2014年8月13日、神保町の新店「ラーメン 一代 神田神保町本店」へ。R0038604
2014年8月8日オープン。代々木駅そばにあって、二郎インスパイア系ラーメンで人気を博した「ラーメン 一代」が、2005年2月に閉店。そのお店が、神保町で復活オープン。

最近ガッツリ系は回避する事が多いですが、量も手頃でライトという評判を目にして、寄ってみることにw

R0038602 店の場所は、幡ヶ谷に移転した角中中華そば店の跡地

近くに神保町 二郎や用心棒もある、二郎インスパイア店にとっては、ガチに比較されるロケーション。

入店すると、まず券売機で食券購入です。
R0038547
主なメニューは、ラーメン700円、みそラーメン750円、まぜそば700円、台湾まぜそば800円、つけめん800円、にゃんこラーメン750円、にゃんこみそ780円、他。「にゃんこラーメン」って何!?^^;

オーダーは、事前情報により「台湾まぜそば」目当てでしたが、ボタンが見つからず。「スタミナ台湾まぜそば」は、なんか違う気がして回避。後ろにお客さんも来たので、ディフォの「ラーメン」で。後で画像を見たら2行目の5列目にありましたね。

全部のせ的な高額商品をでっかいボタンに配すると、注文したい商品が見つからず、結局基本メニューに落ち着くパターン(・ω・)

R0038594 無料トッピングは、アブラ・カラメ・ニンニク。

ただし、ニンニクは卓上にあるため、実質アブラ・カラメが受注対応。

コールは、食券を渡した時に聞かれます。

すべて普通で注文。

ちなみに、他店で無料扱いが多い有料アイテムは、追いめし+50円、辛み揚げ玉50円、ヤサイマシ+50円、等。

R0038556 店内は、壁に向かったカウンター8席、反対側の壁に向かった3席。

18:10頃到着で、先客無し、後客2。

スタッフは男性で、厨房1、ホール担当1。


R0038558 厨房前には、浅草開化楼の麺箱いっぱい。

R0038550 BGMは、FMラジオ放送。

箸は洗い箸で、エコ対応。

卓上調味料は、一味唐辛子、胡椒、タレはおそらく水餃子用、酢、ニンニク、カレーパウダー。

そして待つことしばし、「ラーメン」完成でーす♪
R0038563

R0038567 白い反丼型の丼で登場。

「ヤサイマシ」は+50円との事で、今回はマシなし。

なので、盛りはこじんまりとしていて、ガッツリ系には見えない普通なビジュアルw

具は、ヤサイ、チャーシュー。
R0038573
ヤサイはモヤシ:キャベツ:が、6:4位で、高キャベツ率。シャキシャキ食感でキャベツが多いこともあり、有料で増す価値はありそう。

R0038588 スープは、非乳化でシャバシャバの清湯醤油味。

表面に分厚い油の層があり、細かい背脂も浮いています。

あっさりとはとても言えない状態ですが、それでもかなりライトな味わい。

526あたりに、ちょい似かも。

アブラ増し・カラメにすると、丁度いいかもしれません。確かに、神保町 二郎や用心棒だとガッツリ過ぎですが、ちょっと二郎チックな気分の時には、フィットしそうです

R0038576 麺は、浅草開化楼の平打ち太麺。

食感は、まさに固めにゆで上げたきしめんといった感覚。

近くにある用心棒も開化楼の麺ですが、まるで別な麺を用意して、個性の違いを際立たせていますね。



R0038591 味にもう少しインパクトが欲しかったので、途中調味料を投入。

豚骨醤油味に一味唐辛子は鉄板の味ですが、カレーパウダーが意外な程に好相性!

まぜそば系用の味変ツールかも知れませんが、ラーメンにもジャストフィット!


ヤサイマシ有料のハンデも、一味・カレー粉が使い放題でリカバリなんとかリカバリ出来るかも(^_^;)
完食。そのうち「台湾まぜそば」も試してみましょう! ごちそうさま!

ラーメン 一代 神田神保町本店 (262/’14)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック