2014年8月8日R0037985本日オープンの新店「辛味噌 麺屋 赤岡」へ。
赤湯ラーメン龍上海の辛味噌ラーメンをインスパイアしたような一杯を提供する店。公式FBで見て龍上海チックなそのビジュアルが気になり、早速訪問w

R0037991 店の場所は、歌舞伎町のロボットレストランの並び。

麺工房わうの跡地。

入店すると、まず券売機で食券購入です。
R0037993

R0038010

主なメニューは、
辛味噌らーめん900円、赤岡らーめん850円、
辛味噌つけ麺900円、
冷やし赤岡らーめん900円(夏季限定)、
他。

場所柄か、やや高めの価格設定。

店名を冠したメニューは、「赤岡らーめん」。

しかも、「赤岡らーめん」の券売機ボタンには「辛味噌付き」の表記。

「辛味噌らーめん」と「赤岡らーめん」の違いは、辛味噌の量?

って事で、冠に店名のあるメニュー「赤岡らーめん」をポチリ。

大盛り無料でしたが、普通盛りで


一応確認したところ、「辛味噌らーめん」は文字通り「味噌味」、「赤岡らーめん」は醤油味だそうです!(驚)

アタタタと、「辛味噌」への変更が可能か確認。調理が進行していましたが、快く変更を受けていただきました。どうもありがとうございますm(_ _)m あ、差額は現金払いで。
R0038004
上画像は、カウンター掲示のメニュー。

店内は、厨房を囲むL字型カウンター11席。18:20頃入店で、先客3、後客4位。スタッフは厨房に男性2名、とっても可愛らしい感じの女性1名。

女性の方は最初全く気づかなかったのですが、以前新宿西口の某店と御徒町の某店で2度お会いしたことのある方!(驚)御徒町の時、こちらは官僚さんと一緒で、挨拶がてらしばしお話ししましたね!お久しぶりです!懐かしす~!w

R0037999 BGMは、ポップス。

箸は洗い箸でエコ対応。

卓上調味料は、GABANブラックペッパー、酢、ラー油。

壺の中身は、きゅうりのキューちゃん。

カウンターのメニュー立ての中には、スープ・麺・ちゃーしゅー・辛味噌の薀蓄。
R0037996

R0038005 厨房中央に、浅草開化楼の麺箱発見!

大盛り無料で、大抵の方が大盛りを注文するので、毎回麺を計量後にテボに投入。

そして待つことしばし、「辛味噌ラーメン」完成でーす♪
R0038011

R0038017 内側に店名入りの、白に赤がアクセントの反丼で登場。

具は、海苔、きざみネギ、メンマ、チャーシュー、辛味噌、なると、青海苔粉がぱらりと振りかけられています。
R0038028
海苔以外のビジュアルは、とりあえず「赤湯からみそらーめん」似w

R0038040 スープは、さらりとした清湯味噌味。

味は、龍上海とは別物ですね~。

出汁感が弱くて味噌だれも薄味、ですが油脂多めで、油でコクを出すシフト。

これはこれで、ライトチューンな味噌ラーメンとして食べ易いのですが、赤湯みそらーめんと比べちゃうと、物足りない感じ。

R0038034 麺は、浅草開化楼製の平打ち極太縮れタイプ。

モッチモチの食感で、しっかりとしたコシがあり、食べ応え感抜群の麺です。

麺単体でも美味しい!

R0038044 注目の辛味噌ですが、ニンニクがバッチリ効いて、溶かすと一気にジャンク度が増します。

ただ、全部溶かしても、あまり辛くならないのはやや肩透かし。

もっとスパイシーで辛い方が、モアベターです!

チャーシューは、大判のバラチャーシューど~んと1枚。ですが、あきらかに切り置きと分かる風味で、気になる人もいるかも。

完食。薀蓄にもどこにも、龍上海や赤湯からみそらーめんの事は書いていませんし、ビジュアル以外は似てないので、別物として楽しんだ方が良さそうです。

スタッフのお姉さんが、とても可愛くて優しいので、その娘に会うために行く価値大かと! 夏季限定「冷やし赤岡らーめん」が気になります!ごちそうさま!

辛味噌 麺屋 赤岡 (254/’14)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック