2012年12月8日、高田馬場の新店「つけ麺 ポロロ」へ。
R0013544.JPG
2012年12月7日オープン。場所は、移転した味一の跡地。ですが、内外装共にフルリフォームしてあり、前店の面影はありません。食後スタッフの方に聞きましたが、他業種のラーメン初進出店だそうです。

R0013464.JPG
11時開店の5分前に到着。

一番海苔〜w

オープンまでに後続のシャッター2名。

店頭には開店祝花いっぱい。

ラーメン関係からの花は見当たらず。

定刻に開店。入店すると、まず券売機で食券購入です。
R0013474.JPG

R0013532.JPG
主なメニューは、
つけ麺 並盛(250g)850円、中盛(350g)950円、大盛(450g)1050円、レディース(200g)850円、
他。

「レディース」は、自家製野菜ジュース、小鉢、レディース専用チャーシュー、秘密の玉子が載った健康&ヘルシーにこだわった女性専用つけ麺だとか。

オーダーは、券売機先頭左端の「つけ麺 並盛」にしました。

ってか、「レディス」つけ麺が面白そうと思ったのですが、「女性専用」ということで注文は自重。

しかし、食後スタッフの方に聞いたら、「男性で注文いただいてもOKですよ」との事。

な〜んだ!チョッピリ惜しい!(;´∀`)

R0013479.JPG
店内は、厨房を囲むL字型カウンター9席。

開店時3名入店で、さらに後客5名。

スタッフは全員男性で、厨房2名、ホール担当1名、外で呼び込み1名。

BGMは、Jazz。

卓上には「拘りのポイントをピックアップ!!」というプレート設置。こだわりその1は女性専用つけ麺の用意。その2は「思わずブログに載せたくなる」という「秘密の玉子」。
R0013484.JPG
こだわりその3は、黄色い鳴門「ゆずナルト」。その4は、3種類の肉。ノーマルはバラ肉、レディス用は鳥胸肉、肉増し・特製には豚肩肉。

R0013487.JPG
麺の湯で時間は、固さふつうで12分、柔らか目だとなんと15分!

R0013491.JPG
卓上には、オレンジと緑のカラフルなランチョンマットが席ごとに交互に配置。

そしてメタリックな箸置きに、洗い箸がセッテイングされています。

卓上調味料は、GABANのホワイトペッパー、一味唐辛子。

そして待つことしばし、「つけ麺 普通(250g)」完成でーす♪
R0013497.JPG

R0013502.JPG
先に麺から登場。

少ししてつけ汁が提供されます。

つけ麺的に正しい提供順番なりw

麺皿の形状は、特徴的な水滴型。

R0013505.JPG
つけ汁には、レンゲ・海苔・魚粉がディスプレイされています。

麺皿の具は、ゆずナルト、チャーシュー、メンマ、きざみネギ、カットレモン。
R0013511.JPG
提供時「お好みでレモンを絞ってお召し上がり下さい」とアナウンスあり。

R0013514.JPG
麺は自家製麺。

平打ち極太で、まさにうどん状態。

R0013517.JPG
チャーシューはバラ肉が3枚。

メンマは材木型の太目ですが、かなり柔らか。

山口県から取り寄せたという「ゆずナルト」は、正直ゆず風味がほとんどしませんでした^^;

R0013520.JPG
麺リフトアップ。

ビジュアルはやっぱりうどんw

かなりの極太ですが、中までしっかりとゆでてあってゴワゴワ感やワシワシ食べる感じは無し。

普通に啜れます。

食べ易い良麺で、美味しいかも!

R0013523.JPG
スープはやや粘度高めな濃厚豚骨魚介。

いわゆる「またお前もか」系ですが、魚介が抑え目でバランスがいいですね。

ありがち系は途中で飽きることが多いですが、これは一味違う感じ。

ぶっちゃけ美味しいと思います。

R0013526.JPG
スープ割りは、卓上のポットからセルフで。

中には巨大なビーフジャーキー状の鰹節から直接出汁を摂っただけの、シンプルな鰹出汁。

素朴な味わいですが美味。

濃厚豚骨魚介つけ汁を鰹出汁で割ると、あっさり和風にシフト。

スープ割りまで堪能して、満足のフィニッシュ。やはりギミック満載の「レディス」つけ麺が気になります。ごちそうさま!

つけ麺 ポロロ (439/'12)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック