2012年4月21日、経堂の新店「青森煮干し中華そば ごうかく」にやって来ました。
RIMG0058.JPG
2012年4月17日大安にオープン。

豪徳寺にある「もつ料理 ごうかく」にて、2008年12月から土・日昼限定で「青森煮干し中華そば」を提供していました。その二毛作営業のラーメン店を、今回路麺店として独立させたのが、経堂にオープンした「青森煮干し中華そば ごうかく」。

豪徳寺時代の「ごうかく」では、もつ料理店が手がけるラーメンとは思えない完成度で美味しくいただきましたので、今回も楽しみに訪問!

RIMG0001.JPG
開店5分前に到着。

一番海苔〜!(笑)

定休日は木曜・第2水曜で、第2水・木は、連休になるのですね。

RIMG0004.JPG
店頭には開店祝い花。

店主さんは青森出身とのことですが、同じ青森出身で「おらぁ東京さ行くだ」の吉幾三さんからの花がありました!

RIMG0022.JPG
定刻5分遅れで開店^^;

開店時、後客4名。

店内は、L字型カウンター12席。

開店直後から後客続々、たちまち満席に!

厨房には、店主さんと若い男性スタッフ、女性スタッフの計3名体制。

券売機は無く、後会計制。

主なメニューは、青森煮干し中華そば 中(1玉)700円、つけ麺 中(200g)800円、他。
RIMG0028.JPG
青森煮干し中華そばは、以前豪徳寺のお店で食べているので、今回は「つけ麺」(中)にしました。

RIMG0013.JPG
カウンターには、メニュー説明あり。

『青森煮干し中華そば

スープは国産の鶏ガラと大量の煮干し。

この大量の煮干しから出る、少々の苦味や酸味をあえて残した、少々の苦味や酸味をあえて残した、ワイルドながらスッキリしたスープです。

麺は無かん水の、モチモチ平打ち中太。

当店だけの、特注オリジナルです。』

RIMG0016.JPG
中華そばの裏は、つけ麺の説明書き。

『つけ麺

ラーメンと同じスープをつけ麺にも使うのが一般的ですが、あえて別炊きにしております!

煮干しは一切使わず、大量の国産鶏でスープをとり、麺を上品な昆布出汁に浸して提供いたします。

あえて細麺にした、かん水控えめのプリプリ麺も、当店だけの特注オリジナルです!』

メニュー裏には『つけ麺の食べ方』
RIMG0025.JPG
①水出汁に浸かった麺の上に、別添えの塩を少々振りかけ、そのまま食べる。
②適量の麺をとり、つけ汁につけて食べる。この時水出汁でつけ汁が薄まらないように、サッとつけてズバッとススル!
③麺を食べ終わったら、お好みの量の水出汁をつけ汁に入れ、スープを飲む。
※温かくしたい方は、店員まで。レンジアップいたします。』

つけ麺ですが、昆布出汁に泳いだ細麺の提供スタイルは、69'N'ROLL ONEや飯田商店ではお馴染みのタイプ。またこちらの『つけ麺の食べ方』は、一部飯田商店の『つけ麺のおいしい食し方指南書』のコピペそのもの。

たくさんの人が、「飯田商店を参考にしてますよね?」的な質問をして、お店から瞬速で「はい」と答えを得ているそうです。

他店に無許可でそっくりのメニューを提供するのは、個人的には特に問題無いと思います。昔からあるご当地グルメってそんなもんかと^^;ただ、「食べ方」を無断でコピペするのはちょっとアレかと^^ まあ、飯田商店もインスパイアされるまでになったって事で、店主の将太さんもむしろ楽しんじゃうんじゃないかとと思います(´∀`)

RIMG0019.JPG
箸は洗い箸で、エコ対応。

卓上調味料は、GABANのブラックペッパーとラーメンのタレ。


そして待つことしばし、「つけ麺」完成でーす♪
RIMG0034.JPG

麺は細ストレート、麺の上には三つ葉。水出しの昆布出汁に浸かっています。
RIMG0040.JPG

RIMG0043.JPG
別皿で提供されるのは、塩。

食べ方を良く読まないせっかちな人は、麺の上かつけ汁にぶちまけちゃうんじゃないかとチト心配(;^ω^)

RIMG0049.JPG
昆布出汁のままチョイ塩を浸けていただくと、これが美味いのなんの!

麺本来の素朴な味わいが楽しめます!

つけ汁は、醤油味の鶏清湯。鶏の旨みが十分に溶け出して、直球勝負の美味しさ!
RIMG0037.JPG

RIMG0046.JPG
つけ汁の中の具は、きざみネギ、炙りチャーシュー、穂先メンマ。

穂先メンマはたまたまかと思いますが、ちと硬かったかな^^;

RIMG0052.JPG
あっさりサッパリ端麗清湯に、細麺のつけ麺はとても相性が良いですね。

スルスルと、いくらでも行けそうです!

最後に麺皿の昆布出汁をつけ汁に投入してお好みの濃さでスープ割り、ディフォのつけ汁も割らずにそのままでも飲めるほどの濃さですが、昆布出汁で割ると風味が一変して一層美味しくいただけます。

中盛200gはあっと言う間に完食。やはり久々に「青森煮干し中華そば」も食べてみたくなりました。ごちそうさま!

青森煮干し中華そば ごうかく (143/'12)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック