2014年11月28日DSCF2092、本日オープンの新店?「江戸っ子 ケンちゃん ラーメン」へ。 
足立区保木間3丁目にあった「ケンちゃんラーメン」が、足立区南花畑2丁目に移転オープン。矢守さんの記事を見て、気になって行ってみましたw

DSCF2084足立区の「ケンちゃんラーメン」は、以前はラーメン1杯300円という激安店。 

創業は聞いても良く分からないみたいでしたが、保木間で10年以上続いていたそうです。 

看板の「帰って来たよ」は、移転復活の意味。 

移転前は、竹ノ塚駅から1.3km位でしたが、今度は六町駅から13km位。 

移転後もやっぱり駅から遠い(^_^;) 


店頭ネオン看板の「海」は、前のテナントのもつ焼き店の屋号らしいです。消さないので、看板に「ラーメン」「居酒屋」と書き足したみたいな(^_^;) 

店内は、大衆居酒屋の居抜きそのまんまな風情。カウンター4席、小上がり的に、4人卓x3、2人卓x2。18:30頃到着で、先客7、後客1。全員地元のおじちゃん、おばちゃん^^; 厨房とホールを行き来するのは、大将と女将さん。かなり人生の先輩的な^^; 

券売機は無く後会計制。メニューは、醤油ラーメン450円を筆頭に多彩。以前よりは値上げしたようですが、それでもかなり割安。 
DSCF2036  

お品書き裏は、ドリンク。 
DSCF2039

DSCF2082移転オープン初日本日限定のサービスとして、 
ラーメン450円+ギョーザ450円+ライス200円=1100円 
が、なんと550円での提供! 

ってか、この日はこれしか用意していないみたいです(^_^;) 

また、ラーメンを注文したお客さんも、「今日はセールだから」と、ギョーザとライスが付いてくるサービスっぷりw 



DSCF2043BGMは、テレビ放送。 

箸は割り箸。 

卓上調味料いろいろw 

そして待つことしばし、「醤油ラーメン(セット)」完成でーす♪ 
DSCF2046

DSCF2054ラーメンセットの内容は、ラーメン+ギョーザ+ライスですが、ギョーザは遅れて後から到着。 

DSCF2060ライスは、茶碗に山盛り。 

定価200円だけあって、かなり迫力の盛り! 

具は、メンマ、きざみネギ、なると、カイワレ、チャーシュー。郷愁を誘うノスラー的なビジュアル。1杯450円というプライスも昭和的! 
DSCF2059

DSCF2070スープは、さらさらの清湯醤油味。 

シンプルな鶏ガラ醤油で、あっさりとした味わい。 

こんな懐かしいラーメンは、ホント久しぶり。 

ルックスにふさわしいレトロな醤油味で、おいしい! 

DSCF2065麺は、期待通りの中細縮れタイプ。 

この頼りなげな感じが、なんともソソります。 

チャルメラの音が似合いそうなあったかい味がして、おいしい! 

「ギョーザは、味がしっかり付いているから、あまり醤油をを付けないで、酢とラー油だけで食べてみて下さい」と大将の弁。 
DSCF2073  
確かに、しっかり下味が付いていて、そのままでも美味しくいただけます。ってか、パリッパリの皮に中はジューシな餡で、ウマっ!っと思わず声が出る出来栄え。餃子名人と呼ばせてもらいますw 

美味しく完食!新店巡回のつもりが、図らずもノス活になってしまいましたが、おいしくて楽しかったです。ごちそうさま! 

江戸っ子 ケンちゃん ラーメン (389/’14) 
東京都足立区南花畑2-47-6
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック