2013年4月20日、中目黒の新店「中華そば むら田」へ。
RIMG5738.JPG
2013年4月18日オープン。2012年6月より、「らーめん蓮」の定休日である日曜に営業していたネクストブランド。ですが、「らーめん蓮」は、2013年3月2日で閉店。店舗の大幅なリフォームの後、「中華そば むら田」としてリニューアルオープン。

飯田商店@横浜そごう→ロックなラーメン@新横浜の後、帰路途中の中目黒で途中下車からのこちらへ立ち寄りw

RIMG5660.JPG
13:30頃到着。

店内満席外待ちなんと6名!

中目黒・目黒とどちらの駅からも遠い、やや不便なロケーションですが、凄い人気ですね〜!

RIMG5669.JPG
満席の店内も待ち人も、みなさんご近所さんな感じ。

フリークの姿は見当たらず、地元に愛されてる感じ。

蓮から屋号は変わりましたが、復活を待ちわびたファンが多かったのでしょうね!

RIMG5663.JPG
店頭には開店祝花いっぱい。

大きな花輪は、地元中目黒にも支店のある誠屋・百麺グループから。

RIMG5657.JPG
他には、中華そば 瑞山、HAGGY、麺の坊砦、

RIMG5666.JPG
自家製麺 ばくばくから。

RIMG5678.JPG
席が徐々に空いて、順番に店内へ。

ってか、中でも待ち席が3席あるのですね^^;

入店すると、まず券売機で食券購入です。

主なメニューは、
中華そば 750円、
味玉中華そば 850円、
ワンタン麺 900円、
特製中華そば 980円、
チャーシュー麺 1100円、
ちょい魯肉飯100円、
他。

ラーメンは、醤油味の「中華そば」一品勝負というこだわりよう。

オーダーは、ベースメニューの「中華そば」にしました。

100円というお得価格の「ちょい魯肉飯」も気になりましたが、本日3杯目なので自重^^;

RIMG5681.JPG
店内券売機横にも祝花、豚そば成の指村さんから。

RIMG5685.JPG
ウェイティングスペースの壁際に掲示のボード。

「OPEN」の「O」がスマイルマークw

RIMG5686.JPG
開店祝一覧。

RIMG5684.JPG
開店のご挨拶。

5月中旬頃に「つけめん」が、6月頃季節限定「冷やし」が登場予定。

RIMG5702.JPG
列び始めてから約20分後に着席。

カウンターにあった、パウチのリング留めシート。

RIMG5687.JPG
中には、『中華そば むら田 創業ポリシー』。

復興支援への想いと、無化調無添加へのこだわりから。



RIMG5690.JPG
『中華そば むら田のこだわり』

麺・スープ・醤油・米・チャーシュー・ワンタンと細部まで徹底的なこだわり。



RIMG5693.JPG
麺・トッピングメニュー

RIMG5696.JPG
ご飯もの・ドリンク

RIMG5699.JPG
営業時間・定休日

RIMG5735.JPG
店内は、厨房を囲むL字型カウンター12席位。

後客5名。厨房には、男性スタッフ3名

BGMは、洋楽ポップス。

箸は洗い箸でエコ対応。

卓上調味料は、一味唐辛子、ミル入り胡椒。

そして待つことしばし、「中華そば」完成でーす♪
RIMG5711.JPG

RIMG5714.JPG
器は、以前の黒や模様付きの丼から一新。

純白でシンプルな飽きのこないタイプに変更。

具は海苔、メンマ、あさつき、きざみネギ、チャーシュー。
RIMG5720.JPG
チャーシューは提供直前にバーナーで炙られていて、香ばしさ抜群。

RIMG5729.JPG
スープは、さらさらの清湯醤油味。

鶏を主軸に、魚介を香りづけに加えた鶏魚介スープ。

ちょっぴりオイリーですが、大変優しく滋味溢れる味わい。

無化調とは思えないコク深い奥行きのある味で、とっても美味しい!

RIMG5724.JPG
麺は、福島の羽田製麺製の中細軽でい縮れのあるタイプ。

毎月放射能検査を実施、これまで未検出だそうで、安心していただけます。

ツルシコで、食感と啜り心地が抜群に良い麺で、麺自体とても美味しい!

淡麗ながらコクのあるスープと絡むと、そりゃもう堪えられない旨さです!


店主さんのこだわりや熱い気持ちがヒシヒシと伝わってくる、こだわりがギュウと詰まった杯でした!これからの展開が楽しみ〜!ごちそうさま!

中華そば むら田 (149/'12)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック