2014年9月30日、日暮里の「R0042684California Fusion」へ。
2014年8月19日オープン。欧風菓子サブロンの店主氏が東池袋大勝軒のもりそば大好きで、山岸マスター公認のレシピで、自家製麺によるお土産つけ麺を提供。アド街でも紹介されて、一時話題となったのは4年位前でしょうか?

そんなマスターの大勝軒好きが高じて、洋菓子店の裏口で、ついにつけ麺専門店をオープン!「サブロン」の洋菓子やお土産つけめんは未食ですが、洋菓子屋さんの自家製麺に興味があって、一軒フラれた後で訪問^^;

R0042744店の場所は、日暮里駅徒歩約10分、三河島駅からもほぼ同じくらいの距離。 

洋菓子店の裏口が店舗だけに、入口は路地裏。 

R0042678とっても目地味な立地だけに、目立つ工夫のためか、雨傘とミラーボール?を使った自作の派手なイルミが、薄暗い路地裏で回転しています。 

正直初めて見ると不気味で、とっても怪しい!(~_~;) 

R0042687入口前には。「欧風菓子サブロン」のA型立て看板を使った看板設置。 

R0042673看板には、「つけめん専門店」「お気軽にお入りください」とあります。 

入るのに、かなり勇気がいりそうなエクステリアですが(^^ゞ 

R0042693店内は、店舗裏口の三和土に、ベニヤ板を渡して作ったカウンター4席。 

狭くて手作り感満載で、なんかとってもユーモラスw 

モニターには、BGMのアップテンポなフュージョンに合わせて、サーフィンの動画がエンドレスプレー。 

真っ青な空と海はカリフォルニアなフィールで、これが「California Fusion」かぁ!と、なんとなく納得w 

R0042700メニューは、とりがらクラシック700円。 

通常、前菜的な一品やデザートもあるみたいですが、この日はつけめんのみでした。 

R004269020:10頃到着で、終始貸切状態。 

時節柄、インテリアはハロウィンデコレーション。 

R0042696お冷代わりのお茶は、麦茶。 

箸は割り箸。 

卓上調味料は、白コショウ、黒コショウ、ラー油。 

そして待つことしばし、「とりがらクラシック」完成でーす♪ 
R0042711

R0042715ビジュアルは、器も中身も、元祖東池袋大勝軒のもりそばそのまんまw 

R0042723麺は自家製麺。 

洋菓子店のご主人だけに、小麦粉の扱いはお手のもの。 

麺量は、ゆで前340gとボリューミー。 

山岸マスターの、「お腹いっぱい食べて欲しい」という志しを受け継いでいます。 

つけ汁の器の中の具は、海苔、ナルト、メンマ、チャーシュー、きざみネギ。 
R0042705

R0042726つけ汁は、さらさらの鶏がら醤油味。 

トラディショナルな甘辛すっぱの大勝軒直伝の味。 

動物性の出汁がかなり濃くて、全盛期の東池大勝軒を彷彿とさせる味わい。 

いやぁビックリ!とても美味しい! 

そしてスープのクオリティ以上に驚いたのが麺! 

これまで食べたどんなつけ麺よりも、ずっと柔ゆで! 

お聞きしたところ、「最近流行りの濃厚つけ麺と違って、さらさらのスープなので、柔らかくゆでた方が、麺につけ汁が良く絡んで、美味しくいただけると思います」とのこと。 

ご主人が自分で食べるときはゆで時間10分だそうですが、柔らかすぎるといろいろ言われて、店では8分で出しているそうです。リクエストいただければ、また、麺固めも出来るそうです。 

ってか、これ程麺柔めのつけ麺を食べたことがなく、最初は麺食らいますが、なるほど、麺に小麦の自然な甘みが感じられて、スープも麺に沁みる感じ。これって美味しいかも! 

R0042733スープ割りをお願いすると、徳利で登場。 

R0042739割りスープは、透明な魚介出汁の清湯塩味。 

割り後は、つけ汁が和風にシフトして、これまた旨い! 

美味しく完食!ってか、たっぷりゆでられた麺は、より多くの水分を含んで、麺量以上にお腹に溜まる気がします(^^ゞ 今度は表のショップに、ケーキとお土産つけ麺も買いに来ようかな?ごちそうさま! 

California Fusion (320/’14)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック