分。

オープン初日は、半額で提供していたようです。 

DSCF2363店舗サイドの開店祝花は、サッポロ製麺から。 

元横綱武蔵丸からの花も! 

入店すると、まず券売機で食券購入です。DSCF2317 

主なメニューは、醤油炊きしろぼしつけ麺800円、醤油炊き辛味しろぼしつけ麺800円、醤油炊きしろぼしらーめん850円、チャーシュー丼350円、他。 
DSCF2320
大盛無料。なお、らーめん・トッピング・ご飯類は、訪問時売切表示。上画像は、卓上メニュー。 

メニュー裏は、ドリンク・おつまみ。 
DSCF2323
ノーマルのつけ麺と「辛味つけ麺」が、同料金なんですね!「辛味」も気になりましたが、初訪は先頭左端の原則を順守。大盛無料のため麺量を聞かれますが、普通盛りで。 

DSCF2329店内は、厨房前に真っ直ぐなカウンター6席、2人卓x3。 

18:20頃訪問で、先客5、後客3。 

カウンター奥2名様は、なんと現役の力士さん! 

厨房には店主さんと、サポートの男性。 

サポートの方も、元力士的なボディ^^; 

BGMは、モニターから流れる歴史的な名取り組みのDVD。 

高見山、千代の富士、貴乃花とか、思わず見いちゃいます! 

DSCF2334通路脇には、サッポロ製麺の麺箱。 

DSCF2332箸は割り箸。 

卓上調味料は、酢、ミル入りブラックペッパー。 

そして待つことしばし、「醤油炊きしろぼしつけ麺」完成でーす♪ 
DSCF2341

DSCF2342白と黒のコントラストが鮮やかな器で登場。 

麺皿の具は、ネギ、かつお節、モヤシ、ニンジン、キャベツ、チャーシュー、つくね、レンゲの上には「ゆず大根」。
DSCF2349

DSCF2346つけ汁の器の具は、海苔。 

つけ汁の中には、細切れメンマ数片。

つけ汁は、粘性の低い比較的さらりとした、魚介豚骨醤油味。 

東池大勝軒系のつけ汁で、油抑えめ、動物性弱め、魚介強め、酸味弱、甘辛無しにした感じ。 

や◯べえ系というレポも見ましたが、真偽は不明。 

や◯べえだと、もっとずっと甘い気がします。 

DSCF2357麺は、サッポロ製麺の太ストレート。 

すべすべの麺肌で、モチモチとコシのある食感がいい感じ。 

さらりとシャバ目のつけ汁ですが、油や調味料に頼らず、コクを出してるダシ感はなかなかのもの。 

新規性やサプライズはありませんが、とても良く作られていると思います。 

食べ易くて美味しい! 

DSCF2354「ゆず大根」は、ゆず皮、大根と、なんと、油揚げのセット。

ゆずと大根の効果でさっぱりするのは勿論ですが、油揚げがサプライズで、意外なほど合いますw 

さらに、「ちゃんこ鍋とつけ麺の融合」との事ですが、油揚げが入ることで、一気にちゃんこ風になるという効果もw 

つくねも、力士部屋での修業の成果?か、相当激ウマ! 

画像では見えませんが、キャベツ・モヤシ・ニンジンなど野菜が入るところも、ちゃんこ風でしょうか!? 

DSCF2360麺と具を食べ終えたら、スープ割り。 

スープ割りコールで、割りスープが入ったポットを持って来てくれて、割りスープを自分で自由に入れる方式。 

割りスープは、魚介出汁の清湯スープでした。 

つけ汁があっさり和風にシフトしてほっこりと〆に入れます。 

美味しく完食!食後店主さんに聞きましたが、らーめんはスープ調整中で、提供にはもう少し時間がかかりそうだそうです。やはり、「辛味しろぼしつけ麺」が気になります。ごちそうさま! 

つけ麺 しろぼし (394/’14)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック