2014年5月31日、渋谷の新店「まぜそば 七」へ。R0032710
2014年5月20日オープン。渋谷のガード下にあった「油そば 大黒屋」が、道路拡幅工事に伴う立ち退きのため閉店。以前の場所から徒歩2分の桜丘町に移転。

移転前のお店には一度訪問するも臨休でフラれて以降行かず仕舞いでした。って事で、でこ@新丸子の後、一軒食べて、西小山の新店でフラれた後に、この日3軒目に訪問(^_^;)

R0032707 こちらは、5月20日にいったんオープンしましたが、自分の出したい味が出せていないということで、5月22日から5月29日まで調整のためクローズ。

5月30日に再開オープン。

ってことで、訪問はリ・オープン2日目。

店名も当初「黒辛中華そば 七」と伝えられていましたが、「まぜそば 七」に落ち着いた模様。

シンプルイズベストw

左画像は、前の店舗入口掲示の案内文。



R0032704 旧店舗から新店舗への経路を引いた地図もありました。

R0032764 で、店の場所はMUSIC LANDO KEYの裏。

亜寿加桜ん坊櫻坂もすぐ近く。

R0032763移転前は特に間口の狭いこじんまりとした店舗だったので、似たような店を探してましたが、なかなか見つからず。

というのも、移転後はかなりデッカイ建物になって、やっと見つけたら、おお、これかぁ!とかなりビックリ!

立退き効果!?(;^ω^)

入店すると、まず券売機で食券購入です。
R0032719

主なメニューは、まぜそば720円、辛まぜそば780円、卵かけご飯200円、炭火焼きチャーシューごはん250円、他。
R0032716
移転オープン直後は、最近都内で流行の「台湾まぜそば」専門店としてスタートしましたが、味に納得行かないと原点回帰で移転前の味を踏襲する路線に変更。って事で、「台湾まぜそば」は残念ながらメニュー落ち、

R0032720並盛・大盛同料金。

麺量は並盛200g、大盛300g。

オーダーは、「黒辛中華そば 七」という幻の屋号から、辛い系がウリなのかと思い、「辛まぜそば」にしました。

R0032725 店内は、厨房前にカウンター5席。

仕切りが高く前が見えず、対面する人が気にならないコの字型カウンター8席。

14:10頃入店で、先客8、後客4。

スタッフは厨房に男性3、ホール担当女性1。

R0032728 BGMはR&B的な。

箸は割り箸。

卓上調味料は、酢、ラー油、S&Bブラックペッパー。

卓上薬味は、きざみ玉ねぎ、おろしニンニク。

そして待つことしばし、「辛まぜそば」完成でーす♪
R0032731

R0032737白い シンプルな高台型の丼で登場。

具は、笹切りネギ、チャーシュー、メンマ。チャーシューは炭火焼きで、風味がとても香ばしく美味!
R0032743

R0032746丼の底に、濃い目の醤油ダレが沈んでいます。

R0032749 麺は、太縮れタイプ。

かなりの固ゆででゴワゴワした食感。

ワシワシと頬張る感じでいただくタイプ。

固ゆで好きには堪らない潔いガチな固茹でっぷりですが、もう少し時間をかけて茹でたほうが、もっと麺の美味しさが引き立つ気がします。

R0032755 全体をよ~くマゼマゼ。

まぜそば系は、混ぜれば混ぜるほど、全体に味がよく馴染んでより一層美味しくなるので、念入りに混ぜ込みますw

R0032758 「辛まぜ」ですが、辛さはピリ辛程度。

痺れはありません。

炭火焼きチャーシューの香りがタレに移って、香ばしさ満点です。

麺の固さがやや気になりますが、醤油系まぜそばとしてはレベルの高い味わい、美味しい!

ゆで前200gと並盛りでもそれなりに量がありますが、美味しく完食!幻の「台湾まぜそば」も、ブラッシュアップ後の再リリースを期待します!ごちそうさま!

まぜそば 七 (171/’14)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック