2011年8月26日、本日オープンの新店「極辛BLACK つけ麺 七代目 けいすけ」にやって来ました。
RIMG0465.JPG
8月8日にシンガポール2店目となる「豚骨王 けいすけ」を、8月17日に新宿ルミネエストで塩逸品 五代目けいすけをオープンさせたばかり。各店舗毎に全く異なる味で、次々とアグレッシブに新店をサービスインさせるけいすけグループの新店。

店の場所は、秋葉原の昌平橋近く。
RIMG0403.JPG JR秋葉原駅電気街口を出て、総武線の高架沿い左側をお茶の水方面へ。

中央通りを渡ってそのまま高架沿いに直進すると、まもなく左側に、けいすけの看板が見えます。

18:50頃到着で、店内満席外待ち1。

雨のせいか、行列少なめ。しかし、直ぐに後客が続きます。

ってか、数名後ろにnonchさん、どーもこんにちは!(笑)

RIMG0404.JPG
ビッグネームの支店のオープン初日だけに、店頭には山のような開店祝花。

RIMG0475.JPG
しかし、雨と暗いのと混雑で、一部の花しか撮影出来ず。

今度の店はつけ麺がウリ、しかも楽しい仕掛け(?)がいっぱいとあって、客の回転は遅め。

10分少々待って、入店。

入店すると、まず券売機で食券購入です。最近のけいすけの新店では、タッチパネル式券売機の導入が多かったですが(5代目を除く)、今回はオーソドックスなボタンタイプ。この方が、選び易いですね!
RIMG0406.JPG
主なメニューは、つけ麺 並盛 200g 780円、大盛 300g 880円、特盛 400g 980円 鬼盛 500g 1080円、七代目らーめん 並盛 780円、大盛 880円。
七代目らーめんは、この日「COMING SOON」表示。具増量のスペシャルは、200円増し。

トッピングは、温泉玉子120円、白身魚の竜田揚げ220円、とり天220円、豚角煮220円と、ユニークなラインアップ。

RIMG0408.JPG
オーダーは、基本形の「つけ麺」を並盛で。

食券を渡すと、辛さを5段階から選ぶようにと聞かれます。

 初めての方  1辛
 ちょっと冒険  2辛
 辛いの大好き 3辛
 勇気を出して 4辛
 火を吹きたい 5辛

辛さ指定は、もちろん最強の「5辛」で!(笑)

RIMG0425.JPG
店内奥に、カネジンの麺箱(笑)

インテリアは、黒を基調とした内装に、前衛的でカラフルなデザインアート。

RIMG0418.JPG
アキバらしい、ポップでアーティスティックなウォールペイント。

RIMG0416.JPG
ちなみにカウンター頭上には、テッシュ取り出し口w

省スペースで実用的、アイディア賞もの!(笑)

RIMG0426.JPG
店内は、厨房を囲む凹字型カウンター18席程。

数席隣にはsomenmanさん!やあやあ、よく会いますね!(爆)

スタッフは、厨房とホール合わせて10名程。

店主のけいすけさん、この時間はホールで接客担当。

オープンおめでとうございますのご挨拶(^_^;)

BGMは、ハードロック。

RIMG0414.JPG

卓上には、食べ放題のパリパリきゅうりのお新香。

さらに、ゆで玉子も無料。

ゆで玉子は基本1人1個、でも2個まで目をつぶっちゃうとかw(後述イラストより)

卓上調味料は、塩?、くろず、七代目特選カリカリ薬味。

RIMG0427.JPG
こちらが、「七代目特選カリカリ薬味」。

中身は、フライドガーリック他いろいろ(笑)

ネーミング通りカリカリした食感が特徴で、香ばしさ抜群!

卓上には、けいすけ各店でお馴染みあおきけんさん作、食べ方マンガあり。
RIMG0424.JPG

RIMG0419.JPG
マンガ通り(笑) 最初に無料の小ライスが登場。

ライスは何杯でも何倍でもw おかわり自由!

やはり無料のゆで玉子を取って、玉子の皮を剥きながらつけ麺の完成を待ちます。

そして待つことしばし、「(極辛BLACK) つけ麺 並盛 (辛さ5)」完成でーす♪
RIMG0432.JPG

RIMG0434.JPG
辛さ5のつけ汁は、「極辛BLACK」というネーミング通り、表面がほぼ真っ黒。

周囲の客のつけ汁は黒が少なくほぼ茶濁なので、黒い辣油(?)が辛さの元かと!?

つけ汁は湯気こそ出ていないものの、かなり熱々。
RIMG0456.JPG つけ汁の器は、四代目けいすけで使われていたものと多分同型式。

器の底の足の部分が中でくり抜かれていて、そこにハマるように丸型の文鎮のような焼き石が入っているタイプ。

なのでつけ汁がなかなか冷めず、いつまでも熱々の状態をキープ。

四代目けいすけでは、つけ汁が沸騰した状態で提供されてましたが、こちらではそこまで高温ではなく、適度な熱々度。

RIMG0437.JPG
麺はカネジン製ストレート中太タイプ。

最近のつけ麺のトレンドからするとやや細目の麺で、どちらかと言えば細つけ麺なカテゴリー。

RIMG0445.JPG
つけ汁の具は、なんと「カレイの唐揚げ」!

これがまたパ無く旨くて、麺とご飯がどんどん進む君(笑)

記事書いてて気づいたのですが、スペシャルにすると、さらに「とり天」と「豚角煮」も入るようです。

しまった、スペシャルにするんだった!(^_^;)

RIMG0452.JPG つけ汁、いつもはトリミングしてアップにします。

が、今回は(つけ汁に限らず全部)真っ黒で、アップにすると何が何だか訳分からん絵になるので、引きの構図で(笑)

5辛のつけ汁、ぶっちゃけ辛くないです(笑)

辛さよりも花椒が強く効いて、痺れ感が楽しめます。

花胡椒(ホアジャン)の痺れは大好きで、このつけ汁もストライクな美味さ。

ただ、辛さを黒い辣油(?)で出しているため、辛さ度を増す毎にオイリーさが増す仕組み。 というわけで、ややオイリー。

RIMG0455.JPG
麺が先に出されて、しばらくしてスープが提供。

その順番はOKですが、スープの提供まで時間があって、結果麺皿で麺同士がくっついて、やや食べにくい状態に。

味は、申し分なし!

麺のコシ・食感共に抜群に良く、味の濃いつけ汁と相まって並盛200gだとあっという間に麺が無くなります(^_^;)



RIMG0460.JPG
麺が無くなったら、無料ライスでライス割り。

感涙の美味さで、ワタシには珍しく思わずライスお代わりコール!(;^ω^)

RIMG0461.JPG
ライス割りは、そのままだとスープの味が濃すぎるかもなので、スープ割りコール。

こちらでの「割りスープ」は、ポットで提供熱々の「ジャスミン茶」。

え゛〜〜〜、つけ汁のジャスミン茶割り〜!?

って最初は思いましたが、これが意外なほど良く合って美味しい!

辛さと痺れでマスキングされていたスープの魚介風味が表情を顕にします!

麺が足りずライスお代わりで美味しく完食!

あ、ワタシは貰い忘れましたが^^; 9/1迄来店で、けいすけ全店で使える「トッピング定期券」(有効期間3ヶ月)プレゼント中。

というわけで、バラエティー豊かな趣向満載で、まるでおもちゃ箱をひっくり返したような、楽しく美味しいお店でした。次回はスペシャル大盛りで!(笑) ごちそうさま!

極辛BLACK つけ麺 七代目 けいすけ (268/'11)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック