2012年12月16日、京急鶴見の新店「らー麺土俵 鶴嶺峰(かくれいほう)」へ。
R0014301.JPG
2012年11月28日オープン。こうじ系の新店。店主さんは元力士、なので店名は「らー麺土俵」。オープン直後から評判が大変良く、ずっと気になっていましたが、ようやくの訪問。

R0014433.JPG
開店10分前に到着。

オープン待ちシャッター3名の後ろに接続。

開店時、行列は10名に伸びてました!

左画像は、店頭にたくさん貼られている割引チケット付きOPEN告知チラシ。

ちなみに、店主さんのイラストはもう少しふくよかですが、ほぼ本人さんソックリw

R0014236.JPG
定刻3分遅れで開店。

先頭3名は、しのつく雨に傘無しで可哀想(´・ω・`)

開店中の木札は、『本場所中』w

ちなみに木札を裏返すと『稽古中』(笑)

入店すると、まず券売機で食券購入です。

主なメニューは、
鶴嶺峰 つけ麺 幕内(並)750円、鶴嶺峰らー麺 幕内(並)750円、和みらー麺(醤油・塩)650円、チャンコ御飯250円、
他。

R0014243.JPG
つけ麺・らー麺の量が、相撲の番付になっています。

鶴嶺峰つけ麺は、十両150g、幕内250g、小結350g、関脇450g、大関600g、横綱700g。

R0014244.JPG
鶴嶺峰らー麺は、十両100g、幕内150g、小結250g、関脇350g、大関500g、横綱600g。

オーダーは、「鶴嶺峰らー麺 幕内」にしました。

が、後で考えると、「鶴嶺峰らー麺」と「鶴嶺峰つけ麺」の両方十両を、連食しても良かったかも^^;

R0014249.JPG
白木のカウンターが印象的な店内は、真新しく明るくて清潔な印象。

席は、厨房を囲むL字型カウンター8席。

スタッフは男性3名で、厨房に店主さんと調理サポートの方、ホール担当1名。

BGMは、相撲甚句w

カウンター後ろの出窓に設置されたボードには、掲示物いっぱい!

R0014247.JPG
まず目を引くのが、麺が「くり山」の自家製麺を使用しているというインフォ!

店内券売機そばに、くり山からの開店祝花もありました。

こうじグループだと、心の味食品の麺が順当と思われますが、店主さんとくり山の間にゆかりがあるのかな?

R0014238.JPG
「眠りチャーシューとは?」

チャーシューを約1週間寝かせて旨みを凝縮させた、熟成チャーシューだそうです。

R0014241.JPG
手形デカッ!

R0014250.JPG
箸は洗い箸でエコ対応。


卓上調味料は、一味唐辛子、GABANのホワイトペッパー。

R0014286.JPG
卓上にクリアホルダーが設定されていて、中に様々なインフォが書かれた紙が入っています。

これ、一燈と同じスタイルですね!

店主森さんは、大相撲の井筒部屋で鶴嶺峰常光というしこ名で15年間お相撲さんをやっていたそうな。

R0014289.JPG
「濱の大横綱」(つけ麺で700g)を食する方へのお願い。

R0014292.JPG
「〜お客様へ〜」

つけ麺→極太麺、らー麺→太麺、和みらー麺→細麺

提供順番が前後してしまう場合あり。

そして待つことしばし、「鶴嶺峰らー麺 幕内(並)」完成でーす♪
R0014256.JPG

R0014262.JPG
提供はカウンター越しではなく、必ず通路を通って後ろからという礼儀正しい丁寧なオペレーション。

湯切りはちと甘めかな^^;

器は、濃厚豚骨魚介つけ麺専門店で大変良く見る柄のもの。

ミトコンドリア柄とかw

具は、きざみネギ、みじん切り玉ねぎ、ほうれん草、かまぼこ、豚肉、肉団子。
R0014265.JPG

R0014281.JPG
スープは茶濁で、とろ〜り高粘度。

「動物系のダシ、魚介系のダシを長時間煮込」んだとの事で、流行系まっしぐらの豚骨魚介系。

食材や製法を聞くといわゆる「またお前もか系」に分類されそうですが、印象はだいぶ異なります。

まず押し付けがましい甘さが無く、魚介もナチュラルに作用。

かなり濃厚なのに野暮ったい重さは微塵もなく、雑味ゼロ。 怒涛のコクがありながら、後口はスッキリ。 なのに余韻がいつまでも続くとか。 これ凄いな!ヤバ美味いっす!

R0014273.JPG
麺は、「くり山」の太ストレートタイプ。

食感・風味共に抜群に良く、スゴ旨なスープとの相乗効果でグイグイ食べさせるパワーがあります。

R0014278.JPG
具の豚しゃぶ肉、軟骨入り特製肉団子は、相撲部屋のクッキング・レシピを応用したもの。

「眠りチャーシュー」が入らないのはちと残念ですが、豚しゃぶも肉団子もスープにガチに合っていてめっさ美味しい!


行列も納得のハイレベルな一杯で満足の完食!遠くから来た甲斐がありました!つけ麺も気になるし、近くまで来る機会があればまた来よう!ごちそうさま!

らー麺土俵 鶴嶺峰 (450/'12)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック