2013年2月6日、三河島の「二代目 にゃがにゃが亭」へ。
R0019322.JPG
「花の季」の「寒仕込み味噌」を使って各店が創作メニューを競うイベント「蔵出し味噌2013」実施中。

先日七彩@TRSで「根菜と蔵出し味噌の煮込み麺」を、くろ喜@秋葉原で「鶏味噌ごぼう和えそば」をいただいて、どちらも美味しく感激!あまり限定には惹かれない方ですが、「花の季」のおいしい味噌を使った他のメニューも食べてみたくなり、にゃがりにw

R0019337.JPG
「蔵出し味噌2013」開催概要

前半2月4日-10日
後半2月11日-17日

前半参加店:
くろ喜@秋葉原、七彩@東京、凪@新宿G街、にゃがにゃが亭@三河島、マタドール@北千住

後半参加店:
飯田商店@湯河原、渦@鵠沼、えにし@戸越銀座、ソラノイロ@麹町、烈士洵名@春日、ロックンロールワン@町田

二代目にゃがにゃが亭の「蔵出し味噌2013」参加メニューは、「肉味噌和えそば」880円。

1日10食限定。

昼から10食なので、ややハードル高し。

しかしこの日は、「20食用意しました」との店主さんのツイート。 朝から大雪の予報と、天候があまり良くなかったこともあり、これは狙い目とチャレンジ。 結果見事セーフでした!w

入店すると、まず券売機で食券購入です。
R0019325.JPG
「蔵出し味噌2013」メニュー「肉味噌和えそば」は、券売機最上段右端「限定#1」880円のボタンです。

R0019333.JPG
18:30頃到着。

先客1退店と入れ違いに入店。後客無し。

その前に三河島のホームで、食べ終えたタロ〜さんと遭遇(^^♪

厨房には店主さん、一人で店を切り盛り。

BGMは、TBSラジオ。

R0019330.JPG
箸は割り箸。

卓上調味料は、一味唐辛子、GABANのホワイトペーパー・ブラックペッパー、酢。

そして待つことしばし、二代目にゃがにゃが亭の「蔵出し味噌2013」参加メニュー「肉味噌和えそば」完成でーす♪
R0019343.JPG

R0019355.JPG
「肉味噌和えそば」は、くろ喜同様、品名通り汁なしの和えそばスタイルでの提供。

R0019340.JPG
嬉しいのはスープ付き。

汁なしで別添えスープが付いてると、とっても得した気分!w

具は、水菜、チャーシュー、きゅうり、肉味噌、ナッツ、なると。水菜の横に添えられている葉物は、丸葉小松菜でしょうか?
R0019349.JPG
なるとの上には本日限定かも(?)ですが、「トマトジャム」が添えられています。

R0019358.JPG
まずは、麺を引っ張りだして一口。

麺は、平打ちの強い縮れのピロピロタイプ。

もっちりとした所管でタレが絡み易く、なるほど和え麺にすると、麺の美味しさと味噌ダレの良さがストレートに味わえますね。

R0019363.JPG
「肉味噌和えそば」は、一言で言うと味噌味のジャージャー麺。

肉味噌を全体によーく混ぜていただきます。

R0019366.JPG
味噌の香ばしい風味と少し甘みのあるふくよかな味わい。

肉味噌の旨味とナッツの心地良い食感、それらが渾然一体となって、これは美味しい!

R0019367.JPG
別添えのスープは、ごくあっさりとした醤油味のわかめスープ。

古い中華料理屋さんでチャーハン注文すると付いてくるような、あんな感じの中華スープ。

濃い目の和えそばの味に干渉しない優しい味で、箸休めに好適!

口中をリフレッシュさせてくれる作用もあり、これ名脇役の助演賞に決定!w

花の季の味噌の美味しさもさることながら、麺やチャーシューの旨さも特筆モノでした!今度は久々にディフォの「中華そば」を食べに来よう!ごちそうさま!

二代目 にゃがにゃが亭 (48/'13)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック