2012年4月3日、麹町の名店「ソラノイロ」にやって来ました。
RIMG0410.JPG
首都圏を暴風雨が直撃したこの日、会社は午後3時を目処に退社するよう連絡が流れました。しかし、なかなか作業が終わらず、結局会社を出たのが17:00。雨も風も思ったほどでは無いので、普段は限定売切が怖くてなかなか来れなず、今日は臨休情報も流れていないこちらへ。

3月19日発売開始の春の新作限定麺目当てです。

店頭券売機横のいつもの場所に、限定麺の掲示がありました。
RIMG0344.JPG 『春茶麺
ソラノイロの春の新作は、茶色をテーマにした春らしい限定麺です。

麺には、 京都の老舗、一保堂茶舗の極上ほうじ茶を練り込みました。茶そばのような風味をお楽しみください。

スープは、 昆布、しいたけ、鰹節をベースに、塩だれとほうじ茶の粉末でまとめました。鰹だしとほんのり香るほうじ茶の香りをお楽しみください。

具材には、熊本直送の桜肉(馬肉)の馬刺しのづけをメインに、春らしいタケノコのような穂先メンマ、白ネギ、揚げごぼう、巾着には、何が入っているのかお楽しみに!味が変わるので、途中からお召し上がりください。

締めには、ミニ玄米ご飯を。お茶漬けのようにダシをかけてお召し上がりください。 この茶桜麺を召し上がって頂いて、お客様に春を感じていただければ幸いです。 』

RIMG0347.JPG
「春茶麺」

昼夜限定各10食 1000円

「季節の限定麺」ボタンをポチって、無事ゲット完了!(笑)

RIMG0358.JPG
17:45頃到着。先客5、後客2。

スタッフは、男性3名。キビキビとして礼儀正しく、丁寧で気持ちのよい接客。

この時間、宮崎店主はいらっしゃいませんでした。

BMは、J-Pop。



ソラノイロに来るのは、あまさんのいってら会以来。その時は気づかなかったけど、「DINNER MENU」なんてできたんですね〜!
RIMG0350.JPG

RIMG0365.JPG
夜の部の一品メニューが以前にも増して充実。

ドリンクも、種類豊富にずらりとラインナップ。

『ソラノイロのこだわり』も、今回初見かも。
RIMG0353.JPG

そして待つことしばし、ソラノイロ2012春限定「春茶麺」完成でーす♪
RIMG0370.JPG

RIMG0374.JPG
ソラノイロは、毎回限定麺に合わせて器も新調するこだわりっぷり。

今回は、まるで茶器のような和の趣のある器での提供。

具は、馬刺しのづけ、揚げごぼう、れんこん、穂先メンマ、桜色のなると。RIMG0377.JPG
馬刺しがメチャ美味で、別皿で貰って酒のアテにしたいくらい!w 巾着の中身は後でお楽しみのサプライズ(笑)

RIMG0389.JPG
スープは、鰹が効いた和風だし。

ほうじ茶の香りがして、風味が素晴らしいです!

味は、淡麗な清湯塩味で、滋味深くほっとする味わい。

かなり和風寄りですが、香味油がラーメンらしさを演出。

しみじみと美味しいですね〜!

RIMG0385.JPG
麺はほうじ茶を練り込んだ、一見日本蕎麦風のもの。

断面が長方形で、軽い縮れのある中細タイプ。

田舎蕎麦のようにしっかりとしたコシがあります。

麺からもほうじ茶が香って、新鮮な感覚で美味しいです。



RIMG0392.JPG
途中で巾着を破ると、中には香味野菜と生姜のみじん切りがぎっしりと詰まっています。

香りが強く、それまでのあっさり・さっぱりとしたスープが刺激的で爽やかに味変します。



頃合いを見て提供されるのは、〆の一口サイズの「ミニ玄米ご飯」
RIMG0397.JPG

RIMG0403.JPG
スープをかけて、お茶漬けにしていただきます。

これがまたすこぶる美味!幸せな気持ちになれます!(笑)

和の風情があって、丼の中に春を感じる素敵な一杯でした。何を食べても美味しいソラノイロですが、やはり今回の限定麺も素晴らしかったです。今度は飲みに来よう(笑)ごちそうさま!

ソラノイロ japanese soup noodle free style (116/'12)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック