2011年8月15日、池袋の「浮浪雲(はぐれぐも)」にやって来ました。
RIMG0650.JPG
2011年7月12日オープン。店舗は、閉店した麺屋 桑田の跡地。リンガール東京の後、連食ですw

RIMG0646.JPG
場所は、明治通りから1本脇道に入った路地沿い。

明治通りには、古風な木の案内看板あり。

RIMG0654.JPG
入店すると、まず券売機で食券購入です。

麺メニューは、つけ蕎麦730円、中華そば680円の2種類。

つけ蕎麦のボタンが左上端ですが、汁麺の気分だったので、オーダーは「中華蕎麦 並」にしました。

RIMG0647.JPG
つけ蕎麦は、並盛250g、大盛370g、特盛500g。

中華蕎麦は、並盛180g、大盛270g、特盛360g。

並・大・特盛すべて同一料金。

太っ腹な料金体系ですが、おでぃたんの記事によると麺量はゆで後とのこと。

他店比でおおよそ30%程度は、減算して考えた方がいいかも(^_^;)

店内は、ストレートカウンター8席、4人卓x3。
RIMG0673.JPG
11:05頃到着で一番海苔〜!(笑) 後客2。

スタッフは、厨房に男性3名。

麺屋桑田の時は、茅ヶ崎のシーサイドレストランのような洒落たインテリアでした。

しかし浮浪雲になって、店舗内外装共に大幅リニューアル。

純和風というか、村の旅籠のような雰囲気!(爆)

BGMも凝って(?)いて、阿波踊り、炭坑節、ソーラン節など、他、曲名が分からない祭りソング数曲。 季節柄か、盆踊りミュージックが、気分を盛り上げます(笑)

RIMG0656.JPG
卓上の様子。

箸は、洗い箸でエコ対応。

そして待つことしばし、「中華蕎麦」完成でーす♪
RIMG0659.JPG

RIMG0664.JPG
唐草模様の丼で登場。

RIMG0663.JPG
具は、笹切りネギ、ナルト、チャーシュー、メンマ。

RIMG0670.JPG スープは、煮干が香る和風タイプ。

「蕎麦」というだけあって煮干し感まずまず、なかなかいい感じ。

そして、醤油ダレが立っていて結構濃い目の味付け。

最初、タレの分量を間違えたのかと思ったほど。

暑いので、少し濃いめに調整しているのかな?

まあ、食べ進めるうちにあまり気にならなくなります。

RIMG0669.JPG
麺は、断面の四角い中細ストレート。

プチっと切れる食感の麺で、普通に美味しいですw

ゆで後180g、ゆで前140g位かな?さらっと完食。つけ蕎麦もどんなんかなぁ!?ごちそうさま!

浮浪雲 (257/'11)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック