2012年10月27日、「つけ麺 中華そば 佐とう」へ。
RIMG2968.JPG
元「纏寿司」というお寿司屋さんで、先代から二代目に代替わりした際に、寿司屋の店舗をそのまま使ってつけ麺・ラーメン店に業態変更。

以前スーパーJチャンネルの特集で紹介されたのを見て、気になっていた店。「めん処 ゆめの里」とセットになる店を検討して、未食のこちらを思い出しました。まずは、営業開始時間の早いこちらから。


RIMG2944.JPG
店の場所は、ニューシャトル羽貫駅から徒歩約2.5km31分程。

車じゃないとちょっと厳しいですね。

左画像は、道路から畑越しに見える店舗外観。

一見普通の民家風の建物に「つけ麺」の幟が2本。

それは良いとして、何故か「大売出し」の幟がユーモラス(笑)


RIMG2962.JPG
思いの外道が空いていて、定刻15分程前に到着。一番海苔〜!w

店の前は駐車場になっていて、5台分の駐車スペースあり。

店舗脇から駐車場奥にかけて、日本庭園風の造作。

店舗裏にも2台分ほどの駐車スペースがあります。

RIMG3016.JPG
先代の大将が暖簾を出して、定刻に開店。

入口入ると、いきなりすし屋さんのガラスショーケース。

今は湯呑みがたくさんディスプレイ。

RIMG2980.JPG 店内は、一枚板の立派なカウンター5席。

カウンターには、寿司ネタを置く冷蔵ケースが設置されています。

向かって右側に座敷があります。後客1。

厨房は奥にあり、店主さんは、厨房で作業。調理風景は見えません。

接客は、接客は先代が担当。 出来上がったつけ麺・ラーメンは、女将さんが運んできます。

RIMG2941.JPG
券売機は無く、後会計制。

主なメニューは、
つけ麺(小)750円、辛つけ麺(小)800円、濃厚中華そば(小)700円、中華そば 醤油(小)600円、中華そば 塩(小)700円、煮干そば(小)650円、
他。

左画像は、店外店頭の看板メニューより。

卓上にも、同じメニューがあります。

オーダーは、「濃厚中華そば」にしました。

卓上に、別フォーマットの詳細メニューがります。
RIMG3010.JPG

RIMG3013.JPG
卓上メニュー裏面、「みそ」は平日限定。

RIMG2971.JPG
麺量は、小1玉200g、中1.5玉、大2玉。

RIMG2975.JPG
中華そば(しょう油)のみ、半玉500円にて提供可能。

RIMG2977.JPG 箸は洗い箸で、エコ対応。

卓上調味料は、GBANのブラックペッパー・ホワイトペーパー、ゆずの華、一味唐辛子、酢、おろしニンニク。

先代の大将とても愛想良く、ラーメンを待っていると優しく話しかけてくれます。

なんと、寿司職人歴40年だそうです!(驚)

つけ麺・ラーメン店にリニューアルしてから3年になるとか。 また寿司店としての営業は、宴会予約が入ればやるそうです。

そして待つことしばし、「濃厚中華そば」完成でーす♪
RIMG2988.JPG

RIMG2989.JPG
レンゲと小皿とともに、お盆に載って登場。

RIMG2992.JPG
小皿にはお新香。

意外性のある付け合せですが、濃厚なラーメンの箸休めに、素朴な味のお新香が不思議と良く合います!

具は、海苔、味玉1/2個、小口切りネギ、ナルト、穂先メンマ、揚げネギ。
RIMG2995.JPG
チャーシューは、大判の豚バラロール。柔らかく煮込まれていておつゆたっぷり、ジューシーで旨いっす!

RIMG3004.JPG スープは、ドロリとした濃厚豚骨魚介タイプ。

粘土と言い味の濃さといい、おそらくつけ麺の味わいを活かしてそのままラーメンバージョンにしたものと思われます。

魚粉も結構効いていますね。

ある意味「またお前もか系」ですが、バランスが良いというか、なんとも奥深く味わい深いテイスト。

これマジ美味いっす!

RIMG3001.JPG 麺は、断面が長方形の太ストレート。

うどんを思わせるような太麺で、モチモチッとした食感。

濃厚スープが絡んで、たまらない美味しさです!

トッピングの揚げネギが徐々にスープに溶け出して、香ばしく味変します。

卓上「ゆずの華」を加えてゆず風味にしても美味いですねぇ〜!

こんな辺鄙な(失礼!)場所にある、しかも寿司屋さんのカウンターで、これほどレベルの高い一杯をいただけるとはまさに驚きでした!元気な大将の話も楽しく、ラーメンも絶品!他のメニューも試してみたくなりました。ごちそうさま!

つけ麺 中華そば 佐とう (386/'12)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック