2014年3月19日、本日オープンの新店「麺屋7.5Hz 新橋店」へ。R0028601
大阪で支店展開している高井田系中華そばの有名店による関東発進出店。 系列店にはFC店もあるようですが、新橋店は本店直営とか。

3/17から 17:00開始限定50食でプレオープンしてたみたいですが、とても間に合わないと判断して本オープンを待ってました。 GOP初日に早速訪問w

R0028546店名の「7.5Hz」は、産まれた時の赤ちゃんの脳波の波長だそうです。

悩みも苦しみもない平穏な世界が7.5Hzだとか。

なるほどへぇぇ~~~(^_^;) 

R002853618:30頃到着、店内満席中待ち2名、外待ち2名。
列びは意外と少なく、ホッと一安心。

待ちが多くなると、メグジ方式に行列を折り返すらしく、これは結構窮屈かも(^_^;)

待ってるとsoちゃん登場、続いてふらわさん到着、さらにFBの友達発見w

注目店だけあって、さすがに知り合い続々^^;

R0028540 店の場所は、JR日比谷口出てSL広場を抜けて真っ直ぐ伸びる道沿い。

一心亭の先でバリ男の並びちょい先。

駅からの距離で言うと、虎ノ門<内幸町<新橋の純。

店舗横には巨大な「ど醤油太麺中華そば」の看板。
R0028606

R0028535 店頭には開店祝花いっぱい。

ラーメン関係だと、我武者羅とドルフィンさんとこから。


R0028544 暖簾には『大阪高井田式』の文字。

関東では「XX系」と言うところ、関西では「XX式」と言うのかな?

順番が来て店内へ。入店するとまず券売機で食券購入です。
R0028548 
主なメニューは、中華そば 小盛530円、中盛630円、大盛730円、他。

小盛は、1玉140g、中盛1.5玉、大盛2玉だそうです。小盛≒一般のラーメン店の普通盛り相当ですね。って事で、オーダーは「中華そば 小盛」にしました。ってか、本店よりちょっぴり値上げしたみたいですが、今どきの新店にしてはあっぱれな激安っぷり!

R0028560

店内各所に、太麺のためゆで時間がかかる旨の掲示あり。

R0028595 店内は、厨房を囲む変形L字型カウンター15席。

後客パラパラとほぼ常時満席をキープ。

ってか、ワタシたちが食べ終えて外へ出てまもなく「材料切れにより閉店」の貼り紙掲示。

来るのが後30分遅かったら、危なかったっす(^^ゞ


スタッフは男性3名。帰る客へかける言葉は「おおきに」w



卓上メニュー立てには、横書きの「おしながき」。
R0028551

「おしながき」裏は、店主ごあいさつ。公式HPにテキスト版が掲載されていますが、こちらは直筆のコピー版。
R0028554

R0028559 BGMはJ-Pop。

箸は割り箸。

卓上調味料は、白胡椒。

まずはふらわさんの「中華そば 中盛」。比較用参考画像ですw
R0028561

そして待つことしばし、「中華そば 小盛」完成でーす♪ 上の画像と比較すると、明らかに麺の量が違いますねw
R0028564

R0028570 大阪と一緒で、受皿つきの丼で登場。

具は、九条ねぎ、メンマ、チャーシュー。
R0028573 

R0028588 スープは、鶏ガラベースの清湯醤油味。

和風だしが下支えしてる感じ。

濃い醤油色のスープですが、見た目通りのタレが濃い味付け。

富山ブラックかがんこの悪魔か的なタレの濃さですが、これが何故か後引く旨さ。

ちょっぴり化調も効いてますが、さほど気にならないレベル

クドくなくさっぱりとしたところもあり、辞められない止まらない味わい。美味しい!

R0028585 麺はうどんと見紛いそうなストレートの極太タイプ。

実際食感も限りなくうどんに近似。

タレが立った濃い味付けのスープにモチモチ食感の太麺がベストマッチ。

なんともハマる組合せで、美味しい!

R0028579 具ではざく切りでたっぷりトッピングされた九条ねぎウマウマ!

甘辛なシャキシャキメンマも美味。

チャーシューは、2種類かな?デフォでも多めで食べ応えがあります。 

普段ほとんど使わない胡椒を今回後半に少量使用。このラーメンには、胡椒もかなり合いますね!美味しく完食!大阪で食べてるふらわさんは、麺もスープも大阪と同じと感心してました。

しばらくしたら朝ラーも始める予定だそうで、そちらも楽しみ!ごちそうさま!

麺屋7.5Hz 新橋店 (86/’14)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック