2012年1月12日、本八幡の「魂麺」にやって来ました。
RIMG0613.JPG
この冬一番の寒さじゃないかって位寒゛〜いこの日、魂麺で毎年恒例冬季限定の熱々「鍋焼きラーメン」が始まったと聞いて、それ狙いでの訪問。

「鍋焼きラーメン」は、高知県須崎市の地ラーメンです。現地ではもちろん未食ですが、高知県出身のボニート・ボニートで「鍋焼きラーメン」をいただいたことはあります。今回もとても楽しみ〜!

店頭には、鍋焼きラーメンのポスター掲示。
RIMG0548.JPG 『限定1〜2月
やけど注意!

〜高知県須崎市名物〜
鍋焼きラーメン
880円

この寒すぎる冬にピッタリ!貴方を温める魂麺本店、冬の名物ラーメンです。

締めの絶品雑炊
ラーメンよりオススメ(笑)

各種150円
・玉子入り雑炊
・市川海苔雑炊
・勝浦式坦々雑炊
・カレー雑炊』

ポスターには書いてませんが、夜の部限定です。

また例年限定数は20食。

また、〆の雑炊は、ノーマル100円、勝浦式坦々雑炊150円、ぞれぞれに+50円で卵雑炊に。

市川海苔雑炊・カレー雑炊は、訪問時準備中。

RIMG0551.JPG
一応レギュラーメニューのポスターも、掲示してありました(笑)

入店すると、まず券売機で食券購入です。
RIMG0554.JPG
「鍋焼きラーメン」は、右端上から2列目「今月の限定880円」のボタンです。雑炊の注文は、席で現金でOK。

RIMG0560.JPG 店内L字型カウンター12席。

19:00過ぎの入店で、先客2、後客三々五々、気づけば満席に!

ってか、後客の1番目がなんとyaeさんでした!(驚)

完全防寒スタイルで、隣に着席されるまで、まったく気づきませんでした^^;

どーも、お久でーす!(笑)

厨房内スタッフ2名、と思ったら店主山西さん登場。どーも、ご無沙汰です(^^♪

RIMG0557.JPG
箸は、割り箸。

BGMは、洋楽。

まずは、鍋敷きが渡されます。

次に、つけ合わせの漬物とレンゲが登場。 ウィキペディアによると、「鍋焼きラーメン」7箇条は以下の通り。
RIMG0563.JPG
1.スープは、親鳥の鶏がら醤油ベースであること
2.麺は、細麺ストレートで少し硬めに提供されること
3.具は、親鳥の肉・ねぎ・生卵・ちくわ(すまき)などであること
4.器は、土鍋(ホーロー、鉄鍋)であること
5.スープが沸騰した状態で提供されること
6.たくわん(古漬けで酸味のあるものがベスト)が提供されること
7.全てに「おもてなしの心」を込めること

というわけで、「鍋焼きラーメン」に漬物は必須アイテム(笑)

そして待つことしばし、「鍋焼きラーメン」完成でーす♪
RIMG0569.JPG

RIMG0578.JPG
一人用の土鍋で調理されて、蓋をしたまま席まで運ばれ、目の前で土鍋の蓋がオープンされます。

蓋をあけると湯気がもうもうと立ち上り、土鍋の中ではスープがグツグツと煮えたぎっています。

RIMG0575.JPG
具は、ちくわ、三つ葉、麸、鶏肉、玉子など。

RIMG0587.JPG
スープは、鶏ベースのシンプルな醤油味。

熱々で鶏の旨みが良ーく出ていて、実に美味しく、そして身体がポカポカと温まってきます。

RIMG0583.JPG
麺は中細ストレート。

心持ち柔らかめですが、グツグツと煮込まれた割には結構しっかりとした食感。

ツルシコで、美味しいですね〜!

次も考えていたので最初雑炊はパスしようかと思ってましたが、ラーメンが最高に美味しかったので、雑炊も注文。というわけで「勝浦式坦々雑炊」完成〜!w
RIMG0599.JPG

RIMG0602.JPG
具としひき肉とネギが追加。

玉子は追加してませんが、少量入っているみたい。

RIMG0605.JPG
これ激ウマ!やっぱり必食でしょう!(笑)

激辛仕様でお願いしましたが、辛さはさほどでもなくw

でも辛くなくても、ごはんにダシの旨味が沁みて最高に美味!

店主さんも「雑炊美味いですよね〜!」と言ってましたが、ホント食べれて良かったです!

大ヒット大興奮大満足で完食粒完!「鍋焼きラーメン」期間中に是非もう1度食べたいです。ごちそうさま!

魂麺 (14/'12)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック