2012年12月9日、御茶ノ水の新店「旭川らーめん 味乃やまびこ 嶋」へ。
R0013674.JPG
2012年12月5日オープン。場所は、閉店した麺処 三四郎の跡地。この日、ポロロ@高田馬場→無鉄砲・うえだコラボ@沼袋→喜神@新桜台と周って来て、こちらで4軒目とか^^;

R0013729.JPG
実は、オープン初日の12/5夜に伺ってます。

その時は既にシャッターがクローズ、「スープ切れ終了」の貼り紙を前にしてフラレ、あえなく撃沈(@_@;)

後で営業時間を確認した所、100食以上準備してもお昼で売り切れる日が日が続いているとか。

スタッフが慣れていないと言うこともあり、ずっと15:00で店を閉めているそうです。

もうしばらくして落ち着いたら、夜営業も考えるそうな。

R0013731.JPG
店名は、「味乃やまびこ 嶋」。

旭川に本店、市内に支店、神奈川にも支店のある「味乃やまびこ」の系列店。

「味乃やまびこ」は旭川の老舗製麺所「加藤ラーメン」の直営店。

なので、こちらでも麺は加藤ラーメンから取り寄せ。

店主さんは東京出身の方で、旭川の「味乃やまびこ」で修行後こちらで開業。

「味乃やまびこ」の大将が本店から駆けつけていて、現在も付きっ切りで店主を指導中w

契約的には、「味乃やまびこ」のFCだそうです。

以上を「味乃やまびこ」店主さんからお聞きしました^^;

入店すると、まず券売機で食券購入です。
R0013680.JPG
主なメニューは熟成正油らーめん700円、こくうま熟成正油らーめん800円、他。ヤッホーセットいくら(ラーメン+ミニいくら丼)・ヤッホーセット豚(ラーメン+ミニ豚丼)は準備中。オーダーは、いつもの様に券売機先頭左端でw

R0013689.JPG
店内は、厨房を囲む凹字型カウンター12席。

14:00頃入店で先客0、後客4。

スタッフは4名で、店主さんと女将さんかな?それから味乃やまびこの総大将とサポートの方。

BGMは、J-Popをカバーした洋楽女性ボーカル。

厨房には巨大な寸胴が鎮座していて、期待が持てそう!

箸は割り箸。卓上調味料は、GABANのホワイトペッパー。

R0013686.JPG
卓上にはこだわりをパウチした薀蓄シートが置かれています。

麺は加藤ラーメン。

スープは豚骨ベースに魚介、野菜。

熟成正油ダレは旭川より生醤油を空輸。

「こくうま」メニューは、特A級の背脂をプラス。

そして待つことしばし、「熟成正油らーめん」完成でーす♪
R0013692.JPG

R0013698.JPG
落ち着いた印象の黒い丼で登場。

具は、きざみネギ、メンマ、チャーシュー。
R0013701.JPG
メンマはいたって平凡。チャーシューはでっかいですが、ややボソボソした食感。まあ普通に旨し。

R0013713.JPG
スープは、さらりとしたタイプの豚骨醤油味。

旭川ラーメンらしく、ビシッと魚介も効いています。

ややタレが立った印象でメリハリのついた味わい。

旭川ラーメンの名店青葉や蜂屋のような強烈な個性はありませんが、万人向けな味わいで食べ易くなかなか美味しいです。

R0013708.JPG
麺は加藤製麺の中細縮れタイプ。

定評のある老舗製麺所の麺だけにさすがにいい味わい。

風味よく、シコシコとしたコシのある食感もいいですね。

つけ麺から始まってこの日4杯目だけにさすがに苦しく、途中ギブしようかどうか迷ってるところ、本店の大将いわく「来年中旬頃からいくら丼のセットを始めます。今試作中なので良かったら食べてみて下さい」とか(;・∀・)アセ

というわけで「ミニいくら丼」のさらにマイクロバージョン登場!
R0013716.JPG

R0013724.JPG
提供の折は「熟成正油らーめん」とのセットで、予価980円。

本番ではご飯もいくらも、もう少し増量される予定。

北海道いくら(産地失念^^;)を贅沢に使用。

いくらの味わい深いタレと弾ける食感が美味!

これメチャ美味!

何と言っても「いくら丼」が最高に美味しかったです^^; 背脂入りという「こくうま熟成正油らーめん」も気になります。ごちそうさま!

旭川らーめん 味乃やまびこ 嶋 (442/'12)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック