2013年3月9日「イオンモール春日部」へ。「イオンモール春日部」2Fのフードコートでは何故か麺類が充実。「自家製麺 佐野」は紹介しましたが、今回それ以外を何軒かピックアップ。

まずは、「VIVAけなりぃ イオンモール春日部店」。銀座の韓国料理店「けなりぃ」の新業態店で、「野菜が美味しい韓国ごはん」がキャッチフレーズ。
R0021765.JPG

麺メニューは、参鶏湯らーめん680円、青菜たっぷり参鶏湯らーめん780円、柚子大根の冷麺780円。オーダーは、「参鶏湯らーめん」にしました。
R0021771.JPG
麺以外では、サムギョプサル丼(スープ付)680円、けなりぃ健美純豆冨(生玉子・ごはん付)680円、野菜たっぷり石焼きビビンバ(スープ付)600円、他。

そして待つことしばし、「参鶏湯らーめん」完成でーす♪
R0021785.JPG

R0021780.JPG
一応サイドビュー撮影w

具は、千切り肉、クコの実、鶏ささみ肉。上から、黒胡椒がたっぷり振りかけられています。
R0021800.JPG

R0021818.JPG
スープは、クリーミーでかなり濃厚な塩味の鶏白湯。

とろみは少々で、濃厚なのは鶏出汁の味の方。

いかにもコラーゲン含有量が多そうで、美肌に良さそうw

ただ、おじさんには、そのままだとチョットクドイかも^^;

ってわけで、多めのブラックペッパーくどさを緩和してくれるので、良く合います。

R0021812.JPG
麺は、米粉麺。

かなりヤワヤワで、ふにゃベチョ。

まあ麺専門店ではないので、こんなもんでしょうか。




続いては、横浜中華街に本店のある「梅蘭 イオンモール春日部店」。本格的な中華料理から、庶民的な上海料理まで食べられる店。
R0021774.JPG
代表的なメニューは「梅蘭やきそば」。カリッと焼いた焼きそばの中に熱々の餡が入っている、他に例のない一品。

R0021777.JPG
800円、鶏肉そば750円、担々麺830円。

他に、一品料理・点心類多数あり。

そして待つことしばし、「梅蘭やきそば」完成でーす♪
R0021791.JPG
酢と辛子の小袋付きですw

R0021803.JPG
表面はカリッカリに焼かれた焼きそばで、パッと見はまるでホットケーキの様w

パリパリの焼きそばを割ると、中には熱々の醤油味の餡がたっぷり!

具は、豚肉、モヤシ、玉など。

表面のパリッパリの麺と、中の柔らかい麺、熱々のとろみ餡かけ野菜とのコンビネーションが絶妙で、これ美味しい!

大好評で、他店舗展開の原動力ともいうべきフラッグシップモデルなのも頷ける旨さ。

これまた食べたいです!




そしてこちらは「長田本庄軒イオンモール春日部店」。この日ではな、く前週「自家製麺 佐野」を食した際に、同行者が選んだ店がこちら。
R0021426.JPG
セルフさぬきうどんで大躍進中の「丸亀製麺」を展開する(株)トリドールの神戸焼きそば(?)専門店。右隣はKFCですが、通路を挟んで左隣は「丸亀製麺」。

看板メニューは、「ぼっかけ焼きそば」。「ぼっかけ」とは、牛すじとコンニャクを甘辛く煮たもので、うどん、カレー、ラーメン等のトッピングに供されるとか。 神戸市長田区発祥。店名の由来も納得。

主なメニューは、ぼっかけ焼きそば」(小)450円、豚ソース焼きそば(小)390円、ミックス焼きそば(小)590円、他。
R0021456.JPG

「ぼっかけ」に馴染みのない同行者がチョイスしたのが、「豚ソース焼きそば」(小)
R0021431.JPG
自家製麺という麺は、まるでうどんのような中太麺。ソースはオタフクソースのような、大変甘くて濃厚なタイプ。オーダーごとに目の前の鉄板でコテを振って焼き上げていきます。が、焼き上がりは水分を飛ばしているわけではなく、ソースが残ってベチョベチョ^^;

「ぼっかけ焼きそば」なら合うかもですが、「豚ソース焼きそば」だとこってりと甘くて重たく、かなりクドいかも。

「イオンモール春日部」フードコート、あと未食の麺は「太陽のトマト麺」。そのうち来よう!ごちそうさま!

VIVAけなりぃ イオンモール春日部店 (86/'13)
梅蘭 イオンモール春日部店
長田本庄軒イオンモール春日部店

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック