2012年5月19日、柏の新店「知味笑龍 深澤ラーメン」にやって来ました。
RIMG0679.JPG
2012年5月8日オープン。この日は午前中柏で用事があり、所用を済ませてランチへ。幾つかの候補から、気になっていたこちらへGO!

RIMG0685.JPG
店主さんは、柏の中華料理の人気店「知味斎」出身。

今回、同じ柏で予約が困難な名店「文菜華」の天才オーナシェフ渡辺展久氏プロデュースにより、「知味笑龍 深澤ラーメン」をオープン。

店名の冠は、「知味笑龍(ちみしょうりゅう)」。決して「知味朦朧」ではありません!(爆)

サブタイトル(?)は、「昔ながらの手打ち麺」。


この日は、珍しく車で移動。店には駐車場はありませんが、周りにコインパーキングいっぱいあります。この辺は、30分100円と安いですね〜!中でもスーパーBig-Aの駐車場は、30分無料とお得(ただし以降は30分150円だったかな!?)利用時は、Big-Aで買い物しましょうw ※5/28追記 店頭2~3台駐車可能ですm(_ _)m

11:30開店の5分前に到着。シャッター待ち3名。ってか、先頭2名に後から来た3名が合流して、先待ち6名(´・ω・`)

RIMG0640.JPG
定刻に開店〜!

店内は、カウンター6席、6人卓x1、小上がり6人卓x2。

開店直後から後客続々で、あっという間に満席。更に席待ち9名。早くも人気店なんですね〜!

スタッフは、店主さんと他に男性2名・女性1名。

BGMは、ジャズ。

店主さん曰く、「先程連絡があり、13:00頃から柏で断水するそうです。出来るだけ水を汲み置きしましたが、どこまでも持つかわかりません」との事。浄水場で基準値を超えるホルムアルデヒドが検出された影響ですね。飲食店は死活問題(・.・;)

券売機は無く、後会計制。
RIMG0634.JPG

RIMG0682.JPG
メインメニューは、「知味伝統の醤油ダレ」と「中国五千年の鶏ガラ塩味」の2ラインナップ。

さらに縦軸が、「昔ながらの名物麺」・「季節野菜」・「肉」・「冷」・「飯」のマトリクス。

「知味伝統の醤油ダレ」の方は、深澤ラーメン600円、五目広東麺750円、チャーシューメン750円、タンタンメン仕立ての冷たい和えそば700円、五目野菜の中華丼700円。

「中国五千年の鶏ガラ塩味」の方は、笑龍海老ワンタンメン600円、野菜タンメン750円、蒸し鶏のピリ辛メン750円、酸っぱ辛い冷たいスープ麺700円、五目チャーハン700円。

冷やしが通年メニューというのも、中華出身ならでは。

オーダーは、基本中の基本メニュー「深澤ラーメン」にしました。

サイドメニューも充実の品揃え。
RIMG0637.JPG

RIMG0643.JPG
お冷のコップは、シャレたデザイングラス。

RIMG0649.JPG
卓上には、「五目野菜の中華丼」と「棒々鶏」のメニュー写真。

RIMG0646.JPG
なんか凄いマクロ撮影で、カメラマンにヲタの臭いを感じるのですが(;^ω^)

そして待つことしばし、「深澤ラーメン」完成でーす♪
RIMG0655.JPG

RIMG0664.JPG
中華料理ベースのメニュー構成ですが、器は和食器タイプ。

具は、笹切りネギ、メンマ、チャーシュー、チンゲン菜。
RIMG0658.JPG

RIMG0667.JPG
写真では、ネギやチャーシューに隠れて見えませんが、チンゲン菜はまるごと入っています。

メンマは、材木型で太め。

チャーシューは低温調理したと思われるピンクレアタイプで、とっても美味。

RIMG0676.JPG 「知味伝統の醤油ダレ」による「昔ながらの名物麺」というスープは、鶏ガラベースと思われるごくあっさりとした醤油味。

香味油の使い方が素晴らしく、淡麗でともすれば弱いと感じるかもしれないスープに、バランス良くコクをプラス。

パッと見懐かしいビジュアルですが、滋味深くそれでいてスッキリとした味わい。

おー新しいじゃないですか!これ美味しい!

RIMG0673.JPG
「昔ながらの手打ち麺」という麺は、自家製麺かな?

啜り心地良く、美味しい麺でした!

とても美味しくてあっという間に完食!実に良かったのでもう一杯食べようかと思いましたが、席待ち多数なので断念。どのメニューも気になるし、ここは是非また来たいです。ごちそうさま!

知味笑龍 深澤ラーメン (186/'12)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック