2014年3月21日、上町の新店「麺屋 ねこぜ」へ。R0028846
2014年3月1日オープン。アブラーめん@下北沢が結構良かったので、同じ世田谷区で、やはり油そばがウリの新店であるこちらにも寄ってみることにw この後のろし 函館@浅草橋にも立ち寄ったので、この日2/3軒目です(笑)

R0028840 店の場所は、世田谷線上町駅徒歩12分ほどの世田谷通り沿い。

油王の跡地。

経堂から18分、豪徳寺から25分ほど。

どの駅からも距離がありますが、ワタシは腹ごなしの散歩がてら、豪徳寺から歩いてみました(^_^;)

R0028798入店すると、まず券売機で食券購入です。

主なメニューは、
油そば500円、
油そば 黒650円、
油そば 赤650円、
らーめん750円、
他。 

R0028804油そば系は割安感があり、ラーメンは高め。

と思ったら、オープンから3月末での1ヶ月間、油そばメニューは100円引き。

という事で、上記は100円引き後の価格。

オーダーは、いつもの癖で券売機先頭左端の「油そば」にしました。

R0028801店内は、厨房を囲むL字型カウンター10席。

12:10頃入店でちょうど店内満席、中待ちの一人目に^^;

厨房には店主さんかな?小柄な男性が一人で店を切り盛り。

と思ったら、食べ終える頃にガッシリ型の男性スタッフが外出から戻って、どちらの方が店主さんか不明^^;

程なくして着席。後客8。

R0028808カウンター上の黒板!?には、メニュー説明。

「スパイスの刺激がくせになるちょっぴり大人向けの黒」
「トマトソースの甘味と酸味 ハーブの香りがくせになる赤」

へぇー、「赤」は辛いんじゃなくてトマトの赤なんですねぇ~!

さっき辛い油そばを食べたので非辛の油そばにしようと思ったのですが、トマトベースならそちらがイイかも!

というわけで、変更可否を確認したらまだ大丈夫とのことで、差額を支払ってオーダー変更^^;
R0028810

R0028813BGMはポップス。

箸は割り箸。

卓上調味料は、自家製らー油、酢、胡椒、壺の中身は揚げ一味、魚粉に見えた粉末はすり胡麻かな?

そして待つことしばし、「油そば 赤」完成でーす♪
R0028816

R0028822 背の低くて開口部の広い、混ぜやすい玉丼で登場。

具は、カイワレ、きざみ白・青ネギ、ミートソース、トマトソース、ほぐし豚、ほうれん草、他。
R0028828

R0028836 麺はストレートの太麺。

油そばはこうじゃなくっちゃ的な、モチモチタイプ。

麺単体でも美味しくて、たtrを絡めて油そばとしても、調味料で味変しても美味しくいただけそう。

R0028837それではと、 全体をよ~く混ぜ混ぜw

甘酸っぱいトマトソースの味わいと、バジルかな?ハーブの香りが個性的でイタリアンテイストを醸し出しています。

パスタチックですが、意外性があってとっても美味しい!

こうなると、タバスコやパルメザンチーズ、オリーブオイルなんかも合いそうで、欲しくなっちゃったりもします(^_^;)

かなり美味しく完食!「油そば 赤」は、ナポリタンとミートソースの合いの子のような楽しく美味しいメニューでした。最後に多めの具とソースが余るので、お腹に余裕があれば、半ライス注文で飯割りも美味しそうです。

こうなると「油そば 黒」も気になります。ごちそうさま!

麺屋 ねこぜ (90/’14)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック