2012年12月5日、行徳の新店「ラーメン&Bar じぇんとる麺」へ。
R0013171.JPG
2012年12月3日大安にオープン。店主さんは、「麺処 まるわ CHINESE STYLE」で店長まで務められたそうです。有名店出身者が満を持してオープンさせた新店という事で、期待の訪問!

R0013173.JPG
店頭立て看板には、新規オープンの貼り紙掲示。

「こってりラーメン
 あっさりラーメン」
とか、超あっさりなチラシ^^;

これからメニューとか貼りだすのかな!?

R0013161.JPG
店頭には開店祝花いっぱい!

地雷源の鯉谷さん、らーめん 福たけの福田さん、

R0013164.JPG
らぁ麺三軒屋、

R0013167.JPG
麺処 道、他いろいろな所から。

R0013176.JPG
ブラックを基調にした店内は、まったくもってラーメン屋に見えない、ハイセンスでダンディズムを感じさせるインテリア。

厨房前にカウンター10席(5席・5席)、4人がけソファー卓x2、2人卓x2。

19:50頃入店で、先客1、後客5。

厨房には店主さんらしき方とスタッフの方、全員男性の3名体制。

皆さんお揃いの黒いスタッフTシャツ着用、バックプリントは「じぇんとる麺」。 それはいいのですが、フロントには「英国紳士(笑)」とか(^_^;)

R0013191.JPG
券売機はなく後会計制。

ラーメンメニューは、
ベジとんラーメン(しょうゆ・しお)680円、
あっさりしょうゆ(塩)680円、
TAN-TAN麺800円。

トッピングメニュー欄に餃子300円もw

R0013182.JPG
「ラーメンBar」と称するだけあって、おつまみメニューが豊富。

リーズナブルで簡易な品だけでなく、
エビチリ880円、
BLACKスブタ680円、
トンポーロー680円等々、
本格中華料理もラインナップ。

R0013188.JPG
ドリンクメニューもフル装備。

R0013185.JPG
夜の部は「ラーメンBar」的な営業ですが、もちろんラーメンだけでもOK。

というわけで、オーダーはメニュー先頭の「ベジとんラーメン(しょうゆ)」にしました。

R0013197.JPG
BGMは洋楽ポップス、クリスマスソングなど。

卓上、ピンク色の桜の花びら型の箸置きに、洗い箸があらかじめセットされています。

R0013200.JPG
店内中央壁面のオブジェ。

何故か壁から手!?(^^ゞ

R0013194.JPG
卓上調味料は、ラー油、酢、白胡椒、醤油。

そして待つことしばし、「ベジとんラーメン(しょうゆ)」完成でーす♪
R0013207.JPG

R0013209.JPG
スクリュー型というか変わった形の受皿に載って、白い丼で登場。

具は、海苔、きざみネギ、チャーシュー、千切りの謎の食材^^;
R0013216.JPG

R0013224.JPG スープは、とろ〜りとかなり高粘度の豚骨醤油味。

豚骨のエキスがたっぷりと凝縮されていて、おおこれ美味いっすね!

しかも、濃厚なのに脂っこさは皆無で、後口スッキリ。

「ベジとん」というネーミングからして、やはり野菜(ベジタブル)を使ってトロミを出しているのでしょうか?

だとすると、濃厚なのに重たくないという図式は、理解出来ます。

製法はどうあれ、こりゃいきなりレベル高いですね!美味しいです〜!

R0013221.JPG 麺は、京都の老舗製麺会社「麺屋 棣鄂」の物を使用。

シャキッとコシの強いストレート細麺。

かなり麺自体の主張が強い独特な食感で、合わせるスープが難しそう^^;

ですが、濃厚なベジとんスープとは好相性。

こってりスープと個性的な麺の組み合わせも面白く、美味しいです。

R0013231.JPG
さて、具の謎の食材。

食感といい形状といい、味が沁みたカイワレ大根のよう。

もしくは刺身のツマを柔らかくなるまで煮染めたものとか。

どちらにしても大根ですがw

で、もしや!?まさか??と思って聞いたところ、やっぱり!!

びっくり仰天、なんとこれはメンマでした! メンマを刺身のツマや切り干し大根のように細切りにして、柔らかく煮染めたものとか。 風味も異なるし、繊維感がまるで無いのでまさかとは思いましたが、やはりメンマとは!?

にしても、ここまで別な料理に仕立てる調理はご立派! 美味しいし一食の価値有りです!

「ベジとん」美味しくて、舐めるように完食w 他のメニューも気になるし、複数人で来てシェアするのが吉かも。まあ、また来よう!ごちそうさま!

ラーメン&Bar じぇんとる麺 (436/'12)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック