2014年3月21日仏滅^^; 本日オープンの新店「麺屋 のろし NOROSHI [函館]」へR0028852。 
北海道函館市に本店のある「麺屋 狼煙 NOROSHI」の東京進出店。やはり本日オープンのアブラーめん@下北沢の後、さらに一軒寄ってこの日三軒目に訪問w

R0028919本店は、「狼系」(豚骨)/こってり、「煙系」(鶏ガラ)/あっさりの2種類のスープから選ぶ方式で、合せて「狼煙」とか。

R0028922 店の場所は、なんとあのくろ喜の2軒隣。

弁当屋さんの跡地^^;

14:00頃到着で、店内満席中待ち2、外待ち1。

ちなみにくろ喜は、紫くろ喜としての営業で、10名強の列びでした。



順番が来て店内へ。入店すると、まず券売機で食券購入です。が、この日は券売機故障とかで、手動先会計方式。
R0028873

R0028864

主なメニューは、
味噌らーめん850円、
特製味噌らーめん1050円、
辛味噌900円、
塩らーめん750円、 他。

味噌らーめん850円、特製味噌らーめん1050円とは、なかなか強気な価格設定。

函館というと塩らーめんというイメージがありますし、本店は塩推しみたいですが、こちらは味噌がフロントロー。

R0028861

特別御招待券ってのは近隣に関係者向けかな?

オーダーは、券売機先頭左端の「味噌らーめん」にしました。

R0028870 いくら丼1400円ってのもラインナップ(^_^;)

ウマそうだけど高嶺の花(´・ω・`)

R0028867 ってか、オープン記念サービスで、ニラぶっかけ丼、または、いくらミニ丼が無料!(喜)

3月21日~23日までの3日間限定サービスだそうです!

R0028858 サービス品を聞かれたので、「いくらミニ丼」をチョイス。

北海道釧路産のいくら使用だそうです。

お客さんの殆どが、いくら丼を注文してました。

R0028877店内は厨房を囲むL字型カウンター10席、4人卓x1。

スタッフは全員男性絵、厨房3、ホール1。

ワタシの後4名様ほど入店で昼の部売切終了。

麺やスープではなくてご飯がなくなったみたい。

危なかったっす(^_^;) 

R0028881 BGMはJAZZ。

箸は割り箸。

卓上調味料は、一味唐辛子、胡椒。

そして待つことしばし、「味噌らーめん」&オープン記念サービス「いくらミニ丼」完成でーす♪
R0028883

R0028888ラーメン丼はいびつな歪み系のデザイン性の高い器で登場。

具は、糸唐辛子、笹切白ネギ、生姜、チャーシュー、きざみ青ネギ、炒め野菜(モヤシ・玉葱・きくらげ・ひき肉)。
R0028894

いくら丼も続いてすぐに登場。
R0028899

R0028916 いくら丼などで使用しているコメは、北海道知内町のふっくりんこという銘柄だそうです。

R0028906 スープは、ややとろみのあるこれぞ味噌らーめん的なスープ。

中華鍋で野菜を炒め煮して仕上げる、伝統的なサッポロ味噌ラーメンの調理スタイル。

純すみ系ほど熱々でもオイリーでもありませんが、サッポロな雰囲気満点。

オリジナリティや目新しさはありませんが、オーソドックスかつスタンダードな味噌ラーメンで、美味しい!


R0028903 麺はサッポロ味噌らーめんらしい、かんすいの効いた黄色の中細縮れタイプ。

サクサクな食感がイイですね。

スープにひたして生姜を絡めていただくと、ウマウマっす!



R0028914 サービスの「いくらミニ丼」。

新鮮ないくらの甘くてぷちぷちな食感がなんとも絶品!

ご飯がとってもススムくんw

味噌らーめんは良くあるタイプで間違いのない旨さ、いくら丼は最高でした!函館って事で、やはり「塩」が気になります。ごちそうさま!

麺屋 のろし NOROSHI [函館] (91/’14)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック