2012年11月21日大安、本日移転オープンの「うめもと(梅もと)」へ。
R0011771.JPG
昭和50年鬼子母神前にて創業。古民家を改装したような実に情緒のある店舗でしたが、2009年5月11日南池袋に移転。ですが、なんと2012年6月30日閉店!(驚)

昔からの梅もとを知るオールドラーメンファンは、あの梅もとが閉店と大変驚いたものですが、12月に雑司が谷で復活オープンとの噂も同時に流れて、ほっと胸を撫で下ろしたものでした。
そんな梅もとが本日復活オープン!嬉しくなって早速駆けつけました!

R0011720.JPG
場所は、つけ麺専門店 麦田の跡地。

駅から向かう途中には、やはり本日オープンの東京油組総本店、ちょい脇に逸れますが、池麺KINGKONG馳走麺 狸穴などがあります。

当初の噂とは正反対の場所ですが、何にしても復活は嬉しいところ!

ってか、屋号も「梅もと」→「うめもと」にリニューアル?

R0011705.JPG
店頭には、「山口や」の麺箱。

入店すると、まず券売機で食券購入です。
R0011726.JPG

R0011708.JPG 主なメニューは、ねぎ豚らーめん850円、支那そば800円、浜塩めん800円、つけめん700円、大将の野菜ラーメン(1玉〜3玉)800円、ぶかっけつけめん(温・冷)(1玉〜3玉)800円。

つけめんALL700円の盛りは、以下の通り。
つけめん小盛(1玉)
つけめん中盛(1.5玉)
つけめん大盛(2玉)
つけめん地球盛(3玉)
つけめん銀河盛(4玉)
つけめん宇宙盛(5玉)
つけめんビックバーン盛(7玉)
つけめんブラックホール盛(10玉)
つけめん獅子盛(15玉)
つけめん流星盛(20玉)
つけめんクレーター盛(25玉)

ただし、制限時間1時間、一人で食べること。

残すと、地球盛〜ブラックホール盛は700円、獅子盛以上は2000円のペナルティ^^;

オーダーは、昔懐かしい「ねぎ豚らーめん」と迷って、こちらも久々の「浜塩めん」にしました。


R0011712.JPG
店頭には、野菜らーめん5玉がディスプレイ。

クレーター盛25玉も飾ってありましたが、激しくピンボケぅ(><)

R0011734.JPG店内は、奥に長いL字型カウンター8席。

19:00頃入店で先客3、と思ったら、店頭アイテム撮影中にオヤジ3人組に先に入られた(-_-;)

ってことで先客6、後客2。

スタッフは、店主西村さんホール担当。

厨房に男性、カウンター内で配膳等が女性の担当。

注文を待つ間、店主さんとちょっとお話。

実は店主さん、がんが転移再発して、一時期療養生活に入られたそうです。 今夏症状が重かった時は、骨と皮だけの骸骨の様だったとか。 「ようやく元気になりました。」って、やっぱり以前と比べると痩せてるし、ちょっと辛そう。 なんてったって御年68歳だそうな!(驚) あまり無理しないで下さいね!^^;

R0011731.JPG

BGMは、クラシック。

箸は洗い箸でエコ対応。

卓上調味料は、ブラックペッパー、一味唐辛子。

そして待つことしばし、「浜塩めん」完成でーす♪
R0011740.JPG

R0011741.JPG
小さい受皿付きで登場。

具は、チャーシュー、はまぐり、きざみネギ、白ゴマ。
R0011749.JPG

R0011764.JPG
スープはさらりとした清湯塩味。

はまぐりの出汁が、上品に素朴に出ています。

なんとも優しく懐かしい味わい。

そう、これこれ!と思わず声に出そうな程、数年ぶりの再開。

いやあ、やっぱり美味しいなぁ!

R0011761.JPG
麺は、山口やのストレート中細タイプ。

口中にまとわりつくような独特の食感。

でも、以前とまったく変わっていないと思います。

ノスタルジックな味わいで、美味しいです!

R0011752.JPG
はまぐりは4コ入ってました!

昔と比べると粒が小さくなった気もしますが、記憶美化効果かも^^;

味は美味しくて、満足なり!w

久々に味わう「梅もと」のラーメンは、親父さんの ラーメンにかける情熱がヒシヒシと感じられた一杯でした!やっぱり「ねぎ豚らーめん」も食べたいっすね^^; ごちそうさま!

うめもと(梅もと) (416/'12)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック