2014年6月7日、経堂の新店「らーめんや やしげる」へ。R0033227
2014年5月27日オープン。鳥居式らーめん塾卒業後、魚魚@立川で修行された方のお店。実食済みの知り合いのレポの評価も軒並み高く、気になっての訪問w

R0033277 店の場所は、大阪へ移転のため2014年3月23日の営業をもって閉店したささりんどうの跡地。

入り口横にある鳥のマークにOPENと書かれた袖看板は、前店から引き継いでますねw

R0033229 入店すると、まず券売機で食券購入です。

主なメニューは、
焦がし煮干しらぁめん800円、
醬油らぁめん750円、
塩らぁめん750円(訪問時X表示)、
替え玉100円(平打ち。ストレート)、
他。

「やしげる割り」450円は、焼酎の煮干しスープ割りとか!?(^_^;)

イチ推し麺は、魚魚直伝の「焦がし煮干らぁめん」。というわけで、ディフォのそちらをチョイス。
R0033240

R0033244 店内は厨房を囲むL字型カウンター8席。

11:50頃到着で先客1後客1。

厨房には店主さん、一人で店を切り盛り。

ってか、大きめのメガネといい、背格好や雰囲気とか、どことなくマタドの岩立さん似(^_^;)

R0033243 カウンター後ろの壁面には、立川トトホンテン店主からの「焦がし煮干し製法 免許皆伝」の証明証?掲示w

ってか、店主さんは今泉さんって方で、店名の謎が多分解明w

今泉さんの店→「今泉屋」→長いので「泉屋」→「泉屋」と言えば「泉谷しげる」→略して「やしげる」?どうでしょうか?(;^ω^)


R0033234 BGMはポップス。

箸は洗い箸でエコ対応。

卓上調味料は、白胡椒。

そして待つことしばし、「焦がし煮干しらぁめん」完成でーす♪
R0033247

R0033255 シンプルな白い玉丼型の丼で登場。

っていうか、丼も箸もささりんどうの時と一緒のもの。

なので、もしかしたら、譲り受けたのかな?

具は、ほうれん草、メンマ、玉ねぎ、チャーシュー。
R0033256

R0033271 スープは、少しだけとろみのある白湯醤油味。

中華鍋で焦がしたジューと言わせて焦がしたタイプで、香ばしさ満点。

香味油がやや多めで若干オイリー。

魚魚の「焦がし煮干しらぁめん」は未食ですが、煮干し出汁の感じはまさに魚魚のらぁめんそのものといった風情。

なんとも後引く旨さがあって、美味しい!

R0033267

麺は鳥居塾出身ってことで、大成食品製の中細やや縮れタイプ。

替え玉は、平打ち、ストレートの2種類から選べるようですが、ディフォはストレートタイプかな?

加水低めでシャキッとした食感の麺で、こってり目なスープとも良く合っていて美味しい!


具では、多めに入った玉ねぎが油感を緩和してくれていい感じ。ただ、大きめの粗みじんなので、もうちょい細かい方がモアベター^^;メンマは麺より細いカット、シャキシャキ食感で美味。チャーシューは、たまたまでしょうけど筋が多くて食べにくかったかも。

美味しく完食!他のメニューも気になります。ごちそうさま!

らーめんや やしげる (178/’14)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック