2012年5月2日、小岩の新店「麺屋 ZIGEN N ジゲン」にやって来ました。
RIMG0622.JPG
2012年4月21日オープン。店の場所は、亥龍に向かう角を通り越した先、高架沿い。「塩らーめん専門 はるかぜ」の跡地。スタッフの方の話によると、「はるかぜ」は神奈川県に移転したそうです。

昨日(5/1)に訪問するも臨休でフラれて、仁@日暮里でリカバリ。翌日早速リベンジw

__.JPG
5/1臨休の貼紙。

こういうの見るとせつないっす(´Д`)

RIMG0625.JPG
本日は、店頭に煌々と灯りが灯っています。

店頭A型看板には、薀蓄。

『10時間以上煮込んだ濃厚でクリーミーなスープがモチモチした中太ちぢれ麺に良く絡みます』

RIMG0631.JPG
店内は、L字型カウンター10席程。

19:00頃入店で、先客1、後客3。

スタッフは、厨房に男性2名。

BGMは、DJ付きのロック。

箸は割り箸。卓上調味料は、醤油、酢、ラー油、胡椒。

券売機は無く、後会計制。



主なメニューは、豚骨ラーメン650円、ハーフサイズ500円、醤油ラーメン650円、ハーフサイズ500円、つけ麺750円、ハーフセット(ハーフラーメンにミニチャーハンが付いたセット)、他。
RIMG0628.JPG
ハーフサイズがあるのはイイですね!オーダーは、メニュー表先頭の「豚骨ラーメン」にしました。ってか後で思ったのですが、豚骨ハーフと醤油ハーフの2杯でも良かったかも(;^ω^)

そして待つことしばし、「豚骨ラーメン」完成でーす♪
RIMG0637.JPG

RIMG0643.JPG
時折見かける、サイドが渦巻きデザインの丼で登場。

具は、きざみネギ、メンマ、青菜、チャーシュー。
RIMG0646.JPG
チャーシューは大判のバラロールタイプ。やや脂が多目でした。

RIMG0652.JPG
スープは、タレを仕込んだ丼に背脂チャッチャしてからスープを注ぐという工程で、調理されていました。

そのスープ、薀蓄通り確かに濃厚でクリーミー。

豚骨醤油と思われますが、タレは隠し味程度で豚骨が主役の構成。

上品にまとめられた、ライトながら味わい深いスープで、なかなか美味しいです。

RIMG0649.JPG
麺は、平打中太ストレートタイプ。

豚骨スープに合わせるにしてはやや加水率高めで、モチモチ感のあるタイプ。

ですが、この麺が意外なほどスープにマッチしてました!



食べ易くそつのない美味しさで、サクッと完食。次回は「醤油ラーメン」で。ごちそうさま!

麺屋 ZIGEN N ジゲン (162/'12)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック