2013年8月13日、笹塚の新店「横浜地獄らーめん 青山屋」へ。
R0012038.JPG
2013年8月11日オープン。横浜に本店のある「地獄ラーメン 高屋」の系列店。「地獄らーめん」というネーミングが気になって、オープン後最初の平日に行こうととしましたが、悪天候で電車のダイヤが大乱れとか。大事を取って回避して、翌日リトライ成功w

R0012030.JPG
店の場所は、笹塚駅から徒歩6〜7分の甲州街道沿い。

R0012028.JPG
店頭には、お店の紹介掲示。

『横浜地獄らーめん 青山屋とは・・・

当店独自の自家製辛味噌ベースのタレの上に、葱がのるらーめんです。

当店のこだわりをどうぞご堪能ください。』

R0012019.JPG地獄、らーめんの辛さは6段階から指定可能。

初級>辛さ控えめ
中級>ピリ辛
上級>大辛
極上1>大辛+特製唐辛子
極上2>極上1+秘伝の唐辛子
極上3>極上2+究極の唐辛子

入店すると、まず券売機で食券購入です。
R0011969.JPG

R0012023.JPG主なメニューは、
地獄らーめん初級・中級・上級800円、極上1・2・3 900円、
地獄つけめん初級・中級・上級900円、極上1・2・3 1000円、
醤油らーめん600円、味噌らーめん700円、塩らーめん700円、
味噌つけ麺800円、ピリ辛味噌つけ麺900円、
他。

麺大盛り(1.5玉)無料。

「地獄らーめん」がウリですが、辛くないらーめんもラインナップ。

オーダーは、当然最辛の「地獄らーめん 極上3」にしましたw

R0011978.JPG
8月11日〜13日までの3日間、オープニングサービスとして、チラシ持参でトッピングサービスあり。

カウンター端っこにチラシが積んであったので、使えますか?と聞いたところOKでした。ラッキー!

R0012022.JPG店内は、厨房前にカウンター9席、厨房と反対側の壁に向かったカウンター5席、4人卓x1。

20:00頃入店で、先客4、後客4。

スタッフは全員男性で3名。

BGMは無し。


R0011974.JPG卓上調味料は、おろしニンニク、豆板醤、酢、GABANのブラック・ペッパー、


R0011983.JPG
手前の容器には揚げネギ。

R0011984.JPG
厨房には、長多屋製麺の麺箱。



そして待つことしばし、「地獄らーめん 極上3」完成でーす♪
R0011987.JPG

R0012001.JPG
一見普通の丼ですが、内側に店名ロゴ入りの特注丼で登場。

具は、海苔、糸唐辛子、たっぷりの白髪ネギ、チャーシュー、ワカメ、半熟玉子はオープニングサービスクーポンでゲット。
R0011995.JPG

R0012013.JPG
スープはとろみのある濃厚な辛味噌味。

お店最高ランクの辛さですが、中本の北極ラーメンアンダーな辛さ度。

ですが、想像よりは辛くてなかなかいい感じ。

ベースのスープも結構濃厚な豚骨で、かなりしっかりとしたコクがあります。

ホォと思うくらい濃密な味わいで、こりゃ美味しい!

R0012004.JPG
麺は長多屋製麺所のストレート中太タイプ。

もっちりとした食感で食べ応え抜群。

濃厚辛味噌スープをガッチリと受け止めて、バランス良く旨いです。

R0012016.JPG
たっぷりのネギがシャキシャキと食感・風味ともに良く、辛味噌スープを引き立てます。

チャーシューも旨し。

玉子は味玉ではなく半熟玉子のようですが、辛スープの箸休めにはむしろ好相性。

思ってたよりいいバランスで、美味しくいただきました。「地獄つけめん」の「極上3」とか気になります。ごちそうさま!

横浜地獄らーめん 青山屋 (293/'13)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック