2013年7月29日、池上の新店「自家製麺 森のや」へ。
R0010711.JPG
2013年7月21日オープン。北品川にあった「豚骨屋」が、屋号と味を変えて移転リニューアル。新店の目玉商品、一杯で二杯の味が楽しめるという「二色らーめん」が気になって訪問。

R0010717.JPG
店の場所は、池上駅徒歩1分の通称「池上通り」沿い。

入店すると、まず券売機で食券購入です。
R0010721.JPG

主なメニューは、 醤油らーめん 清湯スープ(細麺)700円、 醤油らーめん 濃厚白湯スープ(太麺)700円、 二色らーめん 清湯&白湯の2種類スープ(細・太2種類の麺)※2種類のラーメンが一つの丼ぶりに入ってます。750円、 他。

R0010720.JPG つけ麺は8月から提供開始。

二色らーめんとはオリジナルのドンブリを使ったメニュー(二種類のらーめんが食べられる)おすすめ!

オーダーは、お目当ての「二色らーめん」にしました。

R0010726.JPG店内は、厨房前に真っ直ぐなカウンター6席。

19:50頃入店で、先客4、後客4。

厨房には、男性スタッフ2名。

BGMは、60年台のロックンロール。

R0010729.JPG箸は割り箸。

卓上調味料は、醤油、酢、胡椒、一味唐辛子。

調味料の容器がなんかオサレ。

楊枝入れとか、起き上がり小法師的に底が球形で揺れるしw

そして待つことしばし、「二色らーめん」完成でーす♪
R0010732.JPG

R0010744.JPG
丼は、火鍋で使われる陰陽鍋の様な、中央をS字型に仕切られた特注品。

火鍋ではお馴染みですが、ラーメン丼で見たのは、初めてかも!

仕切られた左が清湯スープ、右が濃厚白湯。清湯側の具は、水菜、メンマ、海老。白湯川側の具は、糸唐辛子、白髪ネギ、チャーシュー。
R0010739.JPG

R0010756.JPG清湯サイドのスープは、さらさらの文字通り清湯醤油味。

あっさりとした鶏がら醤油味で、具の海老の風味がスープにも移ってる感じ。

インパクトこそ有りませんが、シンプルで美味しいと思います。

結構気に入っちゃいました!

R0010745.JPG麺は、細縮れタイプ。

最初に白湯用の太麺を茹でて、時間差で細麺を茹で湯に投入するという手間をかけて茹で上げられたもの。

強い縮れ効果で、スープの持ち上げ良好。

麺とスープが絡んで美味しいです!

ただ、白湯の方にも言えることですが、器の形状の制約ゆえ、麺がスープで泳がず窮屈な感じ。 たっぷりのスープにゆったり泳ぐ麺が個人的には好みなので、一回り大きな陰陽丼が欲しいところ^^;

R0010759.JPG白湯スープは、比較的さらりとした鶏白湯醤油味。

まったりとした味わいで、清湯同様白湯も美味しい!

ただ濃度低めなこともあって、清湯と白湯で傾向的にはちょっと似た味わいかも。

欲を言えば、醤油と味噌味とかドラスティックに味が違ってると、もっと楽しいかと^^;

R0010748.JPG白湯サイドの麺は、極太の縮れタイプ。

かなりコシとハリのあるインパクト満点の麺で、啜るというよりモグモグ頬張る感じ。

自家製麺の面目躍如というか、とても美味しい良麺ですね!

ただ、スープに比して少しだけ麺の主張が強いかと。

「2色らーめん」だと個性が際立っていいですが、単品の「醤油らーめん 濃厚白湯スープ」だと、麺がスープに勝っちゃう感じかも^^;

具では、清湯川の海老が香ばしく旨し。そして白湯側にトッピのチャーシューが肉厚のデカサイズで柔らかく、とても美味しかったです!

2杯を一遍に食べれる遊びゴコロ満点の一杯で、楽しく美味しく完食!しかもこの内容で750円なら、やはりお得で満足度高いです!8月登場予定の「つけ麺」も気になります。ごちそうさま!

自家製麺 森のや (274/'13)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック